思い出の写真でスマホケースを作ろう!自作方法とサービスを紹介

思い出の写真をスマホケースにしたい!

業者に依頼する 自作する

スマホケースの役割は、スマホを外部から守るだけではなく、「おしゃれ」感覚で商品を選ぶ人が多くいます。スマホケースは家電量販店や雑貨店で、手帳型やクリアケース、ハードケース、ラバーケース等さまざまなタイプが売られています。

そしてもう一つ、「オリジナルのスマホケース」を持つ人も増えています。例えば100円ショップで購入したクリアケースにプリクラやデコレーションを施したり、お気に入りの写真をスマホに印刷するサービスを利用したりと、「自作」か「サービス」を利用するという2つの方法でオリジナルのスマホケースを作成します。

ここでは、自作する方法とサービスを利用する方法の2つを紹介していきます。

スマホケースを業者に依頼して作成する

スマホケースの作成を業者に依頼すると、発色よく綺麗にスマホケースに写真を印刷して作成してもらえます。業者を選ぶときには、印刷の仕方や仕上がりの前にチェックができるか、また、一つの注文から受け付けてもらえるかもチェックしましょう。

業者の選び方

スマホケースの作成を業者に依頼する場合、写真をきれいにスマホケースに印刷できるかはとても重要です。写真の印刷方式は、大きく二つのタイプを採用している業者が多く、UV印刷と昇華転写印刷があります。

UV印刷は、特殊なインクで写真を印刷しUV(紫外線)をあてて一瞬で乾燥させる方法で、色見も実際の色に近いのが特徴です。そして、比較的安価にできますが、水やキズに弱いという点に注意が必要です。

昇華転写印刷は、特殊なインクを使い、転写機で圧力と熱を利用して、スマホケースにインクを浸透させる方法です。発色がよく、光沢がある写真が印刷をすることができ、水やキズに強く、3D対応の印刷機を使っている業者だと側面まで印刷ができます。ただし、色味や配置が微妙にずれることがあります。

スマホケースの作成を依頼するときには、業者のホームページなどで印刷方式が記載されているので、これらの特徴を参考にしながらどちらのタイプが良いのか、自分の好みの方法で選ぶことをおすすめします。

そして、業者の中には、スマホケースに印刷する前の段階で、仕上がり状態を画像で確認できる場合があります。出来上がり前にどのような感じに仕上がるかを確認できると安心なため、仕上がり前にチェックできるかも依頼する前に確認することをおすすめします。

業者に依頼する場合のメリット

メリット
  • 画質が良く仕上がりが綺麗
  • 耐久性が高く長持ちする
  • 手間がかからない

スマホケースを自作したり、自分で印刷をすると、業者に依頼するより「綺麗さ」が損なわれます。これは使用する器具や物が業者と個人では異なるため、当然です。また、業者はただ印刷をするだけではなく、コーティングを行い印刷が剥がれないよう補強をしたりと、長期的に使用できるサポートをしてくれます。決まった対価を支払う代わり、手間いらずで高品質なケースを手にれることができます。

業者に依頼する場合のデメリット

デメリット
  • コストと期間を要する
  • 希望が100%通らない可能性がある
  • 対応機種が限られる場合がある

業者に依頼をした場合、自作よりも費用と時間がかかる可能性があります。安いところだと1,000円~作成することができますが、高いと5,000円以上する場合もあります。スマホケースを作成する時に、「質」を求めるのか「値段」を求めるのか、何を優先するかによっても判断は変わってきますが、少なからず自作よりは高い費用が必要となる場合が多いです。

また、利用したいサービスを見つけても、機種によっては対応していない可能性もあります。特に最新のスマホや極端に古い機種を使用している場合は選択肢が狭まります。

おすすめのサービスはTipo PLAZA

項目 Tipo PLAZA
イメージ
価格 1,100円
送料 全国一律無料
購入サイト 詳細はこちら

ペットの写真や子供の写真、記念日に撮った写真など、「Tipo PLAZA」は、誰でも簡単にスマホで撮った写真を格安でスマホケースにできます。

Tipo PLAZAがおすすめの理由

おすすめの理由
  • デザインテンプレートが豊富
  • 日付や名前も入れられる
  • コーティング加工で写真はがれを防止

「Tipo PLAZA」では多彩なデザインテンプレートが用意されているため、お好きなテンプレートを写真に合わせて選ぶことができます。そして、日付や名前も入れられるため、よりオリジナリティのあるスマホケースを作ることができます。

1.デザインテンプレート例

人物画像の場合 動物画像の場合

デザインテンプレートには、どんな写真も合わせやすいナチュラルなテンプレートや、よりペットを愛らしく見せることができるテンプレートを30種類の中から選ぶことができます。

ペットに最適なデザインテンプレートには、犬向けのものや猫向けのものなどが用意されています。また、記念日に最適なテンプレートや子供にぴったりのテンプレートなどもあります。写真を提出すると専属のデザイナーがいるため、写真を最適な位置に配置してスマホケースを作成してもらうことができます。

2.日付・名前も入れることができる

「Tipo PLAZA」では、写真と一緒に記念日の日付やペットの名前、子供の名前を入れることができます。全角なら10文字まで、半角なら20文字までの文字が入れられるため、簡単なメッセージも入れることができます。日付やメッセージを入れておけば、使用しなくなったあとでも記念の品として保管しておける点は嬉しいポイントです。

3.コーティング加工で写真はがれを防止

スマホケースの写真がはがれるのを防ぐため、コーティング加工をしています。透明の被膜を塗布して、写真がはがれ落ちることを防止しています。このコーティングをすることで、キズや汚れからも写真を守ってくれます。コーティングの模様は5種類から選ぶことができ、無地のものや星柄、ストライプのものなどおしゃれな柄のコーティングが揃っています。

思い出の写真を使ってスマホケースを自作する

費用を抑えてオリジナルのスマホケースを作りたいなら、自分で一から材料を購入して作成することができます。簡単に安く作る方法と、注意点を紹介します。

作成方法

ここでは一番簡単な方法を紹介します。初めに必要なものを揃えて、手順を見てみましょう。また、メリットやデメリットも理解して、自作するかを決めると良いでしょう。

用意するもの

用意するもの
  • 透明のiPhoneケース
  • 印刷紙(写真用用紙)
  • プリンター
  • ハサミ

自分でスマホケースを作るときには、土台となるスマホケースが必要です。写真を見えるようにしたいため、クリアケースを選びましょう。費用を安く抑えたいなら、100均でクリアケースを購入すると安く手に入れられます。そして、写真を印刷するための写真用の用紙を用意しましょう。そして、この用紙は、分厚いかみよりも薄い紙の方が適しています。

なぜなら、分厚い紙だと、スマホケースとスマホの間に挟んだときにうまくはさめない可能性があるからです。そして、写真を印刷するプリンターとはさみがあれば作成することができます。

作成の手順

手順 解説
1 スマホケースにしたい思い出の写真を選ぶ
2 写真をケースに合うサイズで印刷して切り取る
3 ケースの内側にはめて、カメラや音量ボタンの位置に印をつける
4 ケースから取り出し、印をつけた部分を切り取る
5 再度ケースの内側にはめてスマホに装着し完成

初めに、スマホケースにしたい思い出の写真を選びます。写真を印刷するときには、スマホケースのサイズに合ったサイズに印刷しましょう。カメラの位置を予め把握し、写真が切れても大丈夫かどうかを確認しましょう。次に、写真をスマホとスマホケースの間にはさんで、スマホケースをセットします。そして、カメラホールや音量等のボタンの位置を鉛筆で印をつけます。このとき、スマホケースの外側のラインも印をつけておきましょう。

印をつけ終わったら、スマホケースを外して写真を取り出します。そして、印に合わせて写真を切ります。ボタンの部分を切るときには、できるだけぴったりのラインで切りましょう。なぜなら、写真が少しでもはみ出していると、ボタンを操作するときに手で触ってしまい写真の出ている部分が擦り切れてくるからです。

綺麗に切り取れたら、再度、写真をスマホとスマホケースの間に装着すれば完成です。

自作する場合のメリット

メリット
  • 最低限の材料で作れば作成費が安い
  • とことん自分の好きなデザインにできる

思い出の写真を使ってスマホケースを作るときには、100均などで安価な材料を使えば、費用を抑えてスマホケースを作成することができます。そして、自分の好きなようにスマホケースのデザインができます。例えば、写真をラインストーンで縁取りしたり、文字を書いたり、絵を描いたりすることができます。ペットや子供の写真だけでなく、好きなアイドルの写真でも作ることができます。

自作する場合のデメリット

デメリット
  • 失敗をするリスクがある
  • 耐久性が低い
  • 仕上がりのクオリティが低い可能性がある
  • 場合によっては業者に依頼するより作成費が高くなる可能性がある

スマホケースの自作をする際、思った通りの出来栄えにならないことがあります。初めて作る場合には、写真がまっすぐにはさめなかったり、ホールがきれいに切り取れなかったりと満足のいくものを作るのは難しい場合もあります。また、市販のものに比べて、耐久性は低くなる場合が多いです。

なぜなら、専用のプリンターなどを使用する業者の方が、より美しく写真をスマホケースに印刷できるからです。そして、自分で材料を買ってスマホケースを作成していると、どんどん凝ってしまって、材料費が際限なくかかる場合があります。そうなると、業者に依頼するよりも費用が高くつく場合があります。

思い出の写真をスマホケースにしたいと思う理由

スマホケースに思い出の写真を使っている人は、どうして思い出の写真を使ってスマホケースを作ったのでしょうか。実際に思い出の写真を使ってスマホケースを作った人にどうしてスマホケースにしたかを聞いてみました。

スマホは毎日使う物だから

スマホは毎日使うものだから、少しでもお気に入りの写真が印刷されいるとよいという理由が挙げられています。常に手元にあって、頻繁に目にするものだから少しでも自分の好きな写真を印刷したいのでしょう。

ちょっとした仕事の合間や通勤・通学のときにお気に入りの写真を見れば癒されますし、疲れもとれるかもしれません。また、大好きな写真を見るとテンションも上がり、その後一日明るく過ごせそうです。

オリジナリティが嬉しい

旅行に行ったときの思い出の写真をスマホケースにしたいという人も多いでしょう。この人のように、旅行のときの写真を使ってスマホケースを作れば、自分だけのオリジナルのスマホケースが作れますし、ほかの人と少し違ったおしゃれなスマホケースを作ることができます。

また、自分が撮った風景写真だと、スマホケースを見るたびに旅行の記憶がよみがえって、心が癒されることでしょう。最近では、スマホカメラの性能も格段に上がっているため、写真もとても美しいものが撮れます。自分のお気に入りの景色を撮って、美しい景色スマホケースにして思い出として残すのもよいでしょう。

記念になる

子供の入学式や七五三、夫婦の結婚記念日など思い出の日の写真をスマホケースにすることができます。記念日の思い出の写真でスマホケースを作れば、スマホケースを見るたびにあたたかく幸せな気持ちになるでしょう。また、そのスマホケース自体も記念にもなります。行事の写真や旅行の写真などそのときの思い出と一緒に記念とすることもできるのでおすすめです。

おすすめのスマホケースに印刷する写真

思い出の写真を使ってスマホケースを作るとき、どんな写真を使って作成しているのでしょうか。ここでは、どんな写真がスマホケースを作るときに人気なのかを見てみましょう。安価にスマホケースを作成できる業者もあるので、一枚の写真に絞れないときには、いくつかスマホケースを作って日替わりで使うのもよいでしょう。

1.風景の写真

美しい風景を見ると心が癒されますし、ストレスも解消されるでしょう。スマホは、出掛けるときには常に一緒だという人がほとんどでしょう。スマホなら、気軽に日常生活の中でお気に入りの景色を簡単に撮影できます。

もちろん、旅行に行ったときにもスマホやカメラで、旅先の景色を撮って思い出に残す人は多いでしょう。近頃では、スマホで撮った写真はとても高画質なので、その写真を利用して美しい写真をスマホケースにすることができます。

このように気軽に撮影できる景色の写真は、スマホケースに印刷するのに最も人気があります。

風景の写真をスマホケースにすると、自分だけのオリジナリティあるスマホケースが作成できますし、いつでもその写真の風景を見て癒されることができます。

仕事の合間に休暇の思い出の風景の写真が見れれば、また、次の休暇のために仕事を頑張ろうと思えるのかもしれません。

2.ペットの写真

愛らしいペットの写真もスマホケースの作成時にはとても人気があります。ペットとはいつも一緒にいたくても、仕事や学校の間は離れていて、家で留守番しているペットが気になる人も多いでしょう。いくつかの写真を使って、いろいろな表情のペットの写真のスマホケースを数種類作ってその日の気分に合わせてスマホケースを着せ替えることも可能です。

このように、ペットを飼っている人には、スマホケースにペットの写真を印刷するのが人気です。また、ペットの写真を印刷したスマホケースを使っていると、スマホケースを見た友人とペットの話で盛り上がることもあるでしょう。

3.家族・パートナーとの写真

家族やパートナーとの写真もスマホケースにするのに人気が高い写真のうちの一つです。子供の写真が人気ですが、恋人の写真や家族みんなで撮った写真、友人や趣味の仲間と撮った写真でもスマホケースが作れます。例えば、結婚式の写真を印刷して記念にしたり、子供の誕生日の写真を印刷したりと、家族やパートナーとの写真をスマホケースにするのが人気です。

ほかにも、子供の入学式や七五三など、子供が成長する節目の写真をスマホケースにする人も多くいます。そして、家族やパートナーの写真を利用してスマホケースを作る人の中には、子供の写真を使ったスマホケースを、祖父母へのプレゼントとして作成している人もいるようです。

このように、自分で使うための作成はもちろん、プレゼントとしても家族の写真を利用したスマホケースは人気です。遠くに暮らす祖父母なら、愛らしい孫の写真のスマホケースを送れば喜ぶこと間違いありません。そして、節目の写真を利用していると、記念品として残すこともできます。

思い出の写真を使ってスマホケースを作成しよう!

思い出の写真でスマホケースを作れば、世界で一つだけのスマホケースが作れます。人とかぶりたくない場合や、自分だけのオリジナルのスマホケースが欲しい人には、自分で撮った写真を使用すれば誰も持っていないスマホケースが作れるのでおすすめです。

そして、思い出の写真でスマホケースを作るときには、業者に依頼すると色も鮮やかで長持ちするのでおすすめです。いくつかの写真があって、複数のスマホを作りたいなら、自作して費用を抑えるのもありでしょう。

スマホで撮った写真で簡単に作れるため、思い出の写真を使ってお気に入りのスマホケースを作成してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *