iPhoneケースの材質を解説|自分に合ったケースを選ぼう

iPhoneケースの材質の重要性とは?

iPhoneケースは色々な材質で作られています。例えば、市販されているiPhoneケースの多くは、ポリカーボネートというプラスチックでできています。また、人気の手帳型に多いのは本革や合皮です。そして、強度の高い金属でできているものも売られています。

材質が変わると、加工のしやすさが変わり、iPhoneケースの厚みが変わり重さに影響します。また、材質そのものの手触りも異なります。そして、材質によって強度も違います。そのため、iPhoneケースを選ぶときに機能を重視して選ぶなら、材質にこだわるとより衝撃に強いものや長持ちするiPhoneケースが選べます。

また、iPhoneケースは毎日手に取るものなので、触り心地がよいと愛着もわき、長く使い続けられるでしょう。このように、iPhoneケースには材質によってさまざまな特徴があります。iPhoneケースは多くの種類が販売されているので、材質を知れば、iPhoneケースを選ぶときの基準としても役立てられます。

材質を重視したことがある人は100人中73人

iPhoneケースは、材質によって変色がしやすかったり、破損しやすかったり、汚れやすかったりというデメリットがあります。ここでは、iPhoneケースを選ぶときに材質を重視するかどうかのアンケートの結果を見てみましょう。

「はい」と回答した人の意見

73%もの人がiPhoneケースを選ぶときに材質を重視しています。材質を重視してiPhoneケースを選ぶ人の中には、汚れがついたときに洗えるかを考えているため材質を気にしているようです。

iPhoneケースは水洗いできるものもありますが、材質によっては水洗や洗剤を避けるべき材質もあります。iPhoneが汚れたときに洗いたい人は、材質に注意すべきでしょう。

また、シリコン製のiPhoneケースは、その性質上、埃を吸着しやすいため避けているという人もいるようです。それに対して、シリコンのようなゴム製のiPhoneケースだと、しっかりとグリップできるため、落下での破損防止のために選ぶ人もいるようです。

そして、毎日使う物だから愛着を持って長く使い続けたいという人は、耐久性がある素材や手触りがよい素材を選んでいるようです。

「いいえ」と回答した人の意見

iPhoneケースは安価で売られているものもあり、その日の気分に合わせてつけ替える人もいます。いろいろな種類を持ってファッションの一部として楽しみたい人は、材質よりもデザインを重視しています。

少数いる材質を重視しない人の背景

iPhoneケースは百均でも売られており、簡単に手に入れられます。そのため、耐久性などは考えず、ケースが壊れたら、新しいデザインのものに買い替えるという人も少なくないでしょう。

また、価格重視で選ぶ人の中には、素材にこだわらない人もいるようです。

そして、少しでも気に入ったデザインのiPhoneケースを持ちたい人は、材質よりもデザインにこだわって選んでいるようです。

このように、材質を重視しない人は、材質よりもデザインや使用感、価格などを優先して選んでいます。

そもそも、材質を重視しない人は、iPhoneケースの材質にどのようなものがあるかを気にとめておらず、材質が変わったからといってどんなメリットやデメリットがあるのかを理解していない人が多いようです。

もちろん、デザインや機能性、価格などを考慮することも大事ですが、それに加えて材質の特性を知って選べると、より自分に合ったiPhoneケースを選ぶことができます。

材質ごとの特徴が分かれば考慮する?

材質を考慮せずにiPhoneケースを選ぶ人が一定数いる中、材質ごとの特徴が分かれば考慮するかとのアンケートを取ると、100人中99人が「はい」と答えています。

このアンケートを見る限り、ただ材質の特性を知らなかったからデザインなどを優先して選んでいただけで、材質の特性がわかれば、材質も考慮してiPhoneケースを選びたいと考えているようです。

そこで、次章からは、より自分に合ったiPhoneケースが選べるように、iPhoneケースに使用されている主な材質とその特性を紹介していきます。

iPhoneケースの材質は大きく分けて3種類

ハード ソフト レザー
  • ポリカーボネート
  • メタル
  • 木製
  • シリコン
  • TPU
  • 合皮
  • 本革

iPhoneケースの素材には、さまざまな種類があります。それぞれの種類にどのような特徴があるかを知ると、iPhoneケースを選ぶときに役立ちます。

1.ハードケース

ポリカーボネート(PC)

特徴
  • 軽い
  • デザインが豊富
  • 高い強度

店頭にはこのポリカーボネートでできたiPhoneケースが多く売られています。細かな文字や絵柄もくっきりと鮮やかに印刷ができるので、カラフルでデザインもさまざまなものが販売されています。

ガラスの約250倍もの強度を持つポリカーボネートは、iPhoneを衝撃から守ることができます。また、この材質には、加工しやすいという特徴があるので、薄くiPhoneにピッタリな軽いケースが作成できます。

ただし、日光に長くあてると黄ばみがでてくるので注意が必要です。また、薬剤にも弱くアルカリ剤や有機溶剤の使用はNGです。洗剤で洗ったり、接着剤を使用してデコるときには注意が必要です。

汚れたときは軽く水洗いするか、拭き取る程度が無難です。また、デコレーションするなら、接着剤はエポキシ系やウレタン系、シリコン系のものを使用するとよいでしょう。

軽量で操作がしやすいので、気に入ったデザインのものが見つかれば長く使い続けられそうです。また、硬い素材なので、自分でデコレーションを施すこともできます。

黄ばみが心配な人は日の下に放置せず、クリアな透明や薄い色を避けた方がよいでしょう。

メタル

特徴
  • 強度が高く、衝撃に強い
  • 高級感がある
  • 重い

スタイリッシュでクールな外観のメタル素材のiPhoneケースは、強度がほかの素材のiPhoneケースよりも高く、耐衝撃性に最も優れています。

金属の中でもアルミ素材のものが多く、強度が高いため耐久性にも優れています。ただし、ほかの素材よりも重さがあるのがデメリットです。長時間iPhoneを使う人は、手に負担を感じるかもしれません。

そして、アルミでiPhoneの背面も全て覆ってしまうと、電波が受信しにくくなる場合があるため、バンパータイプと呼ばれる側面だけのケースが多いようです。

このバンパータイプのケースは、一部がゴム製になっていてその部分を伸ばして脱着するものと、工具を使用してネジで固定するタイプがあります。

ネジタイプだと脱着に時間がかかるため、まめにをつけ替えたい人には向いていません。

スタイリッシュでシンプルなデザインが多いので、ファッションアイテムとしてiPhoneケースを探している人や耐衝撃性が強いiPhoneケースを探している人におすすめです。

また、劣化しにくい素材なので、長く使い続けられます。脱着方法を購入前に確認すれば快適に使用できそうです。

木製

特徴
  • 木目や木の色が美しい
  • 加工しやすい
  • 高級感がある

木製のiPhoneケースは、チェリーウッドやローズウッド、メイプルウッドなどで作られています。木目が美しく、温かみがあり、木のぬくもりが感じられるものが多いのが特徴です。

木でできているため、乾燥するとひび割れる可能性があります。また、湿気にも弱くカビが生えたり、変色したりすることがあるので注意が必要です。

木製のiPhoneケースは、ほかのハードタイプのケースに比べて柔らかく加工が施しやすく、光沢をだしたり、細かい柄を掘ったりすることができます。ただし、強い圧力がかかると割れることがあります。

スマホは熱を持ちすぎると動きに影響してしまいます。そのため、熱伝導しにくい木製はiPhoneケースによいでしょう。手触りもよく高級感あるデザインのものが多いため、おしゃれで使い心地のよいiPhoneケースを探している人にはおすすめです。

2.ソフトケース

ソフトケースなら柔らかい素材でできているので、脱着がしやすく、その柔らかさで落下時の衝撃を吸収できます。ただし、ソフトケースは変色や汚れ、薬品に弱いものもあるので注意が必要です。

シリコン

特徴
  • 滑りにくく、掴みやすい
  • 耐衝撃性が高い
  • 耐熱性・耐寒性・撥水性あり

シリコン素材のiPhoneケースには、かわいいキャラクターの形など、特徴的な形のケースが売られています。この素材は、やわらかい素材で立体的な加工がしやすいのが特徴です。

そして、最大の特徴は、滑りにくいため手から誤って落としてしまうことが少なくなる点です。

また、スマホ自体がシリコンで覆われており、その柔らかさから衝撃が吸収されやすく破損しにくいというメリットがあります。もちろん、柔らかいので脱着も容易にできます。

ただし、細かいゴミを吸着しやすく、鞄の中やポケットの中のゴミがくっつきやすいのがデメリットです。そして、ポケットなどから取り出す際には、摩擦が大きく取り出しにくい点が不便です。

200度以上の熱に耐える耐熱性があり、撥水性もあるのでアウトドアでも安心して使用できます。

かわいいキャラクターの立体的なiPhoneケースが欲しい人や、アウトドアによく出掛ける人にはぴったりです。

シリコン素材のは、柔らかく簡単に脱着できます。硬い素材だと、脱着の際にiPhone本体にキズをつけることもあるため、これは大きなメリットでしょう。重さのデメリットよりも、立体感のあるかわいいを探している人には最適です。ただし、色によっては汚れが目立つようなので、手入れが必要なものもあるようです。

TPU

特徴
  • シリコンよりも硬いが、弾力性あり
  • 加工や着色がしやすい
  • 薄く、軽い

TPUは熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタンと呼ばれる材質で、温めると柔らかくなり加工しやすくなります。そして、冷やすと硬くなるという特徴があります。

そのため、薄く成型することができ、ボタンホールの部分も薄いので操作性がよく、使用しやすいです。また、軽いため長時間iPhoneを使用しても、疲れることがありません。

ポリカーボネートよりも柔らかいので脱着も簡単で、比較的安価で購入できます。

硬さはありますが、柔軟性もあるので割れにくく、衝撃からもiPhoneを守ってくれます。

また、表面がツルツルして固いので印刷がしやすく、さまざまなデザインのが販売されています。

薄型で衝撃にも強く、それでいて柔らかいというポリカーボネートとシリコンのよい部分を活かした素材のiPhoneケースです。加熱で変形するので、熱源の側に置くのはやめた方がよいでしょう。

また、薬品で劣化する恐れがあるので注意が必要です。アルカリ剤や有機溶剤の使用は控えましょう。そして、日光で黄ばみが発生します。スマホを衝撃から守る強度と弾力性を持ちながら、柔軟性もあり着脱しやすいというバランスのとれた素材です。

3.レザー

手帳型のiPhoneケースを見ると合皮や本革でできたものが多く売られています。前面も覆われているため、よくスマホを落とす人には安心な形のiPhoneケースです。

合皮

特徴
  • 本革よりも安く購入できる
  • 弾力や柔軟性が高いので加工しやすい
  • 撥水性が高い

合皮のiPhoneケースは、手帳型のものが多く販売されています。本革と比較すると、価格が安く、撥水性にすぐれているという特徴があります。

メンテナンスも本革ほど必要なく、汚れた際には拭き取ることができます。

そして、フルカラー印刷ができるので、バリエーションが多いというメリットがあります。ただし、湿度が高い環境では、表面の印刷がはげることがあります。

スマホを使用する際、手触りにこだわる人は多いでしょう。そして、手帳型のタイプなら保持しやすく、落下の可能性も少なくなります。そして、前面が覆われているので液晶画面が割れるのを防げます。

本革

特徴
  • 価格が高い
  • 長持ちする
  • 柔軟性・弾力性がある

本革のiPhoneケースは、おしゃれなものも多く、ほかの素材のと比べると価格が高めに設定されています。

柔らかくしなやかな手触りで、使い続けることで深みのある色へと変化します。ただし、メンテナンスが必要で、カビが生えることもあります。主に手帳型のケースが多く、厚みがあり重さもあるので、軽くコンパクトなを好む人には向いていません。

インクジェットの印刷や型押し、箔押しなどで加工できますが、ポリカーボネートなどに比べると種類が少ないのがデメリットです。

本革は牛革や山羊革などが使われており、使い込むほど味が出て手になじみ、愛着がもてるのがよいところです。手帳型のケースはiPhoneの全面を守るのにも役立ちますが、カードや小銭を収納するポケットがついているもの、鏡がついているもの、スタンドになるものなど、機能性が高いiPhoneケースが多いのも特徴です。

材質ごとにおすすめのiPhoneケースを紹介!

ここでは、素材ごとにおすすめのiPhoneケースを紹介します。

ポリカーボネート素材

商品名 かわいい北欧柄のクリアケース
イメージ
価格 1,650円(税込)
対応機種 XS/XR/XS Max/11/11 Pro/11 Pro Max
URL 詳細はこちら

ポリカーボネート素材のハードタイプのiPhoneケースです。薄く、透明度の高いポリカーボネートを使用しています。iPhoneの本来のデザインを活かすことができ、薄く成型しているので、何もつけていないような使用感です。そのため、ケースをつけていても、ボタンが押しやすく操作性のよいのが特徴です。もちろん、写真の撮影も充電もそのままできます。シンプルでクリアなデザインは、飽きがこず長く使用できます。

シリコン素材

商品名 シンプル クリアソフトケース
イメージ
価格 990円(税込)
対応機種 11/11 Pro
URL 詳細はこちら

シリコン素材のクリアソフトケースです。透明でシンプルなiPhoneケースなので、iPhone自体のデザインを活かせます。折り曲げられるほど柔らかいので着脱も簡単です。そして、スマホ本体をすっぽりと覆うシェルタイプなので、iPhoneを落下などの衝撃から守ってくれます。iPhone 11、iPhone 11 Proに使用できるiPhoneケースです。

TPU素材

商品名 キラキラ輝くホログラムiPhoneケース
イメージ
価格 999円(税込)
対応機種 X/XR/XS/XS Max
URL 詳細はこちら

バンパー部分がTPU、背面がガラスでできたiPhoneケースです。背面部分はレインボーでキラキラと輝くホログラムになっています。おしゃれなiPhoneケースを探している人におすすめです。薄さ1mmなので、ケースを装着しても違和感なく使用できます。

なお、このiPhoneケースは、ワイヤレス充電に対応しています。カラーは、バンパー部分の色がレーザーピンク、レーザーブラック、レーザークリアの3色展開になっています。

合皮

商品名 13色展開 レザー手帳型ケース
イメージ
価格 990円(税込)
対応機種 XR
URL 詳細はこちら

全面が保護できる手帳型のiPhoneケースです。合皮でできていて、色を印刷しているわけではないので、印刷のずれや色あせがありません。ソフトな触り心地と豊富なカラーバリエーションで、幅広い年齢層で使用できます。ビビットカラーやパステルカラー、定番のブラックやネイビーもあります。

内部はソフトケースでできているので、着脱が簡単です。また、3つのカードポケットとサイドポケットが1ついていて、ICカードを入れるのにも最適です。そして、動画の視聴の際に便利なスタンド機能つきです。

本革

商品名 羊本革 8色展開 レザー手帳型ケース
イメージ
価格 2,600円(税込)
対応機種 XR
URL 詳細はこちら

きめ細かくやわらかで、しっとりと手に吸いつくような手触りが特徴のシープスキンを使用したiPhoneケースです。内側はハードケースがついているので、スマホをしっかりと固定できます。フラップがなく、マグネットが内蔵してあるタイプなので、開閉が簡単に行えます。

PCケースとフラップをなくすことで、厚さを7mmに抑え、重さも73gなので使いやすく、ポケットにもなんなく入ります。内側のカードポケット1つとスタンドの機能つきです。なお、カメラや各スイッチはケースを装着したまま使用できます。

素材の特性を知って自分にぴったりなケースを見つけよう!

それぞれの素材には、スマホ本体を守るための耐衝撃性が高いものや、デザイン性が高いもの、価格が安いものなどさまざまな特徴があります。スマホの材質の特性を知っていると、デザインで選ぶだけよりもより機能的に自分にぴったりと合ったiPhoneケースが選べます。iPhoneケースを選ぶときには、デザインと一緒に素材も考慮に入れながら、自分に合ったiPhoneケースを見つけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *