使いやすいスマホケース10選!自分のスタイルに合うスマホケースの選び方

あなたにとっての「使いやすいスマホケース」とは?

スマートフォンの性能の進化に応じて、近年スマホケースに求める実用性や汎用性の種類も急速に変化してきているのを皆さんはご存知でしょうか?

当記事では、使いやすさのポイントは人それぞれ異なるものの、どういった点がより重視されて「使いやすいスマホケース」となったのか、編集部の独自調査によるアンケート結果を踏まえて詳しく検証していきます。

1.傷を防止できる

日常生活で使用するなかで、どれだけ本体から「傷を防止できる」か否か。ケース本来の生まれ持った意味を考えれば、約半数が回答をした当項目が1位であるのは、まさに妥当な理由であると言えます。

ASUSなど格安スマホの選択肢もあるなかで、今も多くのシェアをiPhoneなどの大手メーカーが占めており(参考:NTTドコモ モバイル社会白書2019)大手メーカー製の場合、本体代金が10万~の物がほとんどで、長く使うとはいえスマホが高額な買物であることに変わりはなく、購入に際して「使用中でもなるべく傷をつけたくない」という心理が働くのではないでしょうか。

ほかにも「落として液晶が割れた経験がある」「修理代が高いから液晶を割りたくない」「小さい子どもがいて割らないか心配だから」という詳しい回答もあり、体験に基づいた選択であることも分かります。

2.スタイリッシュでかさばらない

スマホと合わせてもかさばらないものが良いという項目は、2位となる33%の人から回答頂きました。

こちらも「ポケットに入れられる厚さだと使いやすい」「できるだけ軽くしたい」といった体験に基づいた声が挙がっており、携帯運用をするうえで、やはり重量や厚みは性能の次に大切なポイントに。

女性の場合、重すぎると持って操作している時に疲れてしまうでしょうし、男性ならズボンや上着のポケットに入らない分厚さは困りますよね。最近はスマホ自体が大きな機種もあるため、ケース装着後もスタイリッシュであるかどうかが重視されているようです。

3.スマホ以外の小物を収納できる

スマホケースが登場した当時は、シンプルなケース型と手帳型で迷った方も多いのではないでしょうか。

電子マネーを筆頭に、キャッシュレスが国内でも意欲的に勧められている昨今は特に、収納力も重視したケース選びが行われているようです。「財布を持っていないからカード類を入れたい」「持ち物を減らしたい」といった希望を叶えてくれる手帳型はもちろん、縦型や背面収納型もジワジワと種類を増やしています。

もちろんICカードやキャッシュカードを入れる以外に、万が一スマホが壊れて使えない時でも連絡先が分かるようにメモや、掛かり付けの医師や常備薬が判る意思表示カードを入れたりと、エマージェンシー的な使い方も出来ます。

4.ファッションアイテムとして使えるデザイン

意外にもアンケートでは優先度2%と低い結果となったデザイン性ではありますが、「毎日使用するものだからオシャレじゃないと持ちたくない」「コーデのポイントになるようなデザインがいい」などの声が上がっており、ハッと目を引くような色や美しいイラスト、個性的なデザインなど多く出ています。

中にはお気に入りが見つからないなら自作してしまおうと、女性を中心にパーツを購入して凝ったデザインを完成させ、SNSなどで自慢している人も!「使いやすさ」という点ではその優先度が低くても、やはり自分が気に入ったもののが愛着がわくし、大切にしようと思えますよね。

5.その他

その他の項目では、「よく落とすので衝撃耐性が強いケースがいい」「手帳型がいい」といった回答が。自分の中ですでに使いやすさの基準が決まっていると、細やかな点は重視しない人もいるようです。ちなみに「衝撃耐性に強いケース」という回答ですが、具体的にはどのような素材が衝撃に強いのでしょうか?

スマホケース市場を見ていると、よくPU(ポリウレタン)、TPU(熱可塑性ウレタン)やPC(ポリカーボネート)、シリコンという文字を目にする事が多いと思います。素材が安価なそれらは、比較的安めのケースに使われていることが多い素材ですが、値段にかかわらずそれなりの耐久性を持っています。

しかしスマホは熱を持ちやすいので、衝撃に強くとも耐熱性に弱かったり、静電気を集めやすくホコリがつきやすいといった難点をそれぞれ抱えています。ケース選びの際には、素材が持ち合わせているデメリットもしっかり押さえておきたいところです。

スマホケースの種類を紹介!

ケース型 手帳型 縦開き型
(フラップ型)
スマホリング
(バンカーリング)

現在発売されているスマホケースは、大きく分けて4種類。それぞれにどんな特徴(メリット・デメリット)があり、どんな人におすすめなのかを分かりやすくご紹介していきたいと思います。スマホケース選びに悩んでいる人は是非参考にしてみてくださいね!

ケース型

種類 ケース型
イメージ

 

保護機能 ★★☆☆☆
デザイン ★★★★☆
収納力 ★☆☆☆☆
スタイリッシュ ★★★★★

スマホケースの中でポピュラーなケース型。デザインやカラーは4種類のなかで最も豊富といえますし、特にスタイリッシュさには満点の★5つ評価をつけさせて頂きました。いまは背面収納を備えたケース型も出ていますが、収納力はいちばん低いケースとなります。

ケース型スマホケースのメリット・デメリット

ケース型のメリットは、1,000円程度の安価なものが多いこと。美しいプリントのデザインやカラーも選びやすいほか、クリアタイプのものを選べばスマホ本体のカラーを活かすことも出来、見た目も使い勝手も良いため、一番無難なスマホケースといえます。

ケース型のデメリットは、背面や側面は良いものの、画面はむき出しのため衝撃からの保護ができないこと。むき出しの画面ゆえカバンの中で誤作動が起きたり、ケースの変形や変色も起こる可能性があります。

手帳型

種類 手帳型
イメージ

 

保護機能 ★★★★★
デザイン ★★★☆☆
収納力 ★★★★★
スタイリッシュ ★★☆☆☆

まさに手帳のように左右に開いて使用が出来る手帳型。折り畳み方でスマホスタンドにもなり、動画などを視聴する際に便利なほか、画面をしっかりと覆う保護機能・ICカードなどの収納力には文句なしの満点★5評価をつけさせて頂きました。

手帳型スマホケースのメリット・デメリット

手帳型のメリットは、収納の中に必要なものを集中させることで、財布を持たずとも買物ができたり、外出の際の荷物を少なくできること。背面から画面まですっぽりと覆う保護力の高さと、ケース型には劣るものの、デザインも豊富。女性に嬉しい鏡付きの手帳型ケースも出ています。

手帳型のデメリットは、画面カバーを開けないとスマホの操作や、通話ができないということ。スマホによる発熱も逃がしにくい構造のため、特に充電中は熱くなることも。収納力ならではの重量や、ケースによってはカメラレンズとずれてしまい、写真を取るのに一苦労…といったものもあるようです。

縦開き型(フラップ型)

種類 縦開き型(フラップ型)
イメージ

 

保護機能 ★★★★★
デザイン ★☆☆☆☆
収納力 ★★★★★
スタイリッシュ ★★★☆☆

最近市場に出てきた縦開き型は、まだネームバリューも低く、商品数が少ない難点からデザインは★1つ評価に。ただ、今後大きな伸びしろの可能性を秘めているスマホケースです。こちらも背面のみならず画面もしっかりと保護してくれ、留め具がついているタイプであれば勝手に開くことはありません。

縦開き型スマホケースのメリット・デメリット

縦開き型のメリットは、画面カバーが外しやすいためすぐにスマホを操作し、通話がしやすいところ。手帳型との差別化ポイントとして、収納力がありながらも、手帳型よりもスリムなものが多いため、スタイリッシュさはこちらのほうが上に。

縦開き型のデメリットは、やはり種類が少ないので選択肢が少なく、対応機種も限られてしまうために選びにくいことです。縦開き型の構造によっては、少し重めであったり、スマホの発熱が篭もりやすいといった点も出てくるかもしれません。

スマホリング(バンカーリング)

種類 スマホリング(バンカーリング)
イメージ

 

保護機能 ★☆☆☆☆
デザイン ★★☆☆☆
収納力 ☆☆☆☆☆
スタイリッシュ ★★★★★

落下を防ぐためのスマホリング型。落下しない前提のためか、スマホ本体への保護は保険もほぼなく、むき出しの状態のため収納力は全くありません。スマホリングはシンプルはデザインのものから、少し可愛らしい花柄タイプや犬や猫の足跡タイプなどなど、さりげないオシャレがスタイリッシュ感を際立たせています。

スマホリングのメリット・デメリット

スマホリング型のメリットは、片手でも安定感のある操作が行えること。サッと取り出してサッとしまえるので、そのスタイリッシュさが特に男性に好評のようです。取り付け方も簡単で、位置を直したい場合は水洗いすればリング接着面の粘着力が戻ってくるものが多く、リングを直立させればスマホスタンドにも。

スマホリング型のデメリットは、やはり万が一落下した際に全くスマホが保護できないところでしょう。そしてあまり安価なものは使いにくかったり、すぐリングが直立しなくなり、結果的に邪魔となるケースも。

おすすめの使いやすいスマホケース10選!

こちらの記事では「ケース型別のメリット」をしっかりと押さえながら、「価格」「対応機種」「ケース素材」などを重視し、編集部おすすめの使いやすいスマホケースを厳選してご紹介します。

ケース型 Tipo PLAZAオリジナルiPhoneケース

商品名 Tipo PLAZA オリジナルiPhoneケース
イメージ
ケースの形 ケース型
価格(税込) 1,080円
URL 詳細はこちら

オリジナルのスマホケースを使いたいな、という人には「Tipo PLAZA」がおすすめです。こちらはスマホケースに美しい写真印刷をオーダーメイドできるサービスのひとつで、印刷が最も美しく活かせて使いやすい「ケース型」を扱っており、さらにiPhoneの対応機種がとても豊富なんです。

フレームデザインはレース模様や植物などのナチュラルなものから、ペットに特化したもの、子供や家族の写真に合うテンプレートなど、組合せも自由で作りたいケースがきっと思いつくはず。写真を美しく保つためのクリアコーティング柄は5種類から選択でき、ケースの耐久性をより高めてくれる仕様です。

ケース型 カード収納ソフトシリコンクリアケース

商品名 カード収納ソフトシリコンクリアケース
イメージ
ケースの形 ケース型(背面収納)
価格(税込) 1,270円
対応機種 ・iphone-6/6S
・iphone-7/8
・iphone-7Plus/8Plus
・iphone-X/XS
・iphone-XR
・iPhone-XS-MAX
・iphone-11
・iPhone-PRO/PRO-MAX
URL 詳細はこちら

こちらは「ケース型」でありながら、背面収納でICカードなどを入れることが出来ます。本体の外側のPC(ポリカーボネート)+内部は柔軟性の高いTPU(熱可塑性ウレタン)素材で衝撃吸収性にも優れているため、傷を防止しながら、スタイリッシュさも維持してくれる優れもの。

iPhoneの対応機種も6からとかなり幅広いほうで、本体色を活かせるクリスタルや仕事用にもふさわしい落ち着きのあるブラックの他、選ぶのも楽しい4種のキャンディーカラーを展開。

手帳型 透明薄型TPUカバーケース

商品名 透明薄型TPUカバーケース
イメージ
ケースの形 手帳型
価格(税込) 1,300円
対応機種 ・iPhone-7/8
・iPhone-X/XS
・iPhone-XR
・iPhone-XS MAX
URL 詳細はこちら

なんと背面はクリアなTPU素材!一見手帳型ケースとは思えない新感覚が魅力的な「手帳型」ケースです。どうなっているのかマジマジと見てしまいたくなる構造は、トレンド感を重視したいオシャレ女子必見。

ケースのバンパー部分には高級感のあるメタリックがあしらわれ、端末の固定部分は柔らかなTPU(熱可塑性ウレタン)を使用、柔らかくも衝撃に強く、内側にはICカードなどの標準サイズが1枚入るポケットがついています。カラーは鮮やかなブルーに落ち着いたシルバーグレー、大人味溢れるワインレッドなど全6色を展開。

ケース型 レオパードiPhoneケース

商品名 レオパードiPhoneケース
イメージ
ケースの形 ケース型
価格(税込) 1,480円
対応機種 ・iPhone-7/8
・iPhone-7Plus/8Plus
・iPhone-X/XS
・iPhone-XR
・iPhone-XS-MAX
・iphone-11
・iPhone-PRO/PRO-MAX
URL 詳細はこちら

ハンドベルト付きのため、より落下しにくく持ちやすい「ケース型」の可愛らしいリング付きケース。ケース型特有の、綺麗な発色が美しいレオパード柄にも注目です。

ボタン部分もすっぽりと覆っていながら、画面や操作を邪魔しないようにデザインされています。対応機種はiPhone7をはじめかなり幅広く、カラーは個性的なゴールド・ピンク・シルバーの3色を展開。

手帳型 マルチショルダーバッグスマホケース

商品名 マルチショルダーバッグスマホケース
イメージ
ケースの形 手帳型
価格(税込) 2,900円
対応機種 ・iPhone-7/8
・iPhone-XR
・iPhone-11
※6.5インチ以下のスマホに対応
URL 詳細はこちら

お財布と完全に一体化させたい人におすすめの「手帳型」ケースです。付属のショルダーベルトを切り替えれば、メッセンジャースタイルやウォレットスタイルに早変わり!表面にはPUレザー(ポリウレタン合皮レザー)を使用しているため、汚れてもサッとふき取りが可能。

バッグ背面のファスナー付きポケットには小銭や鍵など、広げればお札も収納可能でまさにお財布要らず。カード収納もたっぷり有り、ブラック・オレンジ・グリーンのシンプルなカラー展開はコーデを選びません。

ケース型 グラデーション強化ガラスiPhoneケース

商品名 グラデーション強化ガラスiPhoneケース
イメージ
ケースの形 ケース型(バンパー)
価格(税込) 999円
対応機種 ・iPhone-7/8
・iPhone-X/XS
・iPhone-XR
・iPhone-XS MAX
URL 詳細はこちら

背面に強化ガラス+側面にTPU素材を使用し結合させることで、スタイリッシュな薄さと軽さを実現した、全面を覆うような「ケース型(バンパー)」ハイブリットケース。もちろんガラス製表面プレートの上から操作は可能、ストラップホールも有り。

この価格でもしっかりとした耐久性能があり、グラデーション発色による高級感が美しく、強度とデザインも重視したい人におすすめのケース。iPhoneの対応機種も多く、5色の美しいグラデーションカラーを展開。

ケース型 アルミバンパー両面強化ガラスケース

商品名 アルミバンパー両面強化ガラスケース
イメージ
ケースの形 ケース型(バンパー型)
価格(税込) 1,580円
対応機種 ・iPhone-11
・iPhone-11 Pro
・iPhone-11 MAX
URL 詳細はこちら

強化マグネットで1秒装着可能、アルミメタルフレームがスタイリッシュな360°全面保護OKの「ケース型(バンパー型)」ハイブリットケース。ケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能で、もちろんガラス製表面プレートの上からも操作が可能。

iPhone11シリーズをメインに作られているため機種は限定されるものの、バンパー部分のカラーはゴールド・シルバー・ブラック・レッド・グリーン・ブルー・レッドと大変豊富になっています。

スマホリング型 リングベルトiPhoneケース

商品名 リングベルトiPhoneケース
イメージ
ケースの形 スマホリング型(リングベルト)
価格(税込) 1,500円
対応機種 ・iPhone-7Plus/8Plus
・iPhone-XS
・iPhone-XR
URL 詳細はこちら

リングベルトは、スマホリング(バンカーリング)のような安定感を持ちながら操作が出来るケースのひとつ。スマホリングに比べて薄くかさばらないのが特徴ながら、スタンド的な使い方は出来ません。

美しいマーブルの大理石柄がSNSで評判となり、特に本物のような発色のホワイトマーブル・ブラックマーブルが人気。ビビットカラーのブラックとレッドもあり、全体的なスタイリッシュさが目を引きます。

スマホリング型 リングホルダー付きハードケース

商品名 リングホルダー付きハードケース 
イメージ
ケースの型 スマホリング型
価格(税込) 1,850円
対応機種 iPhone XR
URL 詳細はこちら

こちらは後付けではなく、PC(ポリカーボネート)素材のハードケースとスマホリングがくっついているタイプのスマホケース。リングホルダーは360度回転し、スタンドとしても使用可能。内側はTPU素材で衝撃を吸収、落下防止にこだわりストラップホールもついています。

スタイリッシュなメカニカルデザインは仕事用のスマホでも使えるほか、ケースが充電やボタン操作を邪魔しません。対応機種はXRのみですが、カラーはレッド・シルバー・ブラック・ピンクの4種類から選べます。

自分にとって「使いやすい」ケースを見つけよう!

スマホケースは何かひとつ、まずは試してみないと自分なりの「使いやすさ」が見つけにくいものです。まずは対応機種が豊富で、安価なものからお試しにしてみるなど、すでに使っている周囲のおすすめ意見も取り入れながら、スマホケース探しを是非楽しんでみてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *