スマホカバーって本当に必要?付ける派と付けない派の意見を紹介!

スマホカバーが必要な理由

現代の必需品であるスマートフォン。そしてそれに装着するスマホカバーはスマホと同時に購入する方が多く、必要不可欠なアイテムとして人気があります。では、多くの人は何故、スマホカバーを必要とするのでしょうか?

理由
  • 傷防止
  • オリジナリティ

一番は傷防止としてスマホカバーを付ける方が多いです。そもそもスマホの外装は多少は耐久性があります。しかし、長く使っているうちに落としてしまったり、擦れ傷がついてしまう場合もあるからです。特に液晶部分は構造上、落としてしまった場合に割れてしまうこともあります。

また、傷防止の次にスマホカバーを必要とする理由としては、自分の個性を表現するためです。自分のスマホに個性を持たせたい方や持ち物にこだわりたい方は、おしゃれなスマホカバーを求めている傾向があります。特に近年では、おしゃれの一環としてデザインにこだわる人も増えてきました。

今回はそんなスマホカバーに注目して、スマホカバーを付けるメリットやデメリット、さらにおすすめの人気スマホカバーまでご紹介していきます。個性を重視したものから、耐久性を重視したスマホカバーまで、様々なものをご紹介しています。ぜひ、購入や買い替えをご検討中の方はご参考にご覧ください。

あなたはスマホカバーを付ける派?つけない派?

スマホを持っている方に実際に「スマホカバーを付ける派?付けない派?」というアンケートを取ったところ、スマホを持つ約99%の方がスマホカバーを付ける派だと回答しました。ほとんどの方がスマホを買ったら、スマホカバーを付けるというのが一般的だということがわかります。では、スマホカバーを付ける方とそうでない方、それぞれはどんな理由から選んだのでしょうか?

付ける派と付けない派の方のそれぞれの意見を集めました。

付ける派の意見

付ける派の多くの方はやはり、傷防止や落下防止など、スマホを保護する役割でスマホカバーを付けるという意見が多くみられました。中にはスマホの買い替えなどで売却する際に傷が付いていないほうが高値で売れるからと考えている方や、スマホを落としたくないから滑り止め防止として使用しているという方もいました。

また、それと同時にケースでファッションとしてを楽しみたいなど、個性の表現としてスマホカバーを付けているという意見もみられました。おしゃれなケースで気分転換したり、毎日の服のようにスマホケースを変えて楽しむという方もいらっしゃるようです。さらにイベントによってスマホケースを変えるという方もおり、ファッションの一つとしてスマホケースが受け入れられていることがわかります。また、スマホ自体が人前で出すことが多いアイテムなので、さりげないおしゃれは目を引きます。

付けない派の意見

付けない派の方の多くの理由としては至ってシンプルで、スマホのそのもののデザインを好んでおり、何も付けずに持ちたいという意見でした。スマホ自体、各メーカーがこだわったフォルムやカラーでデザインされているため、「そのまま使いたい」という方も少なからずいらっしゃるようです。特にスマートなデザインを好きな方には、むき身のシンプルなスマホのほうが好まれています。

また、スマホ自体にはアルミやスチール、強化ガラスなどで様々な素材を組み合わせて耐久力を持たせているため、あくまでも絶対にスマホカバーを付けなければいけないというわけではありません。そのため、スマホ自体のデザインが気に入っている方はカバーを付けないという選択をすることは可能です。

iPhoneはなぜ割れやすい?

スマホの中でも人気があるiPhoneですが、「iPhoneの画面は割れやすい」という意見も少なからずあるスマホでもあります。

そこで、iPhoneを修理した理由について実際にアンケートを取ってみました。すると、なんと約66%が液晶割れを原因に修理をしたということがわかりました。修理の原因の半分以上が液晶割れということは、iPhoneは耐久性面で弱点があり、割れやすいということがわかります。一見すると、他のスマホとの違いはわかりませんが、どこに弱点があるのでしょうか。

液晶部分の範囲が大きく薄い

まず、一番の理由として考えられるのは液晶画面の大きさです。iPhoneの液晶はより快適に使えるように、需要に合わせて徐々に大きくなってきました。例えばiPhone11の画面は6.5インチもあり、男性の手のひらにのせても大きめのサイズです。そのため、ぶつけたり、落としたりする面は必然的に大きくなってしまいます。面が大きいということは、ぶつけた際にダメージを受ける可能性も高くなり、破損の可能性が高いと言えます。

さらに、iPhoneのガラスの画面は薄めであることも原因として挙げられます。iPhoneの画面のガラスを薄さは重量やスマホ自体の薄さなどを改善した反面、耐久性は低くしてしまっています。これはiPhoneの快適さとデザイン性を追求したゆえの弱点とも言えます。

ガラスが丸みを帯びているため少しのヒビで割れてしまう

iPhoneのディスプレイとスクリーンが一体型のスマートなデザインは数多くの方に好まれていますが、そのデザインにも液晶割れの原因が隠れています。iPhoneは一体化するためにガラス自体に丸みが帯びています。しかし、この構造が逆に画面へのダメージの耐久性を下げてしまい、少しのヒビで液晶が割れる場合もあります。iPhone自体もその問題点を改善するため、さらに強い強化ガラスを採用するなど進化はしていますが、それでも液晶割れの可能性は捨てきれません。

スマホカバーのメリットとデメリット

ここまで、スマホカバーを付ける人の意見や破損などの可能性についてご紹介してきました。

次にスマホカバーのメリットとデメリットをご紹介していきます。ここまで読むと「スマホカバーを付けるべきかも」と思う方も少なからずいらっしゃるかもしれません。もちろん、スマホカバーを付けることによって得れるメリットも大きくあります。ただし、それと同時にデメリットもあります。具体的にどんなものが挙げられるか見ていきましょう。

メリット

スマホカバーを付けることによって得れるメリットはスマホの保護はもちろん、おしゃれを楽しめることも挙げられます。最初にご紹介しましたが、スマホカバーはファッションのように付け替えて楽しめるアイテムです。名画デザインのスマホカバーから、作家物のデザインなど様々なデザインを、その時々の気分で楽しむことができます。

また、おしゃれでさらに機能性が高いスマホカバーであれば、使い勝手も良く便利なアイテムとして活躍します。例えば「手帳型スマホケース」と呼ばれるものはカードを収納することができたり、鏡が付いていたりと機能性が高いスマホカバーです。特に鏡が付いているものは、エチケットや化粧直しなど何かと便利です。また、持ち物を少なくしたい方や、スマホを持って手軽に出歩きたい方など、ミニマリストの方に向いていると言えます。

デメリット

デメリットは単純ですが、スマホを分厚くしてしまったり、重量を重くしてしまう点です。表面に装飾がないデザインのみのスマホカバーなら、その多くがなるべく軽く薄く作られてはいますが、多少の重さと厚さは変わってしまいます。たった数g、数mの差とは言え、手に持つものなので持った感触はかなり変化してきてしまいます。

また、次に留意しなければいけないのはスマホの発熱です。スマホは多くのプログラムを動かし、通信しているため、

  • 重いファイルやアプリを開いている
  • 複数のプログラムを同時に開いている
  • 充電しながら動かしている

など条件が重なると、スマホの負荷が上がり、発熱してしまうことがあります。スマホ自体は高熱になりすぎないよう、熱を外に逃がすよう設計されています。しかし、この熱がスマホカバーを付けていることによって、逃げにくくなる場合もあるのです。スマホが高温になるということは、最悪の場合、オーバーヒートでスマホを痛めてしまう可能性や、電池の破損の可能性もあります。

カバーを付ける方はもちろんのこと、そうでない方もスマホの発熱には十分注意しておきましょう。

用途別!おすすめのiPhoneケース

スマホカバーのメリットやデメリットをご理解頂いたところで、ここからはおすすめ人気のiPhoneケースについてご紹介していきます。スマホカバーは形によって、用途や印象が異なるため、それぞれにメリットがあります。表と解説で詳しく解説しているので、ぜひ参考にご活用ください

ご自身のライフスタイルに合うタイプのスマホカバーを選んでみましょう。

オリジナリティを出したいならオリジナルスマホケース

商品名 オリジナルスマホケース
イメージ
価格 1,080円(税込)
URL 詳細はこちら

こちらの「オリジナルスマホケース」は、オーダーメイドタイプのiPhoneケースです。自身の好きな写真を加工して、オリジナルのスマホカバーを作ることができます。記念写真や愛犬・愛猫の写真など、スマホでもカメラでも撮影した写真なら、好きなものを高発色なフルカラープリントでスマホカバーに印刷します。

大きな特徴は、写真と入れたい枠や入れたい文字を選択すれば、合成をメーカーが行ってくれることです。カスタムの種類は多く、約30種類以上の枠から選択して、お好きな写真に文字と共に合成します。さらに納品前に完成イメージも提示してくれるため、失敗もなく安心して作ることできます。

また、美しく印刷した写真の保護のために仕上げにコーティング加工も施しています。コーティングも5種類用意しており、耐久性を高めながら、さりげないおしゃれを演出してくれます。

特別な写真を形に残したい方や自分のオリジナリティをスマホカバーで出したい方におすすめです。

傷防止に強いiPhoneケース

商品名 サイドカラーiPhoneケース
イメージ
価格(税込) 690円
対応機種 XS/XR/XSmax
URL 詳細はこちら

こちらの「サイドカラーiPhoneケース」は、シンプルでスマホ自体のデザインを楽しめるタイプです。素材は丈夫で柔軟性がありながら、軽いTPU素材で作られています。そのため、落としても衝撃に強く、重量も重くないのが特徴です。手に馴染みやすい質感と柔軟性も持つため、フィット感があり落としにくいため、液晶割れなどを防いでくれます。さらに、お手入れや着せ替えもしやすいというのもポイントです。

また、表面は無色透明ですがサイドカラーがアクセントになっており、6色のカラーから選ぶことができます。

手に馴染みやすいケースを好む方や、シンプルなデザインのスマホカバーを探している方におすすめです。

機能性抜群のiPhoneケース

商品名 手帳型スマホケース
イメージ
価格(税込) 2,580円
対応機種 X/XS/XR/XSmax
URL 詳細はこちら

こちらの「手帳型スマホケース」はポピュラーな手帳型の利点をシンプルに生かしたスマホケースです。手帳のように閉じることができるため、スマホをしっかりと保護してくれることが特徴です。

また、素材は撥水性や汚れに強くて、メンテナンスしやすいPUレザーを使用しており、見た目にも使い勝手にもこだわっています。手帳の内側にはICカードや名刺、お札などが収納可能なポケットが4つ付いています。さらに、手帳のカバーは折り曲げればスマホスタンドになるため、立て掛けて画面を見ることもでき、機能性は抜群です。

カラーはシンプルなカラーからカラフルなカラーまで6色展開になっています。シンプルかつ、機能性に富んだスマホケースが欲しい方におすすめです。

シンプルで薄いiPhoneケース

商品名 キラキラホログラムiPhoneケース
イメージ
価格(税込) 999円
対応機種 XS/X/XR/XSmax
URL 詳細はこちら

「キラキラホログラムiPhoneケース」は柔軟性と耐久性を両立したハイブリットスマホケースです。ホログラムが美しい見た目も特徴的ですが、側面と背面で二種類の素材を組み合わせていることが大きな特徴です。側面は落下などの衝撃に強いソフトTPC素材、背面は9Hの強化ガラスを使用しています。側面は保護しつつ、薄手で軽いという、お互いの素材のデメリットを補っているスマホケースです。

また、ベースは透明ですがホログラムが3種類あります。お好みの輝きを選ぶことができ、シンプルなスマホデザインを楽しみながら輝きを与えることができます。反射がないものもあるため、よりシンプルなものを好む方にはそちらもおすすめです。

iPhone前後をカバー!「見せて守る」スマホケース

商品名 両面ガラスiPhoneケース
イメージ
価格(税込) 1,390円
対応機種 XR/XS/X/XSmax/7/8/7Plus/8Plus
URL 詳細はこちら

「両面ガラスiPhoneケース」はiPhoneの両面をガラスで保護するスマホケースです。前面背面を全て、9Hガラス製表面プレートと強化ガラスバックプレートでしっかりとスマホを保護します。さらにアルミバンパーを使用し、ガラスの弱点である側面の耐久性も上げています。また、表面がガラスなため、樹脂製よりも透明度が高く、シンプルなスマホケースはデザインを邪魔しません。

カラーは側面のアルミバンパー部分のみバリエーションがあり、シンプルカラーからアクセントカラーまで5色を展開しています。

スマホを綺麗に見せながら、保護したいという方におすすめです。

スマホカバー以外にiPhoneを傷から守る方法

スマホを保護するためにスマホカバーを付けるのも良いですが、よりしっかりと傷を防ぎたいなら「画面フィルム」や「落下防止グッズ」もおすすめします。

「画面フィルム」は傷や衝撃を防ぎ、スマホの故障の大部分の液晶割れを防いでくれる効果があります。また、もし液晶割れが起きた場合もひび割れが広がるのを遅くしてくれる場合もあるため、付けていて損はありません。

また、「落下防止グッズ」も落下による液晶割れなどの故障を防ぐためにスマホを持ちやすくしてくれるアイテムです。スマホを落とすのが怖いという方におすすめのグッズです。

ガラスフィルム

商品名 フルカバーフィットガラスフィルム
イメージ
価格(税込) 850円
対応機種 X/XS/XR/11Promax/11Pro/11
URL 詳細はこちら

「フルカバーフィットガラスフィルム」は9Hの耐久性を持った、ガラスフィルムです。その名の通り、画面を一切邪魔しないフルカバーフィット感を重視し、画面の縁のラウンドにも綺麗にフィットすることが特徴です。

さらに、ガラスフィルムのため透明度に優れ、鮮明な映像を邪魔しません。また、表面加工を施されているため、汚れや脂にも強いため操作感もスムーズです。ガラスフィルムなため、お手入れも楽なのもポイントです。

特に画面の透明度を保ちながら、しっかりと画面を保護したい方におすすめです。

スマホリング

商品名 バンカーリングスタンド
イメージ

価格(税込) 500円
対応機種 全機種
URL 詳細はこちら

「バンカーリングスタンド」はスマホの背面につけて使う、スマホの落下防止グッズです。背面にある専用の接着テープでスマホを固定して使います。リングに指を通してスマホを持つことができるため、うっかりスマホを落としてしまうことを防いでくれます。さらに、リングの調整で縦横両用のスタンドとしても活用でき、機能性も充実しています。リングを使わない時は畳むことも可能です。

また、デザインにもこだわり、アルミの高級感ある素材と猫型のデザインがおしゃれでありながら可愛らしさも演出します。

スマホの落下による損傷を防ぎたい方におすすめのグッズです。

【おまけコンテンツ】スマホカバーを付けなかった1か月

スマホカバーをあえて付けない派の方は少なからずいますが、スマホカバーを付けないことによって、後悔した…という方もいるようです。おまけに今回はそんな方の体験談を解説と共にご紹介します。

まず1週間目は一番の破損原因である、液晶割れを防ぐために、扱いに神経を使っています。それは、スマホを手持ちすることはある程度のリスクがあるためです。路上のコンクリートなどに画面から落とした場合、画面が破損する可能性は非常に高くなります。また、室内でも固いフローリングや家具の角などが当たった場合など、ちょっとしたミスで液晶割れを起こしてしまうリスクを孕んでいます。そのため、抜き身だと使うだけでも神経を使うことになります。

2週間目では、うっかり落としてしまい、ついに肝を冷やす自体が起こってしまいます。スマホは持ち手が一切ないため、遅かれ早かれ誰でも一回は必ず落としてしまう時が来ます。それが故意でなくても、その一回で大損壊になる可能性も捨てきれません。絶対に落とさないと決意していても、危険性は付いてまわります。

3週間目にはポッケに入れたのを忘れて、危うくスマホを洗濯しそうになってしまいます。落とさないように大事にポッケにしまっておいたところ、あわや大惨事です。スマホを落とさないために神経を使うあまり、使わずにポッケに入れたままになっていたようです。スマホは生活を便利にするアイテムであるはずが、神経を使うあまり、本来の役割や果たせなくなってしまっています。

4週間目、ついにスマホカバーを付けようと決意しますが、その矢先に画面を割ってしまいます。じつはこれはよくある話で「さあカバーをつけよう」と思っていた矢先、画面を破損したという方は多くいらっしゃいます。スマホの修理の多くが液晶割れであることからもわかるように、スマホを落としてしまうというのはよくある事故だからです。

上記から「スマホをどう保護するか」ということはリスク計算もしつつ、早めに対策を行うことが重要であることがわかります。抜き身で使うことは、どうしても液晶割れの可能性が高くなるため、あまりおすすめできません。だからこそ、スマホを保護するためにカバーは大切なアイテムになってきます。買い替えを頻繫にしないスマホだからこそ、大事に使い続けられるようにしましょう。

スマホカバーの必要性を理解した上で選ぼう!

スマホカバーはスマホを守る役割を持っています。スマホを長く、綺麗な状態に保ちたいなら使うことがおすすめです。もちろん、すでにお伝えした通り、それぞれスマホケースは使い勝手などの違いがあります。ライフスタイルやファッション性の違いで悩む方も多くいると思います。その必要性を理解しつつ、自分で使いやすい、使ってみたいと思えるスマホカバーを選んでくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *