お気に入りの画像でオーダーメイドのiPhoneケース|作り方を徹底解説!

お気に入りの画像でオーダーメイドケースを作ろう

「欲しいデザインのスマホケースが見つからない」「誰とも被らない自分だけのスマホケースが欲しい」という方は、ペットの写真やお気に入りの画像を使って、オーダーメイドケースを作成することをおすすめします。

オーダーメイドというと、作成に手間がかかるイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?作る際のポイントを押さえておけば、手軽に作成することが可能です。オーダーメイドケースの作り方や注意点、おすすめのサービスを解説していきます。

iPhoneケース制作を依頼する業者の選び方

オリジナルのiPhoneケースを制作できるサービスは複数あり、どのサービスを利用しても自分の「イメージに近い」ケースを制作することができます。ですが、細かいところで見ていくと、印刷技術に違いがあったり、制作工程に違いがあったりと、各社サービスの中でも得意とする部分が異なります。

その上で、「ここさえ抑えておけば失敗しない」というラインを解説していきます。あなたの理想のiPhoneケースの制作を実現できる業者を的確に見極めていきましょう。

印刷技術で選ぶ

印刷技術が未熟な業者を選んでしまうと、プリントがすぐ傷付いたり、剥がれてたりしてしまうことがあります。作成したiPhoneケースを長く使用できるように、画像をきちんとコーティングしてくれる業者を選びましょう。また、画像の印刷が粗くなったり、色にムラができてしまい、綺麗に仕上がらないケースもあります。専用のプリンターで印刷をしているかどうかも確認しましょう。

仕上がりイメージが分かる

デザインやイメージを言葉だけで伝えるのは困難です。仕上がりイメージが分からないままiPhoneケースが作成されると、現物が「想像していたデザインとは違った」という事態になってしまうこともあり得ます

iPhoneケース制作業者を選ぶ際には、視覚でデザインを確認できるよう、iPhoneケース作成前に仕上がりイメージを共有してくれる、もしくは確実にイメージを共有できるサービスを選びましょう。

量産型ではなく受注生産型

自分のお気に入りのiPhoneケースを作成するためには、細かい注文にも個別に対応してもらえる「受注生産型」の業者がおすすめです。

製品を生産する方法に、「量産型」と「受注生産型」があります。「量産型」とは、一定のクオリティの商品を量産して販売する方法で、「受注生産型」とは、注文が発生してからオーダーメイドで生産する方法です.

受注生産型の場合は、一人のお客様単位で細かい注文をすることができるため、よりあなたの理想のケースを制作できる可能性が高まります。

画像を選ぶ時の3つのコツ

iPhoneケースは形が一定限られているため、それに見合った画像を選ぶ事が重要です。例えば背景が映っているからこそよりペットが映えるような画像があった場合、実際に制作をして背景をトリミングした時に、画像そのもののイメージが変わってしまう可能性があります。

本来の画像の良さを損ねないよう、ここでは選定時のポイントを解説していきます。

1.余白がある画像を選ぶ

適している 適さない

指定されたデザインやテンプレート、フレームに画像を当てはめてオーダーメイドケースを作成する場合は、上下左右に余白のある画像を選ぶようにしましょう。

余白のない画像は、テンプレートやフレームに入れた際に見切れてしまうことがあります。また、余白がないと画像のサイズ調節ができなくなってしまうため、デザイン的に美しくない仕上がりになる可能性があります。

2.背景がシンプルな画像を選ぶ

適している 適さない

背景がシンプルな画像は様々なデザインに合わせやすいため、なるべくシンプルで単色な画像を選ぶようにしましょう。フレームやデザインが決まっておらず、フリーフォーマットで制作する場合は、背景がある画像を選択しても問題ありません。写真のどこまでがプリント範囲かをきちんと確認して、デザインを決めていきましょう。

3.アピールしたい物が強調された画像を選ぶ

適している 適さない

iPhoneケース用の画像を選ぶ際には、アピールしたい物が強調された画像を選ぶことを意識しましょう。例えば結婚の記念にiPhoneケースを作る場合、アピールしたいのは夫婦二人です。上記の表のように、風景がメインになってしまっているような画像はNGです。さらに、自分がよく映っているという点の他に、全体のバランスが良い「引きの写真」を選ぶという観点を忘れないようにしましょう。

画像をiPhoneケースに印刷する時の注意点

iPhoneケースにする画像を選ぶときに注意しておかなければならない法律に関する事柄を解説していきます。自画像や家族、ペットなどを印刷する場合は自分の好みだけで選ぶことができますが、「自分が好きな芸能人」や「アニメのキャラクター」など著作権が自分以外にある物を許可なく印刷することは法律上はNGとされています。を印刷する場合は、一部著作権法に触れるものがあります。

著作権侵害に注意する

iPhoneケース用の画像に、アニメのキャラクターなど他者が作成した画像を使おうと考えている方は、著作権侵害に注意してください。

著作権侵害とは、著作権者の許諾なしに著作物を利用する行為のことです。著作者は、他者が著作物を利用したりコピーして利益を得たりすることを禁止・制約することができます。著作物の対象となるものは、小説や音楽、絵、写真、創作物など多岐にわたります。

著作権侵害をした場合

著作権とは、著作者が訴えることにより成立する親告罪です。訴えられると損害賠償を請求されてしまいます。

個人利用だけではなく著作物を利用して利益を得ている場合など、著作権侵害と知りつつ侵害している場合は、刑事罰が課せられることもあります。iPhoneケースを作成する際には、著作権のある写真や画像を使用しないよう注意しましょう。

著作権侵害のボーダーライン

NG例
アニメやキャラクターやブランドのロゴなどを印刷する

好きなアニメキャラクターやブランドロゴの画像を利用するには、著作権者の許諾が必須です。著作権者の許諾がない限りは、二次創作として利用しても著作権侵害が成立します。

しかし、中には著作権者の許諾を得ずにキャラクター等をプリントしていると思われるものもあります。これらは著作権の侵害にあたりますが、一つ一つ訴訟を提起しても全てを規制していくことが難しいのが現状です。そのため企業など著作権者は、キャラクター等の利用を黙認していることが多いですが、本来はNGな行為です。

業者に完成イメージを細かく伝える

オリジナルiPhoneケースの作成で失敗しないためには、より詳細な完成イメージを業者に伝えることが大切です。

例えば上記の画像のように、「首輪まで入れて」といった詳細を伝えるかどうかで完成度が違ってきます。満足のいくiPhoneケースを作成するためには、細かすぎるオーダーでも伝えておくことをおすすめします。

オーダーメイドiPhoneケースならTipo PLAZA

項目 Tipo PLAZA
画像
価格 1,080円
送料 全国一律無料
HP 詳細はこちら

オリジナルiPhoneケースを作成するなら、Tipo PLAZAというサービスがおすすめです。Tipo PLAZAとは、たった1,080円で世界に一つだけのiPhoneケースをオーダーメイドすることができるサービスです。また、対応機種も幅広く用意されています。

おすすめポイントや実際に利用した方の口コミを紹介していきます。

特徴

Tipo PLAZAでは、フレームだけでなくコーティングの柄やiPhoneケースカラーも選択することができます。コーティングすることによって、プリントが傷が付きにくく剥がれにくくなり、長持ちする点も魅力の一つです。

また、iPhoneケース製作前に仕上がりのイメージ画像を共有してもらえるのもTipo PLAZAの特徴です。デザインを伝える際のミスや、完成後の失敗を防止することができるため、思い通りのiPhoneケースに仕上がります。

おすすめポイント

おすすめポイント
CMYK4色フルカラーに白、クリア(グロス)を加えた6色のUV硬化インクを使用

Tipo PLAZAのおすすめポイントは、印刷技術の高さにあり、iPhoneケースに画像を印刷する際に特殊なプリンターを使用しています。普通のプリンターとは異なり、UV光でインクを瞬時に硬化させるため、高発色なフルカラープリントが可能です。

また、画像プリント後はクリアインクで印刷部分をコーティングします。これにより耐久性が向上し、傷が付きにくい、そして剥がれにくい状態になります。

口コミ

実際にTipo PLAZAでiPhoneケースを作成した方は、仕上がりやお店の対応にどのような感想を持ったのでしょうか?口コミを紹介していきます。

事前に完成イメージを知ることができるため、思い通りのiPhoneケースを作ることができた、という声が多くみられました。中でも、ペットの写真を使用してiPhoneケースを作成した方は、周囲からの評判もよく、完成後の満足度が高いようです。

作り方

まず楽天市場のTipo PLAZAのサイトからデザインを選択してください。デザインを決定し注文すると、専門のデザイナーが指示に従ってデザインを作成し、仕上がりイメージの画像をメールで共有します。

完成イメージを確認し、デザインに修正点がある場合は細かく伝えましょう。問題がなければiPhoneケースの製作が開始され、印刷開始から3営業日以内に指定の住所へと配送されます。

ペットデザインの場合

コーティングは「無地」や「ドット」など5種類の柄から、好きなものを選びましょう。フレームは「ナチュラル」「猫向け」「犬向け」「シンプル」の4つのジャンルに分かれており、全部で20種類ものデザインがあります。犬猫用のデザインが用意されているため、ペットの写真を使用してiPhoneケースを作成したいという方にとても人気です。

人物デザインの場合

シニアまで幅広い年代を対象としたウェディングフォトや、誕生日・七五三・入学式といった子どものイベントなど、ライフイベントに関係する思い出の一枚を形として残しておきたい方に人気のデザインです。ペットデザインと同様に、コーティングの柄も選ぶことができます。

お気に入りの画像でiPhoneケースを作る!

iPhoneは生活に欠かせないものであり、そのケースもまた、必需品と言えます。そして、自分のお気に入りの画像をただ眺めるだけではなく、オリジナルのグッズを作ることでより特別なものになるはずです。失敗をしないためにもオリジナルのiPhoneケースを作るプロセスを知り、理想のケースを作りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *