スマホケースの選び方を徹底解説!手帳型やバンパー型など型別のポイントも紹介

長く愛用できるスマホケースを選ぶには

スマホケースは普段から持ち歩くことが多いため、長く愛用できるお気に入りのものを選びたいものです。しかし、いざ購入しようと思うと、種類が多くて一体どれを選べばよいのか分からないという経験がある人も多いのではないでしょうか?今回は、スマホケースを選ぶときに何を基準として選んでいるのかを知るため、100名の人にアンケート調査をおこないました。

アンケートの結果、全体の4割近くの人が「デザインで悩む」と回答しています。スマホケースは人目につくことも多く、ファッションの一部として考えている人もいるため、納得のいくデザインのものを探すのは一苦労のようです。

「デザイン」の他にも、「機能性」「サイズ」「ケースの形」「素材」と様々な回答がありました。スマホケースを選ぶ上で重視するポイントは、人によってそれぞれ異なるようです。

スマホケースの選び方

スマホケースはたくさんの種類があるため、自分の中で「ここだけは譲れない」というポイントをいくつかまとめておくと、スムーズにお気に入りのものを見つけることができるでしょう。アンケート結果をもとに、「サイズ」「素材」「デザイン」「機能性」「ケースの形」の5つにポイントを絞って、スマホケースの選び方を解説していきます。ぜひスマホケース選びの参考にしてみてください。

1.スマホケースのサイズで選ぶ

アンケート結果によると、「スマホケースのサイズ選びで悩む」と答えた方は15%おり、「間違えて買ってしまった苦い経験があるから」「サイズを間違うと微妙にカメラ位置に被ったり、USBコネクタに被ったりすることがある」といった口コミが目立ちました。

自分の持っているスマホの専用ケースを購入すれば、問題なく使用することができます。しかし、「古い機種のためケースが販売されていない」「専用ケースの種類が少なく欲しいケースがない」という場合は、専用ケース以外のものを購入しなくてはなりません。

専用ケース以外を購入する際は、スマホが何インチかを確認してそれに合うケースを購入しましょう。ただし、同じサイズであってもiPhone6sとiphone7のように、カメラの位置や形、イヤホンジャックの有無が異なると同じケースを使用することができません。自分の持っているスマホはどのスマホケースなら使用できるのか、購入前にきちんと確認しておきましょう。

2.素材から選ぶ

アンケート結果によると、「スマホケースの素材選びで悩む」と答えた方は11%おり、「素材によっては、すぐに端がボロボロになるケースがある」「長く使いたいので、しっかりした素材を選びたい」といった口コミが目立ちました。

素材 特徴
シリコン
  • 弾力性がありフィット感が良い。クッション性も高いため落下時の衝撃を吸収してくれる。
  • 劣化しやすく、汚れが付着しやすい
プラスチック
(ポリカーボネート)
  • 衝撃に強く、耐熱性が高い。価格がリーズナブルのものが多い。
  • 素材が固めであるため、落とした際にスマホは無事でもケースが割れてしまう可能性が高い
TPU
  • シリコン素材とプラスチック素材の特徴を合わせ持つ素材。弾力性があり衝撃に強く、ケース自体も割れにくい。
  • 耐熱性が低いため、高温の場所に置いておくと変形する可能性がある。

レザー
(本革)

  • 手触りが良く高級感があり、劣化しにくく長く使用するほど味わいがでる。
  • 価格が高め。水に弱く、定期的に革の手入れが必要
PU
(合成皮革)
  • 本革と比べると安価で、水に強く汚れても手入れがしやすい。
  • 劣化しやすく、長く使用すると革がボロボロになってしまうものが多い。
アルミ
  • スタイリッシュな印象。高い強度を誇り、耐衝撃性や耐久性にも優れている
  • 高価なものが多い。金属加工が必要で重くなりやすく装着が面倒な場合もある。

素材によってメリット・デメリットが異なります。「どんな手触りのものが好みか」「長く使い続けたいか」など、自分が欲しいスマホケースに合わせて素材にまでこだわると、お気に入りのスマホケースを見つけることができるでしょう。

3.デザイン重視で選ぶ

アンケート結果によると、「スマホケースのデザインで悩む」と答えた方は38%おり、「毎日使うものだし、自分の気に入ったデザインを選びたい」「目移りしてどのデザインにしようか悩む」「オシャレに見られたい」といった口コミが目立ちました。

毎日持ち歩き人目に触れる機会も多いスマホケースは、持っている人の印象を左右するといっても良いでしょう。そのため、職場で使用する際はシンプルなデザインのもの、プライベートではポップなデザインにものといったように、スマホケースを複数用意しておくのもおすすめです。

4.機能や使いやすさで選ぶ

アンケート結果によると、「スマホケースの機能性で悩む」と答えた方は19%おり、「カードの入る枚数など、機能が充実しているものを選びたい」「よくスマホを落下させてしまうため、どれ程の衝撃に耐えられるかが気になる」といった口コミが目立ちました。

機能 特徴
落下防止 落下を防ぐ機能。スマホを操作中に指をかけられるスマホリングや、手首に通して落下を防ぐストラップやバンドなどがある。
カード収納 手帳型に多い機能で、ICカードなどを収納できる。磁気エラーでカードが使えなくなってしまうことがあるため、干渉エラー保護シート付きのものを選ぶと良い。
画面割れ防止 衝撃吸収性に優れており、落としても画面が割れにくい。ケースの縁が高く画面が地面に触れにくいものや、360度全面保護できる両面ケースのものなどがある。
防水・防塵 水滴や塵・埃がスマホに入らないよう防ぐ。防水や防塵のレベルは、ある程度防げるものから完全に防ぐいでくれるものまで様々なため、保護等級を示すIPコードを確認すると良い。

スマホケースを選ぶ際は、自分のライフスタイルに合う機能を搭載しているものを選ぶというのも大切です。例えば、スマホを落としてしまうことが多い人は「落下防止機能や画面割れ防止機能の付いたケース」、登山やキャンプなどアウトドアな趣味が多い人は「防水・防塵機能の付いたケース」などを選ぶと良いでしょう。

防水・防塵機能のレベルは、「IPコード」によって保護等級が表示されています。防塵等級は6段階、防水等級は8段階に分かれており、どちらも数字が大きいほど保護力も高いです。完全防水・防塵機能のものはそれなりに高価なため、自分の生活に必要な保護等級を事前にチェックしておくと良いでしょう。

5.ケースの型で選ぶ

アンケート結果によると、「スマホケースの形で悩む」と答えた方は11%おり、「普段スマホを使う際に、邪魔や手間にならないものを選びたい」「どの型も一長一短あり、どれが自分に合うか分からない」といった口コミが目立ちました。

スマホケースは、ケースの型によって特徴やメリット・デメリット、選ぶ際のポイントが異なります。ここからは、「カバー型」「手帳型」「バンパー型」「全機種対応ケース」「スマホリング」に分けてそれぞれ紹介していきます。

選択肢が豊富!カバー(ケース)型スマホケース

カバー型スマホケースは、手ごろな価格で購入できるものが多くデザインが豊富なため、多くの人に利用されているスマホケースです。ケースが付いているのは背面のみですが、衝撃吸収性の高い素材で作られていたり、縁の部分が高くなっていたりと、きちんと画面を保護してくれるものもあります。

ただし、かさばらずに持ち歩くことができる一方で、収納性がないなど機能面では劣っているものも多いです。安価なものは割れやすい場合もあるため、ケースの選び方が重要になります。

カバー型スマホケースの選び方
  • ハードケースかソフトケースかで選ぶ
  • 素材や機能をチェックする


カバー型スマホケースは、大きく分けると「ハードケース」と「ソフトケース」に分かれます。「ハードケース」は軽くて薄いため持ち運びやすいですが、手から滑りやすく落とすとひびが入ってしまうこともあります。「ソフトケース」は柔らかく防御性に優れていますが、かさばるものが多かったり汚れが付着しやすいといったデメリットがあります。

カバー型スマホケースはとにかく種類が豊富です。中には「カード収納機能が付いているケース」や「画面保護力に優れたケース」もあります。似たようなデザインでも素材や機能が異なるケースなどもあるため、きちんとチェックして選ぶと良いでしょう。

収納重視なら!手帳型スマホケース

手帳型スマホケースは、前面ガラスまで保護することができ、カード収納や鏡付きなど機能が充実したものが多いため人気のケースです。ただし、両面保護のためかさばるケースが多く、長時間使用すると熱がこもりやすいなどのデメリットもあります。

手帳型スマホケースの選び方
  • カードの収納枚数やその他の機能で選ぶ
  • 本革か合成皮革かで選ぶ
  • 右利きは左開き、左利きは右開きのケースを選ぶ
  • マグネット使用のカバーはカード磁気を壊すことがあるため注意

手帳型スマホケースを選ぶ際は、「カードは何枚収納可能か」や「卓上スタンドとして使用できるか」など、自分のライフスタイルに合わせて機能を確認しましょう。最近ではキーケースや小銭入れなどが付いているケースもあり、財布代わりに使用できるケースもあります。

ま素材はレザーが使用されている場合が多いですが、本革か合成皮革かで特徴が大きく異なります。高価で長持ちする一方で水に弱く手入れが必要な「本革」、安価で水に強いが耐久性が低く劣化しやすい「合成皮革」、どちらの素材にするかも選ぶ上で大切なポイントです。

マグネットを使用しているカバーは、カード磁気を壊してしまう可能性があります。マグネットを使用していないケースや、干渉エラー保護シート付きのものを選ぶと良いでしょう。

シンプルが1番!バンパー型スマホケース

バンパー型スマホケースとは、背面や画面は覆わずにスマホの側面のみを取り囲んで保護するケースのことです。本体が覆われていないことから長時間利用しても熱くなるのを防ぐことができ、ヘビーユーザーやゲーマーから人気があります。ただし、「装着が面倒なものが多」「本体に傷がついてしまう」といったデメリットもあります。

バンパー型スマホケースの選び方
  • 装着方法や装着具合に注意して選ぶ
  • 放熱効果の高いものが良いならアルミ素材を選ぶ

バンパー型スマホケースには「ソフトタイプ」と「ハードタイプ」があり、装着方法がそれぞれ異なります。「ソフトタイプ」はほとんどが伸ばして装着するタイプのため簡単に装着することができますが、「ハードタイプ」にはネジで留めるものや金具で留めるものなどがあり、付け外しが難しいものもあります。

また、バンパー型スマホケースは他のケースに比べると放熱効果が高いですが、より効果を高めたい場合は素材にまでこだわると良いでしょう。アルミ素材であれば、さらに放熱効果を期待できるためおすすめです。

アンドロイドでもOK!全機種対応ケース

全機種対応ケースであれば、機種にこだわらず装着できるものが多いです。自分の使っているスマホの専用ケースが少なくて納得のいくケースが見つからない場合は、全機種対応ケースからも探してみると良いでしょう。ただし、「装着できるサイズが決まっている」「カメラホールの位置が合わない」といったように全てが装着できるわけではないため、購入の際には注意が必要です。

全機種対応ケースの選び方
  • 粘着シートや吸盤式の場合はきちんと接着するか確認する
  • カメラ機能の使い勝手で選ぶ

全機種対応ケースを選ぶ際は、ケースからスマホが外れてしまわないよう、自分の持っているスマホにきちんと接着するかを確認しましょう。粘着シートや吸盤などでスマホと接着させるケースは、スマホの素材によってはうまく装着できない場合もあります。

スマホカメラを頻繁に利用する方は、カメラ機能の使い勝手に問題はないか確認することも大切です。また、カメラホールをスマホに合わせて後から空けるケースの場合は、デザインとカメラホールの位置が被ってしまうことがあります。アラカジメカメラホールの位置をイメージして購入するようにしましょう。

スタイリッシュ重視なら!スマホリング

スマホリングとは、スマホの背面に装着するリングのことです。スマホを操作する際にリングに指を通すことで、安定感が増しスマホの落下を防いでくれます。スマホリングには、スマホに直接取り付けるタイプと、スマホケースにリングが付いているタイプがあります。

スマホリングの選び方
  • 耐荷重量を確認する
  • 接着が良くはがれにくいものを選ぶ

スマホリングを選ぶ際は、リングがスマホの重さに耐えきれず剥がれてしまうことがないよう、まずリングの耐荷重量を確認しましょう。スマホであれば問題なく使用できるものがほとんどですが、タブレットに使用したい場合はリングの耐荷重量をオーバーしてしまうことがあるため注意してください。

スマホリングは、特殊なジェルパッドやシールなどを使って接着させます。そのため、つるつるとした平らな背面でなくては上手く接着しない場合が多いです。今使用しているスマホケースにリングを付けたい場合は、リングとケースが接着しやすい素材かどうかも確認しておきましょう。

6.オリジナリティが欲しいなら!オーダーメイドケース

「他の人と同じスマホケースは持ちたくない」「市販のケースに好きなデザインがない」という人には、自分でデザインできるオーダーメイドスマホケースがおすすめです。オーダーメイドと聞くと「費用が高くつきそう」「面倒くさそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実はリーズナブルな価格で簡単に作成できるネットサービスもあります。

まず、スマホケースの作成業者を選ぶ際は、写真をきれいにスマホケースに印刷できる印刷技術があるか見極めることが大切です。業者のホームページに印刷方式がきちんと記載されているか口コミの評判はどうかなどをチェックすると良いでしょう。

スマホケースの作成は、ネットで注文から仕上がりまで完結できるサービスが多いです。しかし便利な一方で、注文がうまく伝わらず、完成してから「思っていたデザインにならなかった」といった失敗もあります。業者を選ぶ際は、完成前に仕上がりイメージを共有してもらえるかどうか確認しておくと失敗を防ぐことができるでしょう。

また、お気に入りのスマホケースを作成するためには、「量産型」よりも「受注生産型」の業者がおすすめです。「受注生産型」であれば細かい注文にも個別に対応してもらえるため、より理想のケースを制作することができるでしょう。

項目 Tipo PLAZA
イメージ
価格 1,100円
送料 全国一律無料
購入サイト 詳細はこちら

Tipo PLAZAは、お気に入りの写真をケースに印刷して、オリジナルスマホケースを作成することができるサービスです。プリントしたい写真をTipo PLAZAにメールで送り、デザインテンプレートの中からフレームやケースカラーを選ぶだけで簡単に作成することができるため、オリジナルグッズを初めて作る方にもおすすめです。

スマホケースの耐久性を上げるためにコーティングを施してもらえるため、印刷が薄れることなくきれいな状態が長続きします。注文はオンライン上で完結でき、価格も1,080円とリーズナブルです。

おすすめのスマホケース3選

スマホケースの中には、素材にもデザインにもこだわって作られたケースなど、複数の機能を合わせ持つ便利なケースが存在します。「あれもこれもこだわって選びたい!」「絶対にケース選びを失敗したくない!」という人のためにおすすめのスマホケースを3つ厳選しました。ぜひスマホケース選びの参考にしてみてください。

ストラップ&カード収納つき手帳型ケース

項目 ストラップ&カード収納つき手帳型ケース
イメージ
ケースの形 手帳型
価格 1,600円
対応機種 PhoneXSmax/XR/X/XS/8Plus/7Plus/6Plus/8/7/6
URL 詳細はこちら

「ストラップ&カード収納つき手帳型ケース」は、機能が充実しておりデザイン性にも優れたおすすめのスマホケースです。4枚のカードを収納できるカードホルダーに加えてポケットも付いています。また、ストラップも付いているため、スマホ操作中の落下防止にもなるでしょう。

落ち着いたシンプルなチェック柄のデザインは、ファッションにも合わせやすく、大人の女性からも人気があります。素材は水に強い合成皮革が使用されているため、汚れても手入れがしやすく使い勝手が良いでしょう。

中見出し:スマホリングホルダー付きケース

項目 スマホリングホルダー付きケース
イメージ
ケースの形 スマホリング
価格 1,833円
対応機種 iPhone XS/X
URL 詳細はこちら

「スマホリングホルダー付きケース」は、スタイリッシュでメカニカルなデザインが印象的なスマホケースです。シンプルなスマホケースですが、落下防止用のリングが付いていたり、スタンド機能も使えたりと機能面は充実しています。

また、しっかりと保護したい背面にはプラスチック素材、着脱時など柔らかさが必要な側面にはTPU素材といったように、場所ごとに適した素材を使い分けているのも魅力です。カラーが豊富なため、デザインにもこだわりたいという人でも満足してもらえるでしょう。

中見出し:アルミバンパー両面ガラスケース

項目 アルミバンパー両面ガラスケース
イメージ
ケースの形 バンパー型
価格 1,390円
対応機種 iPhoneXR/XS/X/XS-MAX/7plus/8plus/7/8
URL 詳細はこちら

「アルミバンパー両面ガラスケース」は、360度完全にスマホを保護できるスマホケースです。スマホを落下させてしまうことが多い人や、絶対に液晶を割りたくない人は使ってみると良いでしょう。またバンパー型になっているため、iphone本体の美しさを楽しみたいという人にもおすすめです。

側面には熱を逃がしやすいアルミ素材のメタルフレーム背面には強化ガラス表面には9Hガラスが使用されています。9Hガラスの「9H」というのは硬度を表しており、鉛筆に使われている「2H」などの表記と同じものです。「H」の前の数字が大きいほど、硬いということを表しています。つまり9Hガラスとは、9Hの鉛筆で表面をひっかいても傷が付かないガラスのことで、硬度はかなり高いため安心して使用することができるでしょう。

スマホケースの価値は「傷防止」だけではない

スマホケースといえば、スマホを傷や汚れから保護するめに使用するものでしたが、最近では様々な機能を搭載しているスマホケースが増え、その用途は多種多様になっています。完全防水のスマホケースを利用すれば水中の中を撮影することが可能になったり、カードや小銭入れの付いたスマホケースを利用すればお財布の代わりになったりと、他にもスマホケースには便利な使い方がたくさんあります。

また、今後もスマホケースは新しい機能やデザインのものが増え、どんどん便利になることでしょう。今使用しているスマホケースよりも、さらに自分のライフスタイルに合うスマホケースが見つかるかもしれませんよ。

将来的に実現できるかも?!スマホユーザーの心の声

スマホユーザーの人に「スマホケースにどんな機能が搭載されていたら便利になりそうですか?」という質問でアンケートを調査してみました。スマホユーザーの声は以下の通りです。

よりコンパクトに持ち歩くことが可能になる「折り畳み機能」衛生面での不安を解消してくれる「殺菌効果機能」などの機能も望まれているようです。また、上記以外にも「発電機能がついている」「ポータブル充電器一体型」といった回答から、充電機能を搭載したケースを望む声が多いということが分かりました。スマホケースで充電が可能になれば、いつでも充電を気にせずにスマホを利用することができますね。

ケースごとの特徴を理解してお気に入りのスマホケースを選ぼう

何を基準にしてスマホケースを選ぶかは、その人の好みやライフスタイルによって様々です。「デザイン重視でカード収納機能が付いたケース」「スタイリッシュで機能性の高いケース」といったように、譲れないポイント優先順位を決めておくとスムーズにスマホケースを選ぶことができます。

また、素材ごとのメリット・デメリットケースの形それぞれの特徴をきちんと理解しておくことも大切です。より使いやすく、自分に合うお気に入りのスマホケースを見つけるために、新しい情報もチェックしておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *