自分のペットがiPhoneケースのデザインに!やり方とオススメのサービスを紹介

自分のペットの写真をiPhoneケースにできる

ペットは大切な家族の一員。可愛くて癒される存在のため、思わずたくさんの写真を撮ってしまいますよね。せっかく撮れたペットのベストショットを、データのままにしておくのは勿体ないと感じたことはありませんか?今回は、自分のペットの写真をオリジナルのiPhoneケースにできるサービスを紹介していきます。

ペットの写真をスマホケースにする理由

実際にペットの写真をスマホケースにした人は、どのような理由だったのでしょうか?20代後半~40代後半の女性を対象にアンケート調査を実施しました。

ペットの写真をスマホケースにした理由には、世界に一つだけのオリジナルケースを作りたい、大切なペットを自慢したい、という回答が多く見られました。また、ペットになかなか会うことができないため、寂しくならないように作った、という意見もあり、理屈を抜きにしてペットへの愛情が形として表れた結果のようです。

実際に作った人の感想

ペットの写真をiPhoneケースにした人は、実際に作ってみて満足できているのでしょうか?口コミを紹介していきます。

愛するペットを常に身近に感じることができて嬉しい、という感想が多くみられました。また、ペットの写真入りのiPhoneケースを見た人から話しかけてもらえた、といった感想もありました。周囲の人との会話のきっかけにもなるようです。

ペットの写真をiPhoneケースにするメリット3つ

ペットの写真がプリントされたiPhoneケースは、可愛いだけではなく他にもいくつかのメリットがあります。ペットグッズの中でもなぜiPhoneケースなのか、そのメリットを解説していきます。

1.1,000円代~手軽に作ることができる

意外と値段の高いiPhoneケース。機能やデザインにこだわると3,000円〜5,000円ほどは必要になります。オリジナルのiPhoneケースであれば、さらに高額になってしまうと思いがちですが、実は1,000円代から手軽に作成することが可能。既製品を購入するより安い場合もあります。低価格のため、お気に入りの写真がいくつかある場合や、デザイン違いで複数のiPhoneケースを作ることもできます。

2.実用的である

ペットの写真を手帳に入れて持ち歩いたり、ペンダントにしている人も多くいますが、その中でもiPhoneケースは「実用的」であると言えます。生活必需品のため、持ち物を増やすことなく、さらにiPhoneの保護も兼ねているため、無理なくペットグッズを活用することができます。

3.デザイン選びの幅が広がる

既製品のiPhoneケースは、限られたデザインの中から自分好みの商品を選ばなくてはなりません。しかし、オリジナルのiPhoneケースであれば、自分のお気に入りの写真を使って作成できるため、デザイン選びの幅が広がります。

オーダーメイドでiPhoneケースが作れるサービス

ペットの写真入りiPhoneケースが欲しいという方は、Tipo Plaza(ティポプラザ)というサービスがおすすめです。Tipo Plazaのサービス内容を紹介していきます。

Tipo PLAZA

項目 Tipo PLAZA
画像
価格 1,080円
送料 全国一律無料
HP 詳細はこちら

Tipo Plaza とは、オーダーメイドのiPhoneケースを作ることができるサービスです。スマートフォンで撮影したお気に入りのペットの写真をTipo Plazaに送り、デザインを選ぶだけでオリジナルのiPhoneケースを作成することができます。また、対応機種が幅広い点も魅力です。

Tipo Plazaはネットサービスのため来店の必要がなく、全国どこからでも注文することが可能で、送料は全国一律無料です。

Tipo PLAZAを選ぶ理由

写真以外にもフレームやコーティングの柄、ケースカラーを自分で選ぶことができ、選択肢が多くオリジナル性が高い仕上がりにすることができます。

そして、完成前に仕上がりイメージを共有してもらうことができます。デザインを言葉だけで伝えるのは難しいですが、Tipo Plazaならイメージ画像を見ながら最終確認を行うことが可能なため、「思っていた仕上がりと違う」といった事態を防ぐことが可能です。

さらに、外傷を防ぐための加工がきちんと施されており、大切なペットの写真入りスマホケースを綺麗な状態で長期間使用することができる点も魅力の一つです。

フレーム・コーティングの柄・ケースを選べる

フレームは、ナチュラル・猫向け・犬向け・シンプルと4つのジャンルに分かれており、それぞれ2~10個のデザインが用意されています。全部で20種類ものデザインから、ペットに合うフレームを選ぶことができます。イメージ画像の文字が入っている部分には、アルファベットでペットの名前を入れることも可能です。

そして、写真が傷つかないようにするための透明皮膜のことをコーティングと言い、これも好きな柄を選ぶことができます。無地の他に、スターやドットなど5種類から選ぶことができ、ケースカラーは透明とホワイトの2種類です。

発注までの流れ

注文するためには、まずyahooショップのTipo PLAZAのサイトからデザインを選択し、スマートフォンにプリントしたいペットの写真を送信します。情報を元に作成されたイメージ画像が送られてくるため、確認して修正したい部分があれば伝えてください。

修正がなければそのまま印刷が開始され、3営業日以内に完成し発送されます。

より気に入るデザインに仕上げるコツ

せっかくオーダーメイドをして作成するのであれば、より気に入るデザインに仕上げたいですよね。たとえ気に入らなかったとしても、スマホケースが完成し受け取った後は修正することができません。

上手く作成するためには、写真の選び方やデザインの伝え方にいくつかポイントがあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

背景がシンプルな写真を選ぶ

写真を選ぶ際には、なるべくペットの背景がシンプルなものを選びましょう。背景に色々なものが写っている写真を選んでしまうと、仕上がりがごちゃごちゃした印象になってしまいます。

お気に入りの写真の背景がシンプルでない場合は、自分で加工して背景をシンプルにしたり、なるべくフレームをシンプルなものにすると良いでしょう。

希望を細かく伝える

「首輪の鈴が見える範囲でトリミングをしてほしい」など、細かく希望を出すと、より理想のデザインに近づけることができます。

写真はフレームに収まるようトリミングされるため、送った写真がそのまま使われるわけではありません。トリミングの希望を特に伝えない場合は、デザイナーの方がフレームにちょうど良く収まるサイズになるよう、写真をトリミングしてくれます。

上下左右に余裕のある写真を選ぶ

適している 適さない

写真を選ぶ際には、上下左右に余裕のあるものを選びましょう。ペットの写真が見切れていたり、余白の少ないものを選ぶと、フレームに入れたときにバランスが悪くなってしまいます。

トリミングしてフレームに入った状態をイメージして、写真を用意するようにしてください

猫・犬・うさぎなど愛するペットをiPhoneケースにしよう!

Tipo PlazaでiPhoneケースを作成すれば、デザインが豊富なためきっと満足のいく仕上がりになるはずです。犬用フレームや猫用フレームなど、あなたのペットにぴったりのものを選んで、世界に一つだけの素敵なiPhoneケースを作成しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *