愛犬のベストショットを撮影しよう!今すぐ実践できるコツを具体的に紹介

愛犬の写真を可愛く撮りたい!

家族である愛犬の一瞬を捉えたいと思ったとき、思ったように撮影ができず、困ったことはありませんか?愛犬がカメラの方を向いてくれなかったり、ぶれてしまったりと上手く撮影できないことが多くあります。

そこで今回は「愛犬の写真を可愛く撮りたい!」という方に向けて、一眼レフでの撮影方法とスマホアプリでの撮影方法のコツを解説します。それぞれの利点やポイントを分けてご紹介するので、撮影状況や犬種に合わせて実践してみましょう。

愛犬の写真を撮る方法は2つ

犬の写真を撮影するには二通りの方法があります。それは一眼レフカメラかスマートフォンです。多くの方はどちらか片方、もしくは両方をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。一番良いのは一眼レフカメラなのでは?と思うかもしれませんが、どちらもそれぞれメリットがあり、特性も異なるため、撮影状況や犬種に合わせてお好みの撮影方法を選択するのがおすすめです。

一眼レフで愛犬の写真を可愛く撮る方法

一眼レフカメラで撮影する利点は、ディテールの部分や彩度を写真に残すことができる点です。単純にスマホカメラより画素数が高いため、画像が綺麗な点もメリットです。また、撮影状況によって設定を詳細に自分で調整できることも特徴で、特にこの設定をシーンに合わせて設定することが、きれいな写真を撮るポイントになります。例えば、暗いシーンや明暗差が激しい場所などでも、露出補正やISO感度などを調整することで、スマホカメラでは難しいシーンでの撮影も可能にしてくれます。

そのために、まずは犬を撮影するため設定の下準備をしていきましょう。

カメラの設定

一眼レフカメラを手に取ったら、まずはダイアルやボタンに書いてある文字やアイコンに注目してみましょう。ボタンやダイアルには「Av(もしくはA)」「Tv」などと書かれたものがあるかと思います。実はこの2つの設定は、それぞれの「静と動」の撮影に合わせた設定モードになっています。絞り優先の「Av(もしくはA)」は動きが少ない被写体に集中して撮影することに向いており、逆にシャッター優先の「Tv」はブレが少なく動き回る被写体を細かく捉えるのに向いています。つまり撮影する環境や被写体によって「カメラがどこに集中するのか」変えてくれます。それぞれ、状況によって切り替えることで、より魅力的に写真を撮影できるモードと言えます。

1.カメラはAVモードに設定

まず犬を撮影するために最初に設定するのは、「Av(もしくはA)」モードです。「Av(もしくはA)」モードは、手前にいる被写体に集中して、背景をぼかしてくれる機能です。そのため、この機能をオンにするだけで、手前にいる犬が浮かび上がるような魅力的な写真を簡単に撮ることができるようになります。

また、「Av(もしくはA)」モードはダイヤル操作などで、「F値」というものが変えることができ、これによって背景のボケ具合を自分の好みに調整することができます。自分で被写体である犬とその背景の演出を調整することで、よりプロのようなピントが合った写真を簡単に撮影することができます。

先述した説明を見て、「動き回る犬の撮影なら、Tvでは?」と考えた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、犬の躍動感がある写真を撮影するのは意外に難しいものです。そのため、まずは歩いている瞬間や止まっている時を狙って、「Av(もしくはA)」モードで集中的に撮影するのがおすすめです。

2.ISO感度は高めに設定

次に設定するのは「ISO感度」です。

「ISO感度」とは、カメラ内で光を電気信号に変えて、写真として描写させる早さのことを言います。カメラは光を電気信号に変えて処理をしています。「ISO感度」を高めることで、その電気信号を増幅して、被写体を捉えるスピードを上げることができます。ただし、被写体捉えるスピードが上がる代わりに、写真にざらつきが出やすいというデメリットもあります。

単純に言えば数値を高めるほど、例えばシャッタースピードが遅くなる暗い場所などでもシャッタースピードが上がり、ブレることなく撮影することができるという機能です。この機能はカメラが自動的に調整するように設定するか、自分で感度を高めることも可能です。暗い場所や早く被写体を捉えたい状況の場合は、自分で調整するのが良いでしょう。

これは愛犬の撮影でも同じで、表情豊かで動きがある犬の場合でも、この「ISO感度」は高めに設定しておくのがおすすめです。シャッタースピードを早くしておけば、その一瞬のシャッターチャンスを捉えることができます。

3.露出は少し明るめに設定

きれいに撮影するには、「露出補正(EV)」も設定してみましょう。

露出補正とは、EVとも表記されている機能で、写真の明るさを調整してくれる機能です。ほとんど場合、「露出補正(EV)」調節する設定を開くと補正を行うバー(値)が表示されます。この値が±0EV、つまりプラスマイナスゼロの状況が露出補正を行っていない状態です。これをプラスにするほど写真が明るく、マイナスにするほど写真が暗くなります。

「露出補正(EV)」の値は数字が1段変わるごとに2倍に明るく、もしくは半分の暗さになります。1段変わるだけでかなり明暗が変わるため、細かく調節するのが良いでしょう。犬を撮影する際の値は、±0.3~±1程度を目安に調整するのがおすすめです。

写真は自分が見ているより暗く写ってしまいます。より自身の目で見ているような写真や、それ以上に鮮やかな出来を目指すなら、「露出補正(EV)」は状況に合わせて調整しましょう。

4.ピントを合わせる位置は犬種によって変える

最後に「ピントを合わせる位置」にも注目しましょう。

ピントはただ犬に合わせるだけではなく、犬種によってピントを合わせる場所を少し変えることがポイントです。何故なら、犬は例えば「目」など大まかにピントを合わせると、写真がぼやけてしまう可能性があるからです。そのため、撮影する際は、眉毛がある犬種は眉毛、眉毛のない犬種は目の上縁にピントを合わせて撮影するのがおすすめです。

また、たくさん動く子の場合は「シャッタースピード優先」にして、AFエリアモードも「オートエリアAF、ダイナミックAF」にするとことがおすすめです。AFエリアモードは、犬にピントを自動的に合わせてくれる機能で、動いている犬を撮影するのに向いています。ぜひ、犬の状況に合わせてご活用ください。

スマホで愛犬の写真を可愛く撮る方法

次はスマートフォンで愛犬の写真を可愛く撮影してみましょう。

スマホのメリットは一眼レフカメラより場所を選ばず、持ち運びやすいのがメリットです。そのため、一眼レフカメラを持ち合わせてない時や、そもそも持っていない方でも、簡単に犬を撮りたい時に撮影することができます。気軽に撮影したい時や普段使いにはおすすめと言えます。

スマホの設定

近年では、スマホも一般的なカメラに迫る勢いで充実したカメラ機能を搭載している機種もあります。カメラの設定さえ調整することができれば、お手軽カメラとして犬の撮影に十分能力を発揮します。まずはスマホも犬撮影用に設定を調節していきましょう。

HDR機能をオンにする

カメラを起動したとき、画面上もしくは設定項目に「HDR」と書かれている機能を見掛けたことがあるでしょうか。

「HDR」とはHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、簡単に説明すれば複数の写真を瞬時に合成して、明暗の差がある場所の撮影でもきれいに撮影することができる技術のことを指します。

例えば逆光や夜景、明暗が絶妙に入っている環境だと暗い部分に露出補正が掛かってしまい、写真の全体に暗くなってしまうことがあります。今度は逆に明るい部分に露出補正を合わせようと思っても、今度は明るくなり過ぎて白飛びしてしまうこともあります。このような状況下において、スマホカメラの「HDR」機能は、明るい露出・中間の露出・暗い露出を瞬時に3枚撮影し、自動的に合成して、1枚の写真としてきれいに描写してくれるという優れた機能になっています。

そのため、基本的には部屋の中から窓の外の風景が写り込む際や、公園など日差しが強いところなど、明暗差がある場所で犬を撮影する時におすすめの機能と言えます。自動的に写真の明暗を調節してくれるので、写真が実際に見えていたより暗くなってしまうことが格段に少なくなります。

また、明暗が激しくない場所でも「HDR」機能を付けて撮影してみるのもおすすめです。要は画面の明暗を自動的に調整してくれる機能でもあるので、撮影状況の判断や自分で露出補正が難しいと感じられる方はオンにして撮影すると良いでしょう。

明るさを犬の色に合わせて調整する

犬によって、毛並みの色は様々です。そのため、その子の質感や細かいタッチまで写真に残すには、その毛並みの色に合わせて明るさも調整することがおすすめです。明るさ調整は、白っぽい明るい毛色の子はプラスに、黒っぽい毛色の子にはマイナスのにすることを基本に、犬に合わせて明るさ調整を行いましょう。調整を行うことで、毛並みが白すぎて白飛びしてしまったり、黒い毛並みに目が埋まってしまったりすることがなくなります。犬をより詳細に写真に写したいなら、ここも調整していきましょう。

アプリを活用する

ここで、犬を撮影するのにおすすめな2つのアプリをご紹介します。スマホは様々なカメラアプリをダウンロードして使うことができるという利点があります。加工ができたり、特集な撮影ができる機能が付いています。状況によって使いこなしてみましょう。

VSCO
・画像加工可能
・写真編集可能
VSCO
OTOCAM
・おもちゃの音が流せる
OTOCAM

「VSCO」のカメラアプリはペット撮影専用ではありませんが、豊富なフィルターを使って画面の雰囲気を変えてくれるアプリです。いつもの撮影より、少し気分を変えたい時や、特に撮影方法にこだわらない時にきれいめな写真を撮影したい時に向いています。簡単にフィルターを使って、おしゃれできれいな撮影をしたい方におすすめです。

「OTOCAM」は音を操って撮影する、ペットや赤ちゃん撮影用のカメラアプリです。撮影中におもちゃの音やベルの音を鳴らすことができ、犬の注目をカメラに向けることができます。また、気を引く音や自分の声なども録音することができます。視線を動かしてしまう犬の撮影には役立つ機能です。犬の目線をしっかりと捉えて撮影したい方におすすめです。

撮影時に使える5つのテクニック

ここからは愛犬の撮影に使えるテクニックについてご紹介していきます。写真に犬が楽しく過ごしたり、リラックスしている姿を写すためには、犬自身が楽しめる環境を整えることが大切です。犬のお気に入りの場所やおもちゃを使ったり、遊びながら撮影したり、声を掛けてあげたりと、犬がポジティブな感情になれるよう導いてあげましょう。

犬が撮影を楽しめる環境を作る

写真を撮りたいのは山々ですが、犬が不安がったり楽しくなくなってしまうのは本意ではないはずです。あくまでも生き生きとした犬の写真を撮影したいなら、より楽しめる状況で撮影できるよう心がけましょう。お気に入りのおもちゃを撮影場所に置いてあげたり、名前を呼んであげるなど、リラックスして楽しめる環境を作りましょう。遊びながら、犬がリラックスしてきたらシャッターチャンスです。ナチュラルな犬の表情を撮影してみましょう。

犬の目・耳・しっぽ・表情にフォーカスして撮る

ベストショットを撮影するなら、犬の細やかな表情にも注目しましょう。犬は「目」「耳」「しっぽ」「表情」の4つに感情を表します。それぞれがどういう状態にあるか確認しながら撮影しましょう。

このようにしっぽや耳の状態から、犬の感情を読み取ることができます。例のような状態の犬はあまり楽しい気分であるとは言えません。犬が楽しんでいる瞬間の特徴は逆に「しっぽ小刻みに振っていて、耳をピンと立ててこちらやおもちゃなどに視線を送っている」状態です。犬は何かに興味が引かれていたり、楽しんでいる時など、ポジティブな感情の時にこのような動作を見せます。表情を見ても、顔にシワを作っておらず、目もぱきっと開けている状態がポジティブな感情である傾向があります。犬の状態を伺いながら、楽しくなっている瞬間を狙って撮影するのが良いでしょう。

また、「耳をぺたっと後ろに倒し、しっぽを小刻みに振りながらすり寄る」という仕草を見せたら、それも嬉しい時やリラックスしているときなので、そのような瞬間を撮影するのもおすすめです。

逆にしっぽがだらんと下がっていたり、耳が寝ていて不安げな表情を見せたりする際は、ストレスや不安を抱えているネガティブな状態です。その場合には撮影はひとまず置いておいて、しっかりと犬をケアしてあげましょう。

また、耳が立っている犬なら、耳の表情は豊かですが、垂れ耳の犬の場合は耳だけで判断するのは難しいため、しっぽや表情、動作から犬が今どんな状態か判断するようにしましょう。

犬の目線で撮影を行う

犬の可愛いさを捉えるなら、同じ目線になって見ることが大切です。

犬と同じ目線の高さで撮影することで、遠近感が付きすぎず、犬の目線も合いやすくなります。だいたい、1~1.5mほど離れた位置で犬と同じ目線にしゃがむか、寝転んだ位置から撮影するのがおすすめです。そこからカメラのズーム機能を使えば、ほぼ目線と平行の状態で撮影することができます。

キャッチアイを入れる

キャッチアイを犬の目に入れるには、光源がある環境か、もしくは照明で光源を作る必要があります。ただし、カメラのフラッシュ機能はNGです。急に強い光を当てることは、動物の目に悪影響を及ぼします。強い光で驚いてしまうこともあるため、フラッシュは必ずオフにしましょう。

光源を作りたい場合は、室内ならカーテンを開けて窓際で撮影したり、屋外なら太陽の位置を確認して撮影すれば、自然なキャッチアイを入れることができるためおすすめです。

犬の目線がカメラに向かうよう工夫する

目線をこちらに向けた写真を撮るには、犬の気を引くことが必要です。おすすめしたアプリの1つの機能にもあるように、音や視覚から犬に訴えかけてみましょう。音が出るおもちゃを用意したり、それと同時に名前を呼んであげたりすると、目線がカメラに向きやすいです。また、撮影に複数人いるのなら、それぞれで名前を呼んであげたり、動きで気を引いてあげることも効果的です。

シーン別の撮影テクニック

次にシーン別の撮影テクニックについて見ていきましょう。

撮影に慣れてきたら、犬の少し変わったショットも撮影してみたくなります。そこで、今回は2つの魅力的なシーンでの撮影テクニックをご紹介します。

ジャンプをしている瞬間

犬が動き回る写真はぶれやすく、難しいためコツが必要です。そのため、撮影する際は「シャッタースピードを遅く設定する」か、何かを飛び越える瞬間なら「あらかじめその位置にピントを合わせておく」ことがおすすめです。シャッタースピードを遅くすることでブレを少なくし、飛び越える瞬間にピントを合わせておくことで、ジャンプする犬にピントを合わせてくれる効果があります。

鼻デカ写真

鼻デカ写真とは、つまり「魚眼レンズ(Fisheye)」で撮影した写真のことです。魚眼レンズは写真に遠近感が強く出て、楕円に歪んだように写るレンズや効果のことで、画面に極端な遠近感が出ます。そのため、この「魚眼レンズ(Fisheye)」効果があるレンズやアプリを使って、犬の鼻を真ん中にして撮影すれば、鼻が大きく写った「鼻デカ写真」が撮ることができます。

鼻デカ写真の撮影におすすめのアプリ

Fisheye
・魚眼レンズのような仕上がり
Fisheye

このアプリはスマホで「魚眼レンズ(Fisheye)」効果をかけて撮影することができます。本来、カメラだと別途、魚眼レンズを用意しなければいけませんが、アプリなのでダウンロードするだけで手軽に魚眼効果を使った写真撮影をすることができます。

Fisheyeでは、魚眼レンズは3種類の特集レンズ風加工を搭載しており、それぞれにノーマル魚眼・ヴィンテージ風・リングフラッシュ(フラッシュ部に色が付く)があります。使いやすい直感的な操作で、簡単に鼻デカ写真を撮影することができるアプリです。

一眼レフの場合は魚眼レンズを使用する

一眼レフカメラで鼻デカ写真を撮影したいなら、魚眼レンズを別途使用することで撮影することができます。

カメラに使用する魚眼レンズには2種類あり、一般的な楕円に歪んだように写る「対角魚眼」と、180°の画角を円形に切り取られたように写し、円の周りが黒くなる「円周魚眼」があります。一般的な鼻デカ写真をしたいなら、「対角魚眼」を選ぶのがおすすめです。

愛犬のベストショットを何かに活用したい?

一眼レフカメラやスマホで愛犬のベストショットを撮影したとき、見返すだけでも幸せな気持ちになりますが、何かに活用したいと考えている人が100人中73人と半数以上いました。写真を印刷するだけではなく「思い出として形にしたい」という方に向けて、おすすめなのが犬のベストショットを利用したオリジナルグッズ作りです。

オリジナルグッズ作りを提供している企業やショップは多くあり、ポーチやスマホケースなど様々な形で写真を生かすことができるのが魅力です。今回はその一つである、オーダーメイドのオリジナルスマホケースが作れるおすすめショップをご紹介します。

オリジナルスマホケースが作れるTipo PLAZA

項目 Tipo PLAZA
画像
価格 1,080円
送料 全国一律無料
HP 詳細はこちら

Tipo PLAZAの魅力

「Tipo PLAZA」の魅力は豊富なフレーム・コーティングなどの組み合わせでスマホケースをデザインできることです。フレームはナチュラル・シンプル・DOG・CATなど20種類の中から選ぶことができます。また、ケースカラーも選ぶことができるので、犬に合わせてフレームとケースカラーの様々な組み合わせを楽しむことができます。さらに、画像には文字を入れることができて、好きな単語や犬の名前を入れることもできます。

また、スマホケースを傷や擦れから防ぐ、透明被膜加工(コーティング加工)を採用しており、このコーティング加工はスマホケースの痛みと写真のはがれを防いで、長く使い続けられるようになっています。さらにコーティングの模様も選ぶことができ、無地はもちろんスター柄など、光に当てるとさりげなく見える模様が可愛い仕様になっています。

全て選択して、ショップに情報を送った後には、スマホケースを納品する前に仕上がりイメージを送ってくれるサービスも行っています。選択した写真・フレーム・ケースカラー・文字が合成された、仕上がりイメージを確認できるので、イメージとの違いが出にくいと言えます。

また、注文はYahoo!ショッピング内の店舗公式サイトから簡単に行うことができます。使いたい写真を選択して、スマホの機種やフレームなどを選択するだけなので、オリジナルグッズ作りが初めての方でも気軽に作ることができます。また、簡単に作ることができるので、例えば知り合いの大切な方の犬の画像を貰って、スマホケースを作って贈り物にするといったことも可能です。

愛犬のベストショットを撮影し、思い出に残そう!

環境やシーンに適したカメラやスマホの設定を施して撮影し、さらに犬の気分や状況にも気を配って犬が過ごしやすい撮影スペース作りを心がけることが大切です。

最後になりますが、愛犬である犬と過ごす毎日はかけがえのないものです。

一緒に過ごすひと時をこまめに写真に残すことで、思い出として手元に残すことができます。全く同じベストショットを写すチャンスは二度と来ないため、後で撮影すれば良いと思わずに、思い立ったら積極的に写真に残しておくのがおすすめです。これを機会にぜひ積極的に愛犬の撮影をしてみてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *