愛猫のベストショットを!スマホで写真撮影するときの撮り方を徹底解説

愛猫の写真をスマホで可愛く撮るには?

愛猫との楽しい時間を過ごす中で、とびきり可愛い瞬間を記録に残したい!と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時は気軽に撮影できるスマホの出番です。一般的なカメラに負けず劣らず、優れた性能を持つスマホカメラなら、ちょっとした瞬間を即座に撮影することができます。

今回はそんな愛猫を撮影したい方に向けて、スマホで可愛く撮る方法を解説します。猫を撮影する上でのコツやテクニックも詳しくご紹介するので、ぜひ撮影にお役に立て下さい。

また、撮影した写真を使ったオリジナルグッズ作りができるおすすめショップも合わせてご紹介します。ベストショットが撮れたなら、世界で一つだけの愛猫グッズを作ってみるのもおすすめです。ご興味がある方は、ぜひ合わせてご覧ください。

撮影前に準備しておくこと

猫を可愛く撮るためには、撮影の前に下準備が大切です。

まずは主役である猫を邪魔しないよう、背景にある余計なものは片付けましょう。物がたくさんあったり、色が雑多だと、写真の中で主役である猫を邪魔してしまうこともあります。周りはしっかりと片付け、背景はシンプルな方が猫が映えます。

次に猫の身だしなみをチェックしましょう。可愛いさを際立てるためにも、きれいにしてあげることは大切です。まず、猫の顔を見てあげて、目ヤニをしっかりとケアしてあげましょう。その後、ブラッシングも行って毛並みを整えてあげるだけで、見違えるほどに美しくなります。

最後に基本ですが、猫にカメラに慣れさせることも覚えておきましょう。猫は見慣れないものに警戒心を持ってしまうこともあります。これは動物として当然の反応なので避けることはできません。そのため、警戒心を解くためにも、カメラ(スマホ)は危害を加えないものだと猫に認識させるようにしましょう。何度か目の前で使ったり、カメラも使って音などにも慣れさせてあげることで警戒心を持たなくなります。

猫の写真をスマホで撮る時のコツ

ここからは、実際にスマホで猫を撮影するコツとテクニックについて見ていきましょう。

猫は人間とは姿形や習性も異なるため、猫に合った目線や環境に合わせて撮影することがコツです。また、ナチュラルな写真を撮るためにも。遊んだりじゃれたりしながら、猫にリラックスしてもらうことも大切です。猫との距離感を縮めながら、魅力的なショットを撮ってみましょう。

基本テクニック

まずは簡単な基本的なテクニックから実践してみましょう。ポイントさえ抑えれば、シンプルで王道な可愛い猫の写真を撮ることができます。最初は難しいショットを撮ろうと思わず、まずは自然な猫のベストショットを狙っていきましょう。

1.猫と目線を合わせる

スマホのカメラを起動したら、まずは1~1.5mほどの離れた場所から猫の目線と同じ高さに合わせましょう。猫と同じ高さの目線から撮ることで遠近感が付きすぎず、猫目線のナチュラルな写真を撮ることができます。また、1~1.5mほど離れた場所から目線を合わせたら、少しズームして撮影すると程よい距離感の写真を撮影することができます。猫との目線も合いやすくなるのでおすすめです。

また、少し趣向を変えるならローアングルもおすすめです。ローアングルで撮影することで、普通のショットと違い遠近感を演出することができ、写真に臨場感が出ます。例えば、猫の触れたくなるような手や、可愛いらしい鼻などを手前にして、ローアングルで撮影するのがおすすめです。

2.猫の性質に合わせた撮影環境を作る

ねこじゃらしなどのおもちゃで気を引いてあげたり、遊んであげることがおすすめです。猫がポジティブな気分になってくれることで、楽しく過ごす姿を写真に残すことができます。

次に撮影する時間については夜をおすすめします。何故なら、猫は夜行性の動物なため、日中はゴロゴロしていることが多いからです。猫は夜に活発になるので、撮影するなら本調子になる夜がおすすめです。

また、撮影している時に猫が嫌がっているようなら、無理に撮影するのは避けましょう。猫は元々単独行動を取る習性があるので、興味がなくなり、不意に気分が変わってしまうこともあります。そのため、猫のペースに合わせてあげて、タイミングを見て撮影するのがおすすめです。無理にポーズを取らせたりすることも避けましょう。

3.連写機能を使う

どんな猫も基本的に気分屋なので、常に動き回ったり、こちらが予想できない行動をすることがあります。そのため、狙って1枚を撮影しようとしても、狙ったショットが撮れなかったり、ぶれてしまうこともあります。

そんな場合には連射機能を使うことがおすすめです。連射機能をオンにして、撮影スピードを重視すれば、後でベストショットを抜粋することができます。後から加工などもしやすい点も考えると、連射機能は積極的に使うのがおすすめです。思いがけないベストショットを撮影することもあるため、その点でも撮影を楽しめます。

4.猫の目にピントを合わせる

ピントを合わせる時は猫の目に合わせるようにしましょう。さらに、あくまでも目にピントを合った状態で、毛並みなどのディテールにもフォーカスが合うように調整して撮影するのがおすすめです。また、目にピントを合わせると状況や毛色によっては、周りがぼやけてしまうこともあるため、何度か試し撮りをしてみるのも良いでしょう。

応用テクニック

基本的なテクニックを身につけたら、次は応用テクニックを使ってみましょう。これからご紹介する、3つの応用テクニックを実践して、身に着けることができれば、今よりさらに猫の豊かな表情を捉えることができ、写真の演出も凝ることができます。

1.構図を意識する

構図は写真の全体の雰囲気を左右します。そのため、猫の撮影に少し凝ってみたくなった時は構図を意識するのがおすすめです。背景を含めた全体を写したいのか、それとも猫の顔にフォーカスしたショットを撮りたいのか、小物や目線はどこに向いているかなど、バランスを見ながら画面の構図を組み立てるイメージで撮影してみましょう。また、目線は必ずしもカメラを向いている瞬間だけではなく、目線を外した瞬間でもまた違った印象の写真になります。

2.アングルに凝る

猫を撮影するアングルにも凝ってみましょう。すでにご紹介した、猫目線で撮影する基本的なアングルも、シンプルなショットを撮るには良いですが、猫が上目遣いだったり、横を向いていたりする姿も、また違った表情を見せてくれます。顔を撮るアングルをたくさん試してみることもおすすめです。

3.光を上手く使う

光源を操ることは写真を撮るにあたり、非常に重要な点です。それは猫の撮影でも言えることで、光を上手く使うことでより魅力的に撮ることができます。光の種類にこだわるなら、猫の撮影には蛍光灯より、自然光が入る場所から撮ることがおすすめです。ナチュラルに自然光が指す状態のほうが程よく雰囲気を作り、さらに猫の毛並みに光が反射する姿も美しく写ります。

また、撮影の際はシャッターはなるべく使わないことをお勧めします。ロケーションによっては、少し暗いと感じる場合もあるかと思いますが、猫によってはシャッターを怖がってしまう子もおり、それによってカメラにネガティブなイメージを持ってしまうことも考えられます。

そして、なによりシャッターのような急な強い光を浴びせることは、猫たちの目に悪影響を及ぼす可能性があることも認識しておきましょう。猫の目を守るためにも、直接シャッターを浴びせるのは避けてください。写真の明るさを上げたい時は、スマホカメラの「明るさ調整(EV)」などの調整を行うのがおすすめです。

スマホアプリで加工する

スマホカメラの利点の一つは、様々なカメラアプリをダウンロードして撮影できるという点です。フィルター加工や接写機能、魚眼効果など手軽に写真の雰囲気を変えることができるアプリが豊富にあります。

ここからはそんな、便利なスマホアプリで猫の撮影におすすめなものをご紹介します。

撮る猫
・連写機能
・猫の声でカメラ目線を誘う
・猫に優しいライト機能
撮る猫
Cat Snaps
猫のための自撮りアプリ
Cat Snaps

「撮る猫」は猫を撮影することに特化したカメラアプリです。常に動きがある猫の可愛い瞬間を逃さないために、優れた連射機能を搭載しています。シャッターを切った瞬間に最大12枚の連射を行い、ベストショットを逃しません。さらに連射した画像を合成して、1枚の写真に仕上げることもできます。

また、ピントや露出補正などの調整を自動的に行ってくれる機能も搭載されています。猫の撮影に合わせた補正を自動的に行ってくれるので、自分で難しい設定をしなくても良いのもポイントです。さらに、目線が合いにくい猫のために本物の猫の音声を鳴らして、猫の注目をカメラに集める機能も付いています。中々カメラを向いてくれない時に便利な機能になっています。猫を撮影するための専用スマホアプリが欲しい方におすすめです。

「Cat Snaps」は猫に協力してもらうカメラアプリです。このカメラは猫が楽しめる躍動的なゲームを画面に表示して、猫の興味を引きます。そして、猫が画面に触れたタイミングに合わせてシャッターを切り、猫がゲームを楽しむ瞬間のユニークなスナップを撮ることができます。猫がゲームをしながら撮影することができるので、しっかりとカメラ目線の写真を撮ることができるのがポイントです。

また、猫が飽きないようにレーザー、マウス、昆虫など、ゲームの種類が選べるようになっています。猫が集中している姿やユニークなスナップ風の写真が撮りたい方におすすめのアプリです。

愛猫のベストショットをグッズにしよう!

愛猫のベストショットが撮れたとき、せっかくなら何か形にしたいと考える方も多くいらっしゃいます。そんなときにおすすめなのは、オリジナルグッズ作りです。写真にするのも良いですが、オリジナルグッズにすると、より愛猫の写真を身近に感じることができます。

オリジナルグッズは写真よりも形として残る特別感があるので、思い出にもなります。また、お友達や実家にいる猫などの写真を使って、形にしてプレゼントしてあげるといった、動物の家族がいる方へのちょっとした贈り物にもおすすめです。自分用はもちろんですが、猫を飼っている方への思い出作りにも適しています。

今回はそんなオリジナルグッズの中でも、身近で見につけやすい「オリジナルiPhoneケース」を作れる、おすすめショップをご紹介します。

オリジナルiPhoneケースを作れるサービス

項目 Tipo PLAZA
画像
価格 1,080円
送料 全国一律無料
HP 詳細はこちら

「Tipo PLAZA」は撮影した猫の写真に豊富なフレーム・コーティングなどを組み合わせて、簡単にオリジナルiPhoneケースを作ることができる、オーダーメイドグッズショップです。写真に組み合わせるフレームはジャンルの分かれたナチュラル・シンプル・DOG・CATなどの20種類の中から選ぶことができます。また、ケースカラーも選ぶことができるので、猫に合わせて様々なフレームとカラーの組み合わせを楽しむことができます。フレーム部分には好きな単語や猫の名前を入れることもできるので、オリジナルの特別感も出すことができます。例えば、猫の名前と誕生日を入れるといったことも可能です。

さらに、長く使って頂くために「透明被膜加工(コーティング加工)」を施すことができます。このコーティング加工があることで、傷や擦れからケースや写真の印刷を守ります。また、このコーティング加工は無色透明ですが、模様を選ぶことができます。無地またはスター柄など、5種類の模様の中から選ぶことができて、模様があるものは光に当てるとさりげなく模様が浮かび上がるのを楽しめます。

注文方法も簡単なことも特徴で、Yahoo!ショッピング内の店舗公式サイトから注文することができます。選択項目は、スマホの機種やフレームなどを選択するだけなので、初めてオーダーメイドグッズを作る方でも簡単に注文することができます。

特徴

「Tipo PLAZA」のオーダーメイドスマホケースでは、選択した写真・フレーム・ケースカラー・文字など、全てが合成された状態の仕上がりイメージを納品する前に送信してくれるサービスを行っています。この時点でどこか直したい部分があれば、無料で1回まで修正依頼をすることが可能です。事前に仕上がりを確認することができるため、オーダーして手元に届いてから「失敗した!」となってしまうことがないのが嬉しいポイントです。

猫の写真を印刷した際の完成イメージは上記の通りです。この他にも種類が豊富に用意されているため、自分の好みに合うデザインを選びましょう。

発注までの流れ

yahooショップで、自分が使用しているiPhoneの機種・好みのフレーム・コーティングの柄を、項目に沿って選択していきます。その際、ケースに印刷したい写真を送付すると、メールで仕上がりイメージが送られてきます。修正がある場合は修正を依頼し、その後実際に制作が開始され、完成次第自宅に配送されます。修正を依頼するときは、例えば「首輪の鈴まで写したい」など、担当者により正確に伝わるよう意識しましょう。

愛猫の可愛い写真の撮り方をマスターしよう!

猫のナチュラルな姿や可愛いさが際立った姿を撮影したいなら、猫の目線に合わせて世界を覗いて、ペースも合わせてあげることが大切です。同じ目線の高さで撮影した写真は自然な姿を撮影することができますし、猫が楽しめるようにしてあげることで、生き生きとした姿も捉えることができます。猫の可愛い写真を撮りたいなら、猫の気持ちに寄り添ってあげるようにしましょう。

また、一瞬で表情が変わる猫の姿はチャンスを逃してしまうと、全く同じものは二度と撮れません。後でと思わずに、手軽に撮影できるスマホで小まめに写真を撮ることがおすすめです。写真は猫とのかけがえのない思い出にもなります。写真は積極的に撮影してあげましょう。

愛猫のベストショットをちょっとしたグッズとして形に残したくなったら、オーダーメイドグッズ制作もぜひご利用ください。身近なものに猫の存在を感じられるものとして残しておくのも思い出になります。興味が湧いた方はぜひ利用してみてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *