カップルの思い出の写真の撮り方・保存方法|写真嫌いな恋人への対処法は?

カップルの思い出が詰まった写真の使い道とは?

スマートフォンなどのデータフォルダに保存されている恋人との思い出。時々開いてその思い出に浸るのももちろん良いですが、少しの工夫で素敵なオリジナルグッズに変える事が出来たら嬉しいですよね。

データをイベントごと、年月ごとにきちんとまとめて保存するのも良いですが、あまりに増えてしまうと管理しきれなくなったりという側面も。今回は、カップルの思い出が詰まった写真を単なるデータから、より日常に溶け込んだ形で思い出を再確認出来る方法をご紹介します。

カップルで写真を撮ると期待できること

期待できること
  • 一緒に撮影をすることで同族感・親近感が高まる
  • コミュニケーションが増す

カップルでどこかへ出掛けるだけでも十分楽しいものですが、一緒に写真を撮る事でさらに二人の仲が深まる事が期待出来ます。印象的な場所を見つけたらぜひ積極的に写真を撮りましょう。後からその日の事を振り返った時に、二人で写真を撮った時の事は単なる記憶ではなく、二人で共有出来る素敵な思い出の一つになっている事でしょう。

また、カップルで写真を撮る事はそれだけでコミュニケーションが増す作用があります。一つのフレームに二人で納まろうとする事で物理的な距離もぐっと近づきます。一緒に撮影をする事で同族感や親近感も高まり、心理的な距離も近くなって思い出の場面も増えるのです。

相手が嫌がるのを無理に写真を撮る事は本末転倒になってしまいますが、思い出作りの一環としても、カップルで写真を撮るのは基本的にポジティブな作用が期待出来るのでおすすめです。

カップルの思い出の残し方

カップルの思い出の残し方は、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。今回は思い出を残す様々な方法の中から、フォトブック・コルクボード・オリジナルグッズの3種類に焦点をあてています。一つづつ順番に見ていきましょう。

1.フォトブック

好きな写真を選び、スマートフォンのアプリやインターネットサイトから手軽にフォトブックを作成出来るサービスです。サイズや価格も色々ではありますが、比較的安価でオリジナルのフォトブックを作成出来る場合がほとんど。フォトブックとしてまとめる事で、いつでも好きな時にお気に入りの写真を手元で確認する事が出来ます。

写真の選び方

誕生日、クリスマス、記念日、旅行、デートなど、非日常で二人の思い出に残っている日の写真を選びましょう。付き合って一年などの記念日にフォトブックを作成して、恋人にプレゼントするのもおすすめです。

二人で旅行に行くのが好きなカップルなら、旅行ごとにフォトブックを作成するのも良いでしょう。毎年のイベントごとにフォトブックを作成すれば、お互いの成長や表情の変化などに気付けて二人の話も弾みそうです。

フォトブックは手軽にベストショットを手元で眺められるのがポイント。大きなアルバムと違ってかさばらないので、バッグに入れて持ち運んだり、いつでも好きな時に取り出して思い出を再確認出来ます。

フォトブックを作成する際にカップルで思い出を振り返りながら、数ある写真の中からお気に入りのものを一緒に選ぶという楽しさもありますね。

年に一回デザインやカラーを変えて作る事で、本棚に並べた際にカラフルな空間が生まれ、インテリアとしてもおすすめなアイテムです。

おすすめのフォトブックアプリ

サービス名 しまうまプリント
イメージ

 

価格 217円(税込)~
URL 詳細はこちら

こちらは217円(税込)から作れるフォトブックアプリ。単色カラー12色に加え、追加料金なしで40種類以上という豊富なデザインの中から表紙を選ぶ事が出来ます。デザインは随時更新されるので、フォトブックを作り続けた時に飽きが来る心配もありません。

写真のみのシンプルなものはもちろん、日付やコメントなどを入れられるレイアウトも20種類以上。

サイズは持ち歩きやすい文庫サイズ、SNSの写真をまとめやすいA5スクエアサイズ、A5サイズの3種類。文庫サイズ以外は定番のスタンダード以外にプレミアムソフト、プレミアムハードというさらに上質なグレードも選ぶ事が出来ます。日常の思い出、特別な記念日などでグレードを変えてみるのもおすすめ。

ただお手頃価格なだけではなく、しまうまプリントのフォトブックは品質もしっかりとしているのでプレゼントにも最適です。

2.コルクボード

好きな写真を選び、マスキングテープやシール等でデコレーションしながらコルクボードに貼っていく方法。デジタルにはない手作り感があり、オリジナルのアイテムという感覚がより強まります。これといった正解は無いので、好きなように貼って飾って行ける自由度が高いのが魅力です。

可愛い系にしたいのかクールな感じにしたいのか等、最初に大まかなイメージを決めましょう。特に色合いや使用する写真の枚数などはある程度決めておいた方が、ごちゃごちゃせずにすっきりとまとまりやすいです。紙にイメージを実際に描いてみるのもおすすめ。

好みのサイズのコルクボードを用意したら、プッシュピンで実際に写真を貼って行きます。写真に傷を付けたくないという場合はマスキングテープを使いましょう。クリップで吊るした写真を、ワックスコードなどでガーランド風にコルクボードに留め付けてもおしゃれな雰囲気になります。

写真を貼り終わったら、余白部分を好みのシールやステッカーでデコレーションします。アルファベットのシールで、さりげなく二人の名前を入れても素敵です。

写真以外の材料は全て100円ショップで手に入れる事が可能。500円~800円程度で作る事が出来ます。コルクボードの枠を好みの色に塗ってみたり、貝殻やガラスタイルなどを接着剤で貼り付けてデコレーションするのもおすすめです。

コルクボードを作った事がある人の感想

3.オリジナルグッズ

ふとした瞬間に幸せな記憶がよみがえる…二人の思い出が日常に溶け込むオリジナルグッズになったら素敵ですよね。オリジナルグッズと言っても、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。一つづつ見ていきましょう。

スマホケース

サービス名 Tipo PLAZA
価格 1,080円(税込)
イメージ

 

URL 詳細はこちら

お気に入りの写真を使って世界で一つだけのオリジナルiPhoneケースが作れます。写真を囲むフレームは、ナチュラルフレーム10種類の他にもシンプルフレーム、記念日用フレームなど豊富に用意されているので選び甲斐があります。

4色フルカラー以外に白、クリア、グロスを加えたUV硬化インクを採用しているので鮮やかな発色です。仕上げに5種類から選べるコーティングを施す事で、印刷部分のの退色を抑え、キズなどから大切なケースを守ります。

価格も1080円(税込)とお手頃なので、記念日ごとにケースを作ってみるのも楽しいかも知れません。iPhoneのみではありますが、5Sから最新のXS MAXまで幅広い機種に対応しているので機種変更の際にも安心です。

アクリル時計

サービス名 フォトメモリアル専門店oripri工房
イメージ

 

価格 8,800円
URL 詳細はこちら

アクリルプレートにプリントアウトした用紙を挟み込むタイプではなく、アクリルそのものにダイレクトに印刷するので高級感がある時計を作成する事が出来るのがポイント。

お気に入りの写真を使用し、世界で一つだけのオリジナルアクリル時計が作れます。写真も1カットから12カットまでデザインする事が可能。カラフルで豊富なテンプレートから二人のイメージに合ったものを選ぶだけでもワクワクしてしまいそうです。文字を入れる際に追加料金なしで入れられるのも嬉しいポイント。

ガラスを凌ぐかのようなクリアで高級感を感じさせるアクリル時計は、大切な相手へのギフトにもおすすめです。

カレンダー

サービス名 カメラのキタムラ・プリントサービス
イメージ

 

価格 1,320円
URL 詳細はこちら

さすが写真のプロが作るカレンダーだけあって、品質の高さがおすすめポイント。クォリティの高い卓上カレンダーを、カメラのキタムラ・プリントサービスで作成する事が出来ます。

卓上カレンダーCOYOMIは、ベーシックなKGサイズのリングタイプが1320円(税込)で作成可能。高画質の「写真仕上げ」と、ぬくもりを感じられるマットな質感の「シートタイプ」の2種類から選べます。

別料金ではありますが、リングタイプはスクエアサイズとA5サイズも用意されており、大切な相手へのギフトとしてもおすすめ。

ネットから注文して自宅配送可能ですが、近くのカメラのキタムラ店舗で受け取る場合は送料がかからないのはもちろんの事、注文から仕上がりまで最短30分というスピーディーさも人気の理由です。

オリジナルグッズを作った事がある人の感想

 

写真嫌いな恋人に撮ってもらう自然な方法

アンケートでは、全体の4割が恋人は写真が嫌いという結果になりました。二人で出掛けても、後からアルバムを見返すと映っているのは自分ばかり…となってしまうと少し寂しいものです。せっかく二人で出掛けるのだから、一緒に写真を撮って思い出を深めたい…という場合は、どのような方法を選べば良いのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

写真嫌いな恋人に自然に写真を撮ってもらう方法
  • 「はい!撮るよ」と隙を与えない
  • 「一枚だけ!」と言いつつ何枚か撮る
  • あえて後ろ姿を撮影しおしゃれなシルエット写真にしてしまう
  • 何事も先に恋人を楽しませてから「思い出に残そう」と言って撮る
  • 知らない人に撮ってもうようお願いをしてしまう
  • 「記念だから」と伝えて撮る
  • あえてポーズを決めるのではなく自然に撮る

写真嫌いな恋人に写真を撮ってもらう際に最も重要なのは、無理強いしない事。写真を撮る事に対してさらに苦手意識を強めてしまう結果になりかねません。改まって写真を撮ろうとすると逃げてしまう場合は、「はい!撮るよ」と逃げる隙を与えずに勢いで撮ってしまうのも一つの方法です。ただし何度もこのやり方だと相手はストレスに感じてしまう事もあるので、撮り過ぎに注意しましょう。

他にも、様々な方法を使って一緒に写真を撮ろうと工夫している方が見受けられますが、共通しているのは「自然に撮る」「緊張させない」という点。いかに相手に気を遣わせず、自然体でいてもらえるのかがポイントです。

写真を撮る時におすすめのポーズ

腕を組む 肩寄せ バックハグ 見つめ合う

写真を撮る際には、二人の距離の近さや仲の良さが感じられるようなものを選ぶと良いでしょう。腕を組む、肩を寄せる、後ろから抱き着く(バックハグ)などがおすすめです。他にも、二人で見つめ合うポーズはお互いに照れて自然と笑顔になりやすいので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

いかにもな雰囲気の写真がどうしても苦手というカップルには、手を恋人繋ぎにして後ろから撮るなど、さりげなく恋人同士の雰囲気が伝わるようなポーズも人気です。

カップルの思い出の写真は計画的に保管しよう!

一緒に撮った素敵な思い出の数々…スマートフォンの中でごちゃごちゃになったままでは、見たい写真を探すのも一苦労です。思い出は常に更新されて行くもの。きちんと普段から年代やイベントごとにフォルダ分けをしておけば、見たい写真もすぐに見つける事が出来てストレスも溜まりません。

写真の整理整頓が苦手という場合は、今回ご紹介したようにお気に入りの写真を使って日常に溶け込むアイテムを作ってみるのも一つの方法です。目の届く場所に置く事で、いつでも二人の思い出を再確認する事が可能。写真が溜まって来たらフォトブックにまとめてしまうのもおすすめ。サイズをそろえて作れば、数が増えて行ってもすっきりと収納出来ます。

カップルの思い出の写真は、二人に合った方法を見つけて計画的に保管するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *