CATEGORY コラム

コラム

スマホケースの便利な使い方10選!ライフスタイルに合うケースを紹介

スマホケースの「使い方」とは? スマホケースの使い方は「傷の防止」だけではありません。例えばICカード付きのケースを購入し定期入れや財布と兼用している、手鏡が付属しているケースを使用しているなど様々です。しかし、「どんな使い方があるのか」を知らない人が多く、実際は選択肢の幅が狭くなっている可能性があります。 そこでこの記事では、多種多様なスマホケースの使い方をしている人にアンケート調査を行い、そのデータを元に傷の防止以外の用途を紹介していきます。自分のライフスタイルに合ったスマホケースの使い方を見つけてみましょう。 みんなのスマホケースの使い方は? グラフでは「ICカード入れ」「動画用スタンドとして」「防水の為に」という使い方が多く、次いで「財布代わりに」「プレゼントとして」などの使い方が続いています。今回のアンケートでは「スマートフォンを単なる傷や衝撃から守る」以外の使い方をしている人が多いという事が分かりました。 上記の一つの使い方に特化したケースもあれば、複数の使い方が可能となる多機能なケースもあります。それぞれの使い方別に詳しく見ていきましょう。 1.ICカード入れに使う アンケートでは「カードケースを持ち歩かなくていいので身軽」「カード類を財布から出す手間が省けた」などの声が多くありました。スマホケースとカードケースを兼用する事で、持ち歩く荷物を最低限に減らして身軽に行動出来るというメリットがあります。 中には「定期をパスケースに入れて使っていた時は紛失しやすかったが、スマホケースに収納して持ち歩くようになってからは失くさなくなった」という意見もありました。 カードケースと兼用のスマホケース 商品名 ICカード収納スマホケース     イメージ         ケースの形 手帳型 価格 1,300円(税込) 対応機種 iPhone 6/iPhoneXS Max URL 詳細はこちら こちらは手帳型ではありますが、クリアなTPU素材の背面にメタリックなバンパーが個性的なスマホケース。中を開くとICカードなどを入れられるポケットが付いています。スタイリッシュなデザインを損なわず、カード類も持ち歩きたいという人におすすめなスマホケースです。 2.動画用スマホスタンドとして使う 画面の大きな端末は動画などを視聴する際に見やすいですが、重さがネックになりがちです。アンケートでは「YouTubeなどの動画を見る時、長時間手に持ったままだと手が疲れてしまう」等の理由からスマホスタンドになるタイプのケースを使っているという意見が多くありました。 中には「両手が空くので楽だし、動画を見ながらメモを取る事も出来て便利」という声や、「安定した角度で動画を見る事が出来るので見やすい、集中出来る」といった声もありました。仕事などでビデオチャットを多く利用する、という人にもおすすめな使い方です。 スマホスタンドとして使えるケース 商品名 iPhoneXS Max 手帳カバー イメージ   ケースの形 手帳型 価格 2,800円(税込) 対応機種 iPhone 6/iPhoneXS Max URL 詳細はこちら 落ち着いた色合いと、手に馴染みやすいレザー調の素材が高級感を感じさせるスマホケース。背面部分を折り曲げると、スマホスタンドとして使う事が可能。長時間の動画視聴やビデオチャットなども、両手を使わずリラックスした状態で楽しめるスマホケースです。 3.防水のために使う 防水機能付きの端末もありますが、そうではない場合、大切なスマートフォンが濡れて故障してしまう危険があります。アンケートでは「入浴時にスマートフォンを気兼ねなく使えるようになった」「家事をしながら(濡れた手でも)使えて良い」といった声が多くありました。 最近はスマートフォン本体にぴったりと嵌め合わせるタイプの防水ケースも多く発売されています。こちらは入浴時だけではなく、普段使用としても違和感無く使えるデザインになっているのも嬉しいポイントです。 4.財布として使う…

コラム

スマホカバーって本当に必要?付ける派と付けない派の意見を紹介!

スマホカバーが必要な理由 現代の必需品であるスマートフォン。そしてそれに装着するスマホカバーはスマホと同時に購入する方が多く、必要不可欠なアイテムとして人気があります。では、多くの人は何故、スマホカバーを必要とするのでしょうか? 理由 傷防止 オリジナリティ 一番は傷防止としてスマホカバーを付ける方が多いです。そもそもスマホの外装は多少は耐久性があります。しかし、長く使っているうちに落としてしまったり、擦れ傷がついてしまう場合もあるからです。特に液晶部分は構造上、落としてしまった場合に割れてしまうこともあります。 また、傷防止の次にスマホカバーを必要とする理由としては、自分の個性を表現するためです。自分のスマホに個性を持たせたい方や持ち物にこだわりたい方は、おしゃれなスマホカバーを求めている傾向があります。特に近年では、おしゃれの一環としてデザインにこだわる人も増えてきました。 今回はそんなスマホカバーに注目して、スマホカバーを付けるメリットやデメリット、さらにおすすめの人気スマホカバーまでご紹介していきます。個性を重視したものから、耐久性を重視したスマホカバーまで、様々なものをご紹介しています。ぜひ、購入や買い替えをご検討中の方はご参考にご覧ください。 あなたはスマホカバーを付ける派?つけない派? スマホを持っている方に実際に「スマホカバーを付ける派?付けない派?」というアンケートを取ったところ、スマホを持つ約99%の方がスマホカバーを付ける派だと回答しました。ほとんどの方がスマホを買ったら、スマホカバーを付けるというのが一般的だということがわかります。では、スマホカバーを付ける方とそうでない方、それぞれはどんな理由から選んだのでしょうか? 付ける派と付けない派の方のそれぞれの意見を集めました。 付ける派の意見 付ける派の多くの方はやはり、傷防止や落下防止など、スマホを保護する役割でスマホカバーを付けるという意見が多くみられました。中にはスマホの買い替えなどで売却する際に傷が付いていないほうが高値で売れるからと考えている方や、スマホを落としたくないから滑り止め防止として使用しているという方もいました。 また、それと同時にケースでファッションとしてを楽しみたいなど、個性の表現としてスマホカバーを付けているという意見もみられました。おしゃれなケースで気分転換したり、毎日の服のようにスマホケースを変えて楽しむという方もいらっしゃるようです。さらにイベントによってスマホケースを変えるという方もおり、ファッションの一つとしてスマホケースが受け入れられていることがわかります。また、スマホ自体が人前で出すことが多いアイテムなので、さりげないおしゃれは目を引きます。 付けない派の意見 付けない派の方の多くの理由としては至ってシンプルで、スマホのそのもののデザインを好んでおり、何も付けずに持ちたいという意見でした。スマホ自体、各メーカーがこだわったフォルムやカラーでデザインされているため、「そのまま使いたい」という方も少なからずいらっしゃるようです。特にスマートなデザインを好きな方には、むき身のシンプルなスマホのほうが好まれています。 また、スマホ自体にはアルミやスチール、強化ガラスなどで様々な素材を組み合わせて耐久力を持たせているため、あくまでも絶対にスマホカバーを付けなければいけないというわけではありません。そのため、スマホ自体のデザインが気に入っている方はカバーを付けないという選択をすることは可能です。 iPhoneはなぜ割れやすい? スマホの中でも人気があるiPhoneですが、「iPhoneの画面は割れやすい」という意見も少なからずあるスマホでもあります。 そこで、iPhoneを修理した理由について実際にアンケートを取ってみました。すると、なんと約66%が液晶割れを原因に修理をしたということがわかりました。修理の原因の半分以上が液晶割れということは、iPhoneは耐久性面で弱点があり、割れやすいということがわかります。一見すると、他のスマホとの違いはわかりませんが、どこに弱点があるのでしょうか。 液晶部分の範囲が大きく薄い まず、一番の理由として考えられるのは液晶画面の大きさです。iPhoneの液晶はより快適に使えるように、需要に合わせて徐々に大きくなってきました。例えばiPhone11の画面は6.5インチもあり、男性の手のひらにのせても大きめのサイズです。そのため、ぶつけたり、落としたりする面は必然的に大きくなってしまいます。面が大きいということは、ぶつけた際にダメージを受ける可能性も高くなり、破損の可能性が高いと言えます。 さらに、iPhoneのガラスの画面は薄めであることも原因として挙げられます。iPhoneの画面のガラスを薄さは重量やスマホ自体の薄さなどを改善した反面、耐久性は低くしてしまっています。これはiPhoneの快適さとデザイン性を追求したゆえの弱点とも言えます。 ガラスが丸みを帯びているため少しのヒビで割れてしまう iPhoneのディスプレイとスクリーンが一体型のスマートなデザインは数多くの方に好まれていますが、そのデザインにも液晶割れの原因が隠れています。iPhoneは一体化するためにガラス自体に丸みが帯びています。しかし、この構造が逆に画面へのダメージの耐久性を下げてしまい、少しのヒビで液晶が割れる場合もあります。iPhone自体もその問題点を改善するため、さらに強い強化ガラスを採用するなど進化はしていますが、それでも液晶割れの可能性は捨てきれません。 スマホカバーのメリットとデメリット ここまで、スマホカバーを付ける人の意見や破損などの可能性についてご紹介してきました。 次にスマホカバーのメリットとデメリットをご紹介していきます。ここまで読むと「スマホカバーを付けるべきかも」と思う方も少なからずいらっしゃるかもしれません。もちろん、スマホカバーを付けることによって得れるメリットも大きくあります。ただし、それと同時にデメリットもあります。具体的にどんなものが挙げられるか見ていきましょう。 メリット スマホカバーを付けることによって得れるメリットはスマホの保護はもちろん、おしゃれを楽しめることも挙げられます。最初にご紹介しましたが、スマホカバーはファッションのように付け替えて楽しめるアイテムです。名画デザインのスマホカバーから、作家物のデザインなど様々なデザインを、その時々の気分で楽しむことができます。 また、おしゃれでさらに機能性が高いスマホカバーであれば、使い勝手も良く便利なアイテムとして活躍します。例えば「手帳型スマホケース」と呼ばれるものはカードを収納することができたり、鏡が付いていたりと機能性が高いスマホカバーです。特に鏡が付いているものは、エチケットや化粧直しなど何かと便利です。また、持ち物を少なくしたい方や、スマホを持って手軽に出歩きたい方など、ミニマリストの方に向いていると言えます。 デメリット デメリットは単純ですが、スマホを分厚くしてしまったり、重量を重くしてしまう点です。表面に装飾がないデザインのみのスマホカバーなら、その多くがなるべく軽く薄く作られてはいますが、多少の重さと厚さは変わってしまいます。たった数g、数mの差とは言え、手に持つものなので持った感触はかなり変化してきてしまいます。 また、次に留意しなければいけないのはスマホの発熱です。スマホは多くのプログラムを動かし、通信しているため、 重いファイルやアプリを開いている 複数のプログラムを同時に開いている 充電しながら動かしている など条件が重なると、スマホの負荷が上がり、発熱してしまうことがあります。スマホ自体は高熱になりすぎないよう、熱を外に逃がすよう設計されています。しかし、この熱がスマホカバーを付けていることによって、逃げにくくなる場合もあるのです。スマホが高温になるということは、最悪の場合、オーバーヒートでスマホを痛めてしまう可能性や、電池の破損の可能性もあります。 カバーを付ける方はもちろんのこと、そうでない方もスマホの発熱には十分注意しておきましょう。 用途別!おすすめのiPhoneケース スマホカバーのメリットやデメリットをご理解頂いたところで、ここからはおすすめ人気のiPhoneケースについてご紹介していきます。スマホカバーは形によって、用途や印象が異なるため、それぞれにメリットがあります。表と解説で詳しく解説しているので、ぜひ参考にご活用ください ご自身のライフスタイルに合うタイプのスマホカバーを選んでみましょう。 オリジナリティを出したいならオリジナルスマホケース 商品名 オリジナルスマホケース イメージ 価格 1,080円(税込) URL 詳細はこちら こちらの「オリジナルスマホケース」は、オーダーメイドタイプのiPhoneケースです。自身の好きな写真を加工して、オリジナルのスマホカバーを作ることができます。記念写真や愛犬・愛猫の写真など、スマホでもカメラでも撮影した写真なら、好きなものを高発色なフルカラープリントでスマホカバーに印刷します。 大きな特徴は、写真と入れたい枠や入れたい文字を選択すれば、合成をメーカーが行ってくれることです。カスタムの種類は多く、約30種類以上の枠から選択して、お好きな写真に文字と共に合成します。さらに納品前に完成イメージも提示してくれるため、失敗もなく安心して作ることできます。 また、美しく印刷した写真の保護のために仕上げにコーティング加工も施しています。コーティングも5種類用意しており、耐久性を高めながら、さりげないおしゃれを演出してくれます。 特別な写真を形に残したい方や自分のオリジナリティをスマホカバーで出したい方におすすめです。 傷防止に強いiPhoneケース…

コラム

使いやすいスマホケース10選!自分のスタイルに合うスマホケースの選び方

あなたにとっての「使いやすいスマホケース」とは? スマートフォンの性能の進化に応じて、近年スマホケースに求める実用性や汎用性の種類も急速に変化してきているのを皆さんはご存知でしょうか? 当記事では、使いやすさのポイントは人それぞれ異なるものの、どういった点がより重視されて「使いやすいスマホケース」となったのか、編集部の独自調査によるアンケート結果を踏まえて詳しく検証していきます。 1.傷を防止できる 日常生活で使用するなかで、どれだけ本体から「傷を防止できる」か否か。ケース本来の生まれ持った意味を考えれば、約半数が回答をした当項目が1位であるのは、まさに妥当な理由であると言えます。 ASUSなど格安スマホの選択肢もあるなかで、今も多くのシェアをiPhoneなどの大手メーカーが占めており(参考:NTTドコモ モバイル社会白書2019)大手メーカー製の場合、本体代金が10万~の物がほとんどで、長く使うとはいえスマホが高額な買物であることに変わりはなく、購入に際して「使用中でもなるべく傷をつけたくない」という心理が働くのではないでしょうか。 ほかにも「落として液晶が割れた経験がある」「修理代が高いから液晶を割りたくない」「小さい子どもがいて割らないか心配だから」という詳しい回答もあり、体験に基づいた選択であることも分かります。 2.スタイリッシュでかさばらない スマホと合わせてもかさばらないものが良いという項目は、2位となる33%の人から回答頂きました。 こちらも「ポケットに入れられる厚さだと使いやすい」「できるだけ軽くしたい」といった体験に基づいた声が挙がっており、携帯運用をするうえで、やはり重量や厚みは性能の次に大切なポイントに。 女性の場合、重すぎると持って操作している時に疲れてしまうでしょうし、男性ならズボンや上着のポケットに入らない分厚さは困りますよね。最近はスマホ自体が大きな機種もあるため、ケース装着後もスタイリッシュであるかどうかが重視されているようです。 3.スマホ以外の小物を収納できる スマホケースが登場した当時は、シンプルなケース型と手帳型で迷った方も多いのではないでしょうか。 電子マネーを筆頭に、キャッシュレスが国内でも意欲的に勧められている昨今は特に、収納力も重視したケース選びが行われているようです。「財布を持っていないからカード類を入れたい」「持ち物を減らしたい」といった希望を叶えてくれる手帳型はもちろん、縦型や背面収納型もジワジワと種類を増やしています。 もちろんICカードやキャッシュカードを入れる以外に、万が一スマホが壊れて使えない時でも連絡先が分かるようにメモや、掛かり付けの医師や常備薬が判る意思表示カードを入れたりと、エマージェンシー的な使い方も出来ます。 4.ファッションアイテムとして使えるデザイン 意外にもアンケートでは優先度2%と低い結果となったデザイン性ではありますが、「毎日使用するものだからオシャレじゃないと持ちたくない」「コーデのポイントになるようなデザインがいい」などの声が上がっており、ハッと目を引くような色や美しいイラスト、個性的なデザインなど多く出ています。 中にはお気に入りが見つからないなら自作してしまおうと、女性を中心にパーツを購入して凝ったデザインを完成させ、SNSなどで自慢している人も!「使いやすさ」という点ではその優先度が低くても、やはり自分が気に入ったもののが愛着がわくし、大切にしようと思えますよね。 5.その他 その他の項目では、「よく落とすので衝撃耐性が強いケースがいい」「手帳型がいい」といった回答が。自分の中ですでに使いやすさの基準が決まっていると、細やかな点は重視しない人もいるようです。ちなみに「衝撃耐性に強いケース」という回答ですが、具体的にはどのような素材が衝撃に強いのでしょうか? スマホケース市場を見ていると、よくPU(ポリウレタン)、TPU(熱可塑性ウレタン)やPC(ポリカーボネート)、シリコンという文字を目にする事が多いと思います。素材が安価なそれらは、比較的安めのケースに使われていることが多い素材ですが、値段にかかわらずそれなりの耐久性を持っています。 しかしスマホは熱を持ちやすいので、衝撃に強くとも耐熱性に弱かったり、静電気を集めやすくホコリがつきやすいといった難点をそれぞれ抱えています。ケース選びの際には、素材が持ち合わせているデメリットもしっかり押さえておきたいところです。 スマホケースの種類を紹介! ケース型 手帳型 縦開き型 (フラップ型) スマホリング (バンカーリング) 現在発売されているスマホケースは、大きく分けて4種類。それぞれにどんな特徴(メリット・デメリット)があり、どんな人におすすめなのかを分かりやすくご紹介していきたいと思います。スマホケース選びに悩んでいる人は是非参考にしてみてくださいね! ケース型 種類 ケース型 イメージ   保護機能 ★★☆☆☆ デザイン ★★★★☆ 収納力 ★☆☆☆☆ スタイリッシュ ★★★★★ スマホケースの中でポピュラーなケース型。デザインやカラーは4種類のなかで最も豊富といえますし、特にスタイリッシュさには満点の★5つ評価をつけさせて頂きました。いまは背面収納を備えたケース型も出ていますが、収納力はいちばん低いケースとなります。 ケース型スマホケースのメリット・デメリット ケース型のメリットは、1,000円程度の安価なものが多いこと。美しいプリントのデザインやカラーも選びやすいほか、クリアタイプのものを選べばスマホ本体のカラーを活かすことも出来、見た目も使い勝手も良いため、一番無難なスマホケースといえます。 ケース型のデメリットは、背面や側面は良いものの、画面はむき出しのため衝撃からの保護ができないこと。むき出しの画面ゆえカバンの中で誤作動が起きたり、ケースの変形や変色も起こる可能性があります。 手帳型 種類 手帳型 イメージ   保護機能 ★★★★★…

コラム

iPhoneケースの材質を解説|自分に合ったケースを選ぼう

iPhoneケースの材質の重要性とは? iPhoneケースは色々な材質で作られています。例えば、市販されているiPhoneケースの多くは、ポリカーボネートというプラスチックでできています。また、人気の手帳型に多いのは本革や合皮です。そして、強度の高い金属でできているものも売られています。 材質が変わると、加工のしやすさが変わり、iPhoneケースの厚みが変わり重さに影響します。また、材質そのものの手触りも異なります。そして、材質によって強度も違います。そのため、iPhoneケースを選ぶときに機能を重視して選ぶなら、材質にこだわるとより衝撃に強いものや長持ちするiPhoneケースが選べます。 また、iPhoneケースは毎日手に取るものなので、触り心地がよいと愛着もわき、長く使い続けられるでしょう。このように、iPhoneケースには材質によってさまざまな特徴があります。iPhoneケースは多くの種類が販売されているので、材質を知れば、iPhoneケースを選ぶときの基準としても役立てられます。 材質を重視したことがある人は100人中73人 iPhoneケースは、材質によって変色がしやすかったり、破損しやすかったり、汚れやすかったりというデメリットがあります。ここでは、iPhoneケースを選ぶときに材質を重視するかどうかのアンケートの結果を見てみましょう。 「はい」と回答した人の意見 73%もの人がiPhoneケースを選ぶときに材質を重視しています。材質を重視してiPhoneケースを選ぶ人の中には、汚れがついたときに洗えるかを考えているため材質を気にしているようです。 iPhoneケースは水洗いできるものもありますが、材質によっては水洗や洗剤を避けるべき材質もあります。iPhoneが汚れたときに洗いたい人は、材質に注意すべきでしょう。 また、シリコン製のiPhoneケースは、その性質上、埃を吸着しやすいため避けているという人もいるようです。それに対して、シリコンのようなゴム製のiPhoneケースだと、しっかりとグリップできるため、落下での破損防止のために選ぶ人もいるようです。 そして、毎日使う物だから愛着を持って長く使い続けたいという人は、耐久性がある素材や手触りがよい素材を選んでいるようです。 「いいえ」と回答した人の意見 iPhoneケースは安価で売られているものもあり、その日の気分に合わせてつけ替える人もいます。いろいろな種類を持ってファッションの一部として楽しみたい人は、材質よりもデザインを重視しています。 少数いる材質を重視しない人の背景 iPhoneケースは百均でも売られており、簡単に手に入れられます。そのため、耐久性などは考えず、ケースが壊れたら、新しいデザインのものに買い替えるという人も少なくないでしょう。 また、価格重視で選ぶ人の中には、素材にこだわらない人もいるようです。 そして、少しでも気に入ったデザインのiPhoneケースを持ちたい人は、材質よりもデザインにこだわって選んでいるようです。 このように、材質を重視しない人は、材質よりもデザインや使用感、価格などを優先して選んでいます。 そもそも、材質を重視しない人は、iPhoneケースの材質にどのようなものがあるかを気にとめておらず、材質が変わったからといってどんなメリットやデメリットがあるのかを理解していない人が多いようです。 もちろん、デザインや機能性、価格などを考慮することも大事ですが、それに加えて材質の特性を知って選べると、より自分に合ったiPhoneケースを選ぶことができます。 材質ごとの特徴が分かれば考慮する? 材質を考慮せずにiPhoneケースを選ぶ人が一定数いる中、材質ごとの特徴が分かれば考慮するかとのアンケートを取ると、100人中99人が「はい」と答えています。 このアンケートを見る限り、ただ材質の特性を知らなかったからデザインなどを優先して選んでいただけで、材質の特性がわかれば、材質も考慮してiPhoneケースを選びたいと考えているようです。 そこで、次章からは、より自分に合ったiPhoneケースが選べるように、iPhoneケースに使用されている主な材質とその特性を紹介していきます。 iPhoneケースの材質は大きく分けて3種類 ハード ソフト レザー ポリカーボネート メタル 木製 シリコン TPU 合皮 本革 iPhoneケースの素材には、さまざまな種類があります。それぞれの種類にどのような特徴があるかを知ると、iPhoneケースを選ぶときに役立ちます。 1.ハードケース ポリカーボネート(PC) 特徴 軽い デザインが豊富 高い強度 店頭にはこのポリカーボネートでできたiPhoneケースが多く売られています。細かな文字や絵柄もくっきりと鮮やかに印刷ができるので、カラフルでデザインもさまざまなものが販売されています。 ガラスの約250倍もの強度を持つポリカーボネートは、iPhoneを衝撃から守ることができます。また、この材質には、加工しやすいという特徴があるので、薄くiPhoneにピッタリな軽いケースが作成できます。 ただし、日光に長くあてると黄ばみがでてくるので注意が必要です。また、薬剤にも弱くアルカリ剤や有機溶剤の使用はNGです。洗剤で洗ったり、接着剤を使用してデコるときには注意が必要です。 汚れたときは軽く水洗いするか、拭き取る程度が無難です。また、デコレーションするなら、接着剤はエポキシ系やウレタン系、シリコン系のものを使用するとよいでしょう。 軽量で操作がしやすいので、気に入ったデザインのものが見つかれば長く使い続けられそうです。また、硬い素材なので、自分でデコレーションを施すこともできます。 黄ばみが心配な人は日の下に放置せず、クリアな透明や薄い色を避けた方がよいでしょう。 メタル 特徴 強度が高く、衝撃に強い 高級感がある 重い スタイリッシュでクールな外観のメタル素材のiPhoneケースは、強度がほかの素材のiPhoneケースよりも高く、耐衝撃性に最も優れています。 金属の中でもアルミ素材のものが多く、強度が高いため耐久性にも優れています。ただし、ほかの素材よりも重さがあるのがデメリットです。長時間iPhoneを使う人は、手に負担を感じるかもしれません。…

コラム

スマホケースの選び方を徹底解説!手帳型やバンパー型など型別のポイントも紹介

長く愛用できるスマホケースを選ぶには スマホケースは普段から持ち歩くことが多いため、長く愛用できるお気に入りのものを選びたいものです。しかし、いざ購入しようと思うと、種類が多くて一体どれを選べばよいのか分からないという経験がある人も多いのではないでしょうか?今回は、スマホケースを選ぶときに何を基準として選んでいるのかを知るため、100名の人にアンケート調査をおこないました。 アンケートの結果、全体の4割近くの人が「デザインで悩む」と回答しています。スマホケースは人目につくことも多く、ファッションの一部として考えている人もいるため、納得のいくデザインのものを探すのは一苦労のようです。 「デザイン」の他にも、「機能性」「サイズ」「ケースの形」「素材」と様々な回答がありました。スマホケースを選ぶ上で重視するポイントは、人によってそれぞれ異なるようです。 スマホケースの選び方 スマホケースはたくさんの種類があるため、自分の中で「ここだけは譲れない」というポイントをいくつかまとめておくと、スムーズにお気に入りのものを見つけることができるでしょう。アンケート結果をもとに、「サイズ」「素材」「デザイン」「機能性」「ケースの形」の5つにポイントを絞って、スマホケースの選び方を解説していきます。ぜひスマホケース選びの参考にしてみてください。 1.スマホケースのサイズで選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースのサイズ選びで悩む」と答えた方は15%おり、「間違えて買ってしまった苦い経験があるから」「サイズを間違うと微妙にカメラ位置に被ったり、USBコネクタに被ったりすることがある」といった口コミが目立ちました。 自分の持っているスマホの専用ケースを購入すれば、問題なく使用することができます。しかし、「古い機種のためケースが販売されていない」「専用ケースの種類が少なく欲しいケースがない」という場合は、専用ケース以外のものを購入しなくてはなりません。 専用ケース以外を購入する際は、スマホが何インチかを確認してそれに合うケースを購入しましょう。ただし、同じサイズであってもiPhone6sとiphone7のように、カメラの位置や形、イヤホンジャックの有無が異なると同じケースを使用することができません。自分の持っているスマホはどのスマホケースなら使用できるのか、購入前にきちんと確認しておきましょう。 2.素材から選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースの素材選びで悩む」と答えた方は11%おり、「素材によっては、すぐに端がボロボロになるケースがある」「長く使いたいので、しっかりした素材を選びたい」といった口コミが目立ちました。 素材 特徴 シリコン 弾力性がありフィット感が良い。クッション性も高いため落下時の衝撃を吸収してくれる。 劣化しやすく、汚れが付着しやすい。 プラスチック (ポリカーボネート) 衝撃に強く、耐熱性が高い。価格がリーズナブルのものが多い。 素材が固めであるため、落とした際にスマホは無事でもケースが割れてしまう可能性が高い TPU シリコン素材とプラスチック素材の特徴を合わせ持つ素材。弾力性があり衝撃に強く、ケース自体も割れにくい。 耐熱性が低いため、高温の場所に置いておくと変形する可能性がある。 レザー (本革) 手触りが良く高級感があり、劣化しにくく長く使用するほど味わいがでる。 価格が高め。水に弱く、定期的に革の手入れが必要。 PU (合成皮革) 本革と比べると安価で、水に強く汚れても手入れがしやすい。 劣化しやすく、長く使用すると革がボロボロになってしまうものが多い。 アルミ スタイリッシュな印象。高い強度を誇り、耐衝撃性や耐久性にも優れている。 高価なものが多い。金属加工が必要で重くなりやすく装着が面倒な場合もある。 素材によってメリット・デメリットが異なります。「どんな手触りのものが好みか」「長く使い続けたいか」など、自分が欲しいスマホケースに合わせて素材にまでこだわると、お気に入りのスマホケースを見つけることができるでしょう。 3.デザイン重視で選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースのデザインで悩む」と答えた方は38%おり、「毎日使うものだし、自分の気に入ったデザインを選びたい」「目移りしてどのデザインにしようか悩む」「オシャレに見られたい」といった口コミが目立ちました。 毎日持ち歩き人目に触れる機会も多いスマホケースは、持っている人の印象を左右するといっても良いでしょう。そのため、職場で使用する際はシンプルなデザインのもの、プライベートではポップなデザインにものといったように、スマホケースを複数用意しておくのもおすすめです。 4.機能や使いやすさで選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースの機能性で悩む」と答えた方は19%おり、「カードの入る枚数など、機能が充実しているものを選びたい」「よくスマホを落下させてしまうため、どれ程の衝撃に耐えられるかが気になる」といった口コミが目立ちました。 機能 特徴 落下防止 落下を防ぐ機能。スマホを操作中に指をかけられるスマホリングや、手首に通して落下を防ぐストラップやバンドなどがある。 カード収納 手帳型に多い機能で、ICカードなどを収納できる。磁気エラーでカードが使えなくなってしまうことがあるため、干渉エラー保護シート付きのものを選ぶと良い。 画面割れ防止 衝撃吸収性に優れており、落としても画面が割れにくい。ケースの縁が高く画面が地面に触れにくいものや、360度全面保護できる両面ケースのものなどがある。 防水・防塵 水滴や塵・埃がスマホに入らないよう防ぐ。防水や防塵のレベルは、ある程度防げるものから完全に防ぐいでくれるものまで様々なため、保護等級を示すIPコードを確認すると良い。 スマホケースを選ぶ際は、自分のライフスタイルに合う機能を搭載しているものを選ぶというのも大切です。例えば、スマホを落としてしまうことが多い人は「落下防止機能や画面割れ防止機能の付いたケース」、登山やキャンプなどアウトドアな趣味が多い人は「防水・防塵機能の付いたケース」などを選ぶと良いでしょう。 防水・防塵機能のレベルは、「IPコード」によって保護等級が表示されています。防塵等級は6段階、防水等級は8段階に分かれており、どちらも数字が大きいほど保護力も高いです。完全防水・防塵機能のものはそれなりに高価なため、自分の生活に必要な保護等級を事前にチェックしておくと良いでしょう。 5.ケースの型で選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースの形で悩む」と答えた方は11%おり、「普段スマホを使う際に、邪魔や手間にならないものを選びたい」「どの型も一長一短あり、どれが自分に合うか分からない」といった口コミが目立ちました。…

コラム

ペット写真で作るオリジナルグッズを紹介!ペット好きから人気の高いグッズとは?

ペットのオリジナルグッズを作ろうと思うきっかけ 可愛くて癒されるペットの写真は、ついつい何枚も撮ってしまいます。しかし、撮影するだけで写真はデータに入れっぱなしという方も多いのではないでしょうか?そんな方には、ペットの写真をプリントして作る、オリジナルグッズの作成がおすすめです。 ペットを飼っていたことのある人を対象に、どのようなタイミングでペットのオリジナルグッズを作ろうと思ったのかアンケート調査をおこないました。 アンケートによると、4割近くが「ペットを飼い始めたとき」と回答しています。飼った記念を何か形に残したいという方が多いようです。また、「ペットが亡くなったとき」や「会えない環境になったとき」といったように、ペットに会えない代わりに写真を使ってグッズを作りたいと考える方も多いです。 ペット好きの方の意見をチェックして、ぜひオリジナルグッズを作成するきっかけにしてみてください。 飼い始めたとき 「初めてペットが家に来たときの感動は忘れられない!」というペット好きの方が多いように、飼い始めたときのことは、いつまでも大切な思い出として心に残ります。そのため、ペットを飼い始めた記念に、ペット写真がプリントされたオリジナルグッズを作りたい、と考える方が多いようです。 初めて一緒に撮影した写真や、初めてお散歩に行ったときの写真など、初めて記念をオリジナルグッズにしてはいかがでしょうか? 亡くなった時 大切なペットが亡くなってしまうと、ペットロスになってしまう方も多いでしょう。「何か形のあるものを残したい」という思いから、ペットの写真でオリジナルグッズを作成する方もいます。 ペットが楽しそうに遊んでいる写真や、お気に入りの場所でくつろいでいる写真など、幸せな思い出がよみがえるような写真を選ぶと良いでしょう。 会えない環境になったとき 仕事で単身赴任が決まったときや、大学に入学するため一人暮らしが決まったときなど、大好きなペットと離れ離れで生活しなくてはならない場合もあるでしょう。そんなときに、寂しくないようペット写真でオリジナルグッズを作る方も多いです。 ペットが眠っている写真や、自分と一緒に写っている写真など、癒されそうな写真でオリジナルグッズを作成すれば、どんなときも励ましてもらえそうですね。 人にプレゼントする時 一緒にペットを飼っている家族や恋人へのプレゼントとして、オリジナルグッズを作成したいと考える人も多いようです。誕生日やクリスマスなど、記念日に心のこもったオリジナルグッズをプレゼントすれば、きっと喜んでもらえるはず。 お気に入りのペット写真や、みんなで出かけたときに撮影した写真など、とびきり思い出のつまった写真を用意しましょう。 ペットの写真が印刷されたグッズ一覧を紹介! ペットの写真を使ってどのようなオリジナルグッズを作成したいか、ペットを飼っている人を対象にしてアンケート調査をおこないました。たくさんのグッズがあげられましたが、アンケートの結果、普段から持ち歩けてペットの存在を身近に感じられる、スマホケースやキーホルダーが1位という結果になりました。また、部屋に置けてインテリアにもなるクッションカバーも人気のようです。 アンケートの口コミによると、「スマホを取り出すたびに話題にできた」「お客さんがくると話題になる」といったように、オリジナルグッズが話のきっかけになったことを喜ぶ回答が目立ちました。今までペットの話をしたことがない相手とも、自分の持っているオリジナルグッズがきっかけで、実はペットを飼っていることが分かったり、共通の趣味からより親密な関係になれたり、ということもあるようです。 ここからは、「作ってみたい!」という声の多かったオリジナルグッズを、順番に紹介していきます。ぜひ実際に作成する際に参考にしてください。 1位:スマホケース サービス名 Tipo PLAZA イメージ 金額 1,080円 送料 全国一律無料 URL 詳細はこちら 「Tipo PLAZA」とは、オーダーメイドのiPhoneケースを自宅から気軽に注文することができるネットサービス。お気に入りのペット写真とフレームなどを選ぶだけで完成するため、初めてオリジナルグッズを作成するという方にもおすすめのサービスです。 思い通りのデザインに仕上げられるよう、30種類以上ものフレームが用意されています。犬用フレームや猫用フレームもあるため、ペット好きの方からの評判も良いです。 また、「Tipo PLAZA」ならiPhoneケース完成前に仕上がりのイメージ画像を共有してもらえるため、完成後の失敗を防止することができます。ケースは透明被膜できちんと加工してくれるため、画像が傷付きにくく、長く安心して使うことができます。 1位:キーホルダー サービス名 Creema イメージ 金額 台紙1枚:950円 URL 詳細はこちら キーホルダーは、ポーチやカバンなど色々な物に付けることができるため、オリジナルグッズとしても人気の高い商品です。「Creema」なら、お気に入りのペット写真を使用できるだけでなく、ペットの名前など文字を入れることができるため、ペット好きの方におすすめのサービスです。 キーホルダーのサイズは直径35㎜で、500円玉よりも一回り大きいくらいのため、アクセサリー感覚でさりげなく使うことができます。プレゼント用に作成したいという方向けに、専用箱とオリジナル包装紙でラッピングしてくれるサービスもあります。 2位:抱き枕・クッションカバー サービス名 カメラのキタムラ:プリントサービス イメージ 金額 2,860円(税込) URL 詳細はこちら…

コラム

お気に入りの写真を印刷して作れるオリジナルグッズ25選!選び方まで解説

お気に入りの写真でオリジナルグッズが作れる 風景、友人、家族、ペットなどと一緒に撮影した写真で、お気に入りの写真をスマホの待ち受けやロック画面の背景に設定したり、自宅に飾る、アルバムを作るといった方法で大切に保存することがあります。写真は本来「飾るもの」という認識が強いものでしたが、最近では何かのグッズに写真を印刷し、世界に一つだけのオリジナルグッズを作ることもできます。 お気に入りの写真を実用的なグッズに印刷することで、「飾り・インテリア」としてではなく「実用的」に活用することができます。また、実用的なだけではなく、例えば大切な思い出の写真を印刷することで物を大切に扱うようになったり、癒し効果もあるといったメリットもあります。この記事では、あなたのお気に入りの写真をどんなグッズにすることができるのか、グッズの一覧を紹介していきます。 【用途別】写真で作れるのオリジナルグッズ紹介 一言で「グッズ」と言っても、「実用的なもの」「飾るもの」「贈るもの」と用途が異なります。自分が写真を持ち歩きたいのか、インテリアとして使用したいのかなど希望によって選ぶべきグッズが変わってくるため、このパートでは各用途ごとにおすすめのグッズを紹介していきます。 実用的で便利なグッズ タオルや食器、スマホケースなど、「毎日使用する」実用的なグッズ一覧は下記の通りです。  スマホケース 項目 Tipo PLAZA イメージ 価格 1,080円 送料 全国一律無料 購入サイト 詳細はこちら スマホケースに写真を印刷すると、周囲の人と会話のきっかけになったり、間接的にお気に入りの写真を自慢することができるというメリットがあります。Tipo PLAZAでは、お気に入りの写真をスマホケースに印刷することができるサービスで、デザインテンプレートが用意されているため、好みに合わせて高品質なオリジナルスマホケースを作成することができます。 また、完成後に「イメージと違うものが出来上がった」という事態を防ぐために、完成イメージ画像を事前に共有し修正をお願いをすることができるため、初めてでも安心して利用することができます。 注文もオンライン上で完結でき、価格も1,080円とお手頃なため、オリジナルのスマホケースが欲しい方にはおすすめです。 モバイルバッテリー 項目 オリジナルモバイルバッテリー イメージ 価格 2,015円 送料 送料無料 購入サイト 詳細はこちら モバイルバッテリーは今や必要不可欠なものですが、持ち物が増えたり重いというデメリットもあります。しかし、お気に入りの写真が印刷されていれば、持ち歩くだけでテンションが上がりますよね。オリデザで作成できるモバイルバッテリーは、iphone8なら2回ほど充電できる4000mAhのバッテリーです。厚みが9mmのコンパクトで持ち運びしやすく、バッグに入れても邪魔になりません。 ペットの写真をサイトの編集画面にアップするだけで、ブリフターケースに入れたオリジナル写真入りのモバイルバッテリーが送られてきます。さらに、microUSBが付属されているため、手元に届き次第すぐに使用することができます。 マグカップ 項目 ペットマグカップ045 イメージ 価格 2,850円 送料 送料無料 購入サイト 詳細はこちら オリジナルのマグカップで飲み物を飲むと、いつもの休憩時間がより特別なものになります。オリデザは、ペット用の写真をレイアウトしたマグカップを作成でき、6種類あるデザイン以外にも自分でデザインしたフォトグッズも作成することができます。 スマホやカメラで撮影した写真をサイトの編集画面にアップロードし、文字やデザインを挿入して送信するだけで簡単にマグカップを作成することができます。 コースター 項目 CST_SQ_015 イメージ 価格 2,100円 送料 無料 購入サイト…

コラム

子どもの思い出に残る写真の撮り方・保存方法|あなたは何派?

子どもの思い出の写真に関する悩み  少し前であれば、子供の思い出や記念写真といえば、カメラから現像後はそのままアルバムにしまっていた人が多いかもしれません。 見返すのも楽しく、「目に入れても痛くない」ということわざがあるほど、愛らしい笑顔を無邪気に振りまいてくれる子供の姿は、出来る限り綺麗な状態で残しておきたいですよね。 画質にこだわるなら一眼レフやデジタルカメラの選択肢もありますが、それでなくとも小さな子供を連れ歩く時は、必要なものが多いため荷物が重くなりがちです。そして何よりタイミングを考えないと、撮りすぎて常に容量との相談になってしまう可能性も…。 馴染みの深い冊子型のアルバムは、その大きさや重さからどうにもしまい込んでしまいがちで、せっかくの写真を活用しにくいというデメリットがあります。 20代~40代の女性を対象に編集部がおこなったアンケートでは、半数以上の人が「保存方法が分からない」と答えているのに続くようにして、「活用方法が分からない」という意見が多くなりました。 「撮影のタイミングが分からない」という意見もグラフの1/4を占める勢いで、技術の進歩により写真の撮影や保管方法が増えたからこそ、子供の写真管理に悩んでいる人が全体を通して多いことが伝わってきます。 子どもの思い出の写真を保存するメリット 毎日を全力で過ごしている子供時代。幼児特有の「映像記憶」「直感像記憶」といった能力について、話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これらは言語化を覚える思春期を境に失われてしまうそうです。 子供から「幼い頃の自分はどうだった?」と聞かれても、なかなか言葉では伝えられませんよね。 だからこそ写真というイメージを残すことで、視覚から脳が刺激され、おぼろげだった幼少期を鮮明に思い出したり、何よりも子供自身が自分の成長を実感できますし、親としても思い出を振り返る良い機会になります。 そのほかにもお祝いを頂いた場合に、子供の写真をフォトブックなどのギフトとしてお返しすることもできますし、保存をしておけば結婚式などのイベントで、幼少期の写真を使いたい場合にとても重宝するはずです。 子どもの写真を撮影するのにベストなタイミング 編集部によるアンケートでも、悩みのひとつとしてあがってきたのが、「子供の写真撮影のタイミング」でした。日頃から沢山撮っておきたいけれど、それでは管理に困ってしまう…という人は、ぜひこの3つのポイントを参考に検討してみてください。 妊娠中に記念撮影をする マタニティフォト もともとは海外セレブ達の間で盛んだったマタニティフォト。 日本で登場した当時はかなり驚かれたものですが、現在はフォトスタジオでも専用の撮影コースがあるくらい浸透してきているのをご存知でしたか?子供の「胎児」としての限られた時間を、産まれる前に思い出として残しておくのは、記録の観点でも良いアイデアだと思います。 ちなみに、一般的には8~9ヶ月頃が撮影に適したタイミングと言われていますが、妊婦さんの体調がなによりも大切です。マタニティフォトを希望する場合は、夫婦間はもちろんのこと、家族でもしっかり話し合いをしてくださいね。 「初めて」の瞬間を撮影する 幼い子供の過ごす毎日は、まさに「初めて」の連続です。初めてハイハイをした、伝い歩きをした、しっかりと立ったなど、その瞬間の感動をそのままの形で撮影し、動画や写真として記録するのはいかがでしょうか? 仕事や離れて住んでいるため、その瞬間に立ち会えなかった旦那さんや双方の両親へも、「初めての瞬間」はこれ以上にない、サプライズに満ちた思い出の一枚になってくれるはずです。 そして勿論日常的にカメラを向けても良いのですが、子供は硬質的なレンズよりも、お母さんやお父さんの顔のほうが見たいはず。日常のなかにも、目に焼き付けるべきところとカメラを向けるところ、撮影条件のメリハリをつけるようにしましょう。 イベントがある場合に撮影する 子供時代は成長と共に、イベントがこれでもかと重点的に集まっています。その機会をおおいに活用して、子供の記憶にも一緒に残るような、良い思い出写真を残していきたいものです。 特に、人生において1度きりしか迎えられない記念日は逃せません。お宮参りや百日祝い・お食い初め、そして誕生日も10歳など節目のものは特にしっかりと記録し、ほかの記念写真との差別化をはかっておくと、後で迷いがちなアルバムの写真選びにも役立ちますよ。 子どもの思い出の写真はどう保存する? 現代では、写真の保存を「アルバム」のひとことでは済ませられないほど、多様な管理方法に溢れています。どの方法が一番自分に合っているのか、また続けることが出来そうなのか、それぞれの管理方法のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。 アルバムを作成する あえてクラシカルに付箋やシール、柄が豊富なマスキングテープなどを使って、見るのも楽しい手作り感に溢れた冊子アルバム(フォトブック)を作るのも良いですね! 写真を取り込む形になるデジタルアルバムの場合は、写真加工や整理機能に優れているものが多くなっています。どちらにするかは、自分の性格や使える時間の有無で判断するのがポイントです。 項目 冊子型のアルバム デジタルアルバム メリット 子供と一緒に見て楽しむことが出来る アルバム作りが親自身の思い出になる 枚数が多くても管理がしやすい 写真にスタンプや書き込みなどの編集が出来る デメリット 冊子自体の劣化や、場所を取るため管理が大変 端末の破損や、データトラブルが起きると見られなくなる データ保存をする データ保存におけるメリットは、画質が劣化しづらいこと、Wifiや家庭内LANを利用すれば通信費を気にせず、パソコンとスマホ間でもデータ転送が簡単に出来るほか、フォルダによる管理がたいへん便利な点です。 しかしその反面、保存端末が壊れると復旧が大変であったり、写真はデータが大きいため、保存容量に限度があるデメリットが強く出てきます。 なお、管理の際は外付けHDDや、ポータブルストレージとも呼ばれる「Googleドライブ」や「iCloud」の利用がおすすめです。場合によりメールアドレスやアカウント登録こそ必要になりますが、パソコンに慣れている人は特にこの方法が良いかもしれません。 アプリを活用する アプリを活用する場合、撮った写真をその場ですぐに加工・アップロードすることが出来るため、より手軽に子供の写真を楽しめるといったメリットがあげられます。 そのアプリもひとつだけではなく種類があり、選択の幅が広いのが特徴的。快適に使えるかどうか、そして使いかたが分かりやすいものを選ぶとよいでしょう。 デメリットとしては、一部アプリはサービスが終了してしまうと見れなくなってしまうものや、アプリの容量自体が重く、スマートフォンのメモリを圧迫してしまうことが挙げられます。 おすすめのアプリ サービス名 「家族アルバム みてね」 イメージ 価格…

コラム

カップルの思い出の写真の撮り方・保存方法|写真嫌いな恋人への対処法は?

カップルの思い出が詰まった写真の使い道とは? スマートフォンなどのデータフォルダに保存されている恋人との思い出。時々開いてその思い出に浸るのももちろん良いですが、少しの工夫で素敵なオリジナルグッズに変える事が出来たら嬉しいですよね。 データをイベントごと、年月ごとにきちんとまとめて保存するのも良いですが、あまりに増えてしまうと管理しきれなくなったりという側面も。今回は、カップルの思い出が詰まった写真を単なるデータから、より日常に溶け込んだ形で思い出を再確認出来る方法をご紹介します。 カップルで写真を撮ると期待できること 期待できること 一緒に撮影をすることで同族感・親近感が高まる コミュニケーションが増す カップルでどこかへ出掛けるだけでも十分楽しいものですが、一緒に写真を撮る事でさらに二人の仲が深まる事が期待出来ます。印象的な場所を見つけたらぜひ積極的に写真を撮りましょう。後からその日の事を振り返った時に、二人で写真を撮った時の事は単なる記憶ではなく、二人で共有出来る素敵な思い出の一つになっている事でしょう。 また、カップルで写真を撮る事はそれだけでコミュニケーションが増す作用があります。一つのフレームに二人で納まろうとする事で物理的な距離もぐっと近づきます。一緒に撮影をする事で同族感や親近感も高まり、心理的な距離も近くなって思い出の場面も増えるのです。 相手が嫌がるのを無理に写真を撮る事は本末転倒になってしまいますが、思い出作りの一環としても、カップルで写真を撮るのは基本的にポジティブな作用が期待出来るのでおすすめです。 カップルの思い出の残し方 カップルの思い出の残し方は、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。今回は思い出を残す様々な方法の中から、フォトブック・コルクボード・オリジナルグッズの3種類に焦点をあてています。一つづつ順番に見ていきましょう。 1.フォトブック 好きな写真を選び、スマートフォンのアプリやインターネットサイトから手軽にフォトブックを作成出来るサービスです。サイズや価格も色々ではありますが、比較的安価でオリジナルのフォトブックを作成出来る場合がほとんど。フォトブックとしてまとめる事で、いつでも好きな時にお気に入りの写真を手元で確認する事が出来ます。 写真の選び方 誕生日、クリスマス、記念日、旅行、デートなど、非日常で二人の思い出に残っている日の写真を選びましょう。付き合って一年などの記念日にフォトブックを作成して、恋人にプレゼントするのもおすすめです。 二人で旅行に行くのが好きなカップルなら、旅行ごとにフォトブックを作成するのも良いでしょう。毎年のイベントごとにフォトブックを作成すれば、お互いの成長や表情の変化などに気付けて二人の話も弾みそうです。 フォトブックは手軽にベストショットを手元で眺められるのがポイント。大きなアルバムと違ってかさばらないので、バッグに入れて持ち運んだり、いつでも好きな時に取り出して思い出を再確認出来ます。 フォトブックを作成する際にカップルで思い出を振り返りながら、数ある写真の中からお気に入りのものを一緒に選ぶという楽しさもありますね。 年に一回デザインやカラーを変えて作る事で、本棚に並べた際にカラフルな空間が生まれ、インテリアとしてもおすすめなアイテムです。 おすすめのフォトブックアプリ サービス名 しまうまプリント イメージ   価格 217円(税込)~ URL 詳細はこちら こちらは217円(税込)から作れるフォトブックアプリ。単色カラー12色に加え、追加料金なしで40種類以上という豊富なデザインの中から表紙を選ぶ事が出来ます。デザインは随時更新されるので、フォトブックを作り続けた時に飽きが来る心配もありません。 写真のみのシンプルなものはもちろん、日付やコメントなどを入れられるレイアウトも20種類以上。 サイズは持ち歩きやすい文庫サイズ、SNSの写真をまとめやすいA5スクエアサイズ、A5サイズの3種類。文庫サイズ以外は定番のスタンダード以外にプレミアムソフト、プレミアムハードというさらに上質なグレードも選ぶ事が出来ます。日常の思い出、特別な記念日などでグレードを変えてみるのもおすすめ。 ただお手頃価格なだけではなく、しまうまプリントのフォトブックは品質もしっかりとしているのでプレゼントにも最適です。 2.コルクボード 好きな写真を選び、マスキングテープやシール等でデコレーションしながらコルクボードに貼っていく方法。デジタルにはない手作り感があり、オリジナルのアイテムという感覚がより強まります。これといった正解は無いので、好きなように貼って飾って行ける自由度が高いのが魅力です。 可愛い系にしたいのかクールな感じにしたいのか等、最初に大まかなイメージを決めましょう。特に色合いや使用する写真の枚数などはある程度決めておいた方が、ごちゃごちゃせずにすっきりとまとまりやすいです。紙にイメージを実際に描いてみるのもおすすめ。 好みのサイズのコルクボードを用意したら、プッシュピンで実際に写真を貼って行きます。写真に傷を付けたくないという場合はマスキングテープを使いましょう。クリップで吊るした写真を、ワックスコードなどでガーランド風にコルクボードに留め付けてもおしゃれな雰囲気になります。 写真を貼り終わったら、余白部分を好みのシールやステッカーでデコレーションします。アルファベットのシールで、さりげなく二人の名前を入れても素敵です。 写真以外の材料は全て100円ショップで手に入れる事が可能。500円~800円程度で作る事が出来ます。コルクボードの枠を好みの色に塗ってみたり、貝殻やガラスタイルなどを接着剤で貼り付けてデコレーションするのもおすすめです。 コルクボードを作った事がある人の感想 3.オリジナルグッズ ふとした瞬間に幸せな記憶がよみがえる…二人の思い出が日常に溶け込むオリジナルグッズになったら素敵ですよね。オリジナルグッズと言っても、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。一つづつ見ていきましょう。 スマホケース サービス名 Tipo PLAZA 価格 1,080円(税込) イメージ   URL 詳細はこちら お気に入りの写真を使って世界で一つだけのオリジナルiPhoneケースが作れます。写真を囲むフレームは、ナチュラルフレーム10種類の他にもシンプルフレーム、記念日用フレームなど豊富に用意されているので選び甲斐があります。 4色フルカラー以外に白、クリア、グロスを加えたUV硬化インクを採用しているので鮮やかな発色です。仕上げに5種類から選べるコーティングを施す事で、印刷部分のの退色を抑え、キズなどから大切なケースを守ります。 価格も1080円(税込)とお手頃なので、記念日ごとにケースを作ってみるのも楽しいかも知れません。iPhoneのみではありますが、5Sから最新のXS…

コラム

ペットが可愛く写る写真の撮り方を解説|最も飼われている種類順に紹介!

飼っているペットの種類1位は「犬」 王道の犬や猫をはじめ、少し珍しい爬虫類など、最近では様々なペットが飼われています。今回は、ペット好きの方100人に、どんなペットを飼っているのかアンケートをおこないました。 アンケートをみてみると、1位は犬、2位は猫となり、全体の7割を占める結果となりました。3位と4位には、小さくて静かで比較的飼いやすい、ハムスターとうさぎが続いています。 ペットの写真撮影機材の1位は「スマホ」 ペット好きの方に、ペットの写真を撮影する際どのような撮影機材を使用しているかアンケートをとりました。最も多かった回答は、だれでも持っていて手軽に撮影できる「スマホ」での撮影で、全体の89%を占めており、ほとんどの方がペット撮影をおこなう際にはスマホを使用していることが分かります。続いて、8%の方が本格的な撮影が可能な「一眼レフ」と回答しています。 ペット別の写真の撮り方 可愛らしい表情を見せてくれるペットですが、思ったように撮影ができず困ったことはありませんか?カメラの方を向いてくれなかったり、ぶれてしまったりと、気まぐれなペットを撮影するのはとても難しいです。 そこで今回は「ペットの写真を可愛く撮りたい!」という方に向けて、ペットの種類ごとに撮影のコツを解説します。また、スマホで撮影する場合と一眼レフで撮影する場合に分けて紹介します。ぜひ、ペットのベストショットを撮影できるよう参考にしてみてください。 1.犬 可愛い写真を撮影するためには、まず犬自身が楽しめる環境を整えることが大切です。犬のお気に入りの場所やおもちゃを使って、声かけをして遊びながら撮影すると、リラックスした良い写真を撮影することができます。 また、ピントを合わせるときには、目の当たりにピントを合わせると、基本的にぼけずに撮影できますが、眉毛がある犬種は眉毛、眉毛のない犬種は目の上縁にピントを合わせて撮影すると、より上手く撮影することができます。 さらにワンランク上の写真を撮影したい方は、明るさの調整にもこだわってみましょう。犬は犬種によって毛色や毛並みも様々です。白っぽい明るい毛色の犬を撮影するときには明るさをプラスに、黒っぽい毛色の犬を撮影するときには明るさをマイナスにして調整しましょう。調整をおこなうことで、毛並みが白すぎて白飛びしてしまったり、黒い毛並みで目がどこにあるか分からなくなってしまうのを防ぐことができます。 スマホで撮る場合 スマホ撮影のメリットは、持ち運びやすくていつでも撮影することができ、アプリで簡単に加工ができるという点でしょう。一瞬のタイミングを逃したくない場合や、可愛く加工したい場合にぴったりです。 アプリ OTOCAM(音カム) イメージ 機能 録音したおもちゃの音や音声を流しながら写真やビデオの撮影が可能 URL 詳細はこちら 愛犬の撮影におすすめなアプリは、「OTOCAM」という撮影アプリ。撮影中におもちゃの音やベルの音などを鳴らして、犬の視線をカメラに向けさせることができます。なかなか犬がカメラ目線をしてくれない、とお悩みの方はぜひ利用してみましょう。 一眼レフで撮る場合 一眼レフカメラ撮影のメリットは、ディテールの部分や彩度を写真に残すことができる点と、画素数が高いため綺麗な写真が撮影できる点です。また、撮影状況によって設定を微調整できることも大きなメリットといえるでしょう。 愛犬が活発な性格でたくさん動く場合は、ブレを防ぐために「シャッタースピード優先」にして、AFエリアモードを「オートエリアAF、もしくはダイナミックAF」に設定すると良いでしょう。 機能 解説 シャッタースピード シャッターが開いている時間のこと シャッタースピードが速いと動いている被写体のブレが少なくなる シャッタースピードが遅いと被写体の動きを表現することができる AFエリアモード ピントを自動的に合わせてくれる機能 オートエリアAFモードは、全てのフォーカスポイントから被写体を判別してピントを自動で合わせる機能 ダイナミックAFモードは、フォーカスポイントを選び、被写体がフォーカスポイントから外れた場合も周囲のフォーカスポイントが被写体を捉えてピントを合わせ続けてくれる機能 また、最近では全力疾走する愛犬を高速連写して飛んでいるように見せる「飛行犬」の撮影も流行っています。飛行犬はとてもブレやすく撮影が難しいため、高速シャッターを切れる一眼レフがおすすめです。 項目 飛行犬 イメージ     撮影方法 シャッタースピード:1/500秒以上 ピント:撮影位置や通過が予想される位置に合わせる 「シャッタースピードは1/500秒以上」に設定し、「撮影位置にピントを合わせておく」 と飛行犬の撮影も成功しやすいでしょう。 2.猫 愛猫を撮影する際は、ねこじゃらしやお気に入りのおもちゃで遊んだりじゃれたりして、ご機嫌をとりながら猫のペースに合わせて撮影すると良いでしょう。また、猫は本来夜行性の生き物のため、活発な様子を撮影したい場合は夜の時間帯がおすすめです。 「いつもと違う写真を撮影してみたい」という方は、アングルに凝ると普段とは雰囲気の異なる写真になります。猫目線に合わせて低いアングルから撮影すると躍動感がでたり、高いアングルから猫の上目遣いの写真を撮影すればとびきりキュートな写真を撮影できるでしょう。 スマホで撮る場合 気まぐれな猫の撮影には、いつでも手軽に撮影できるスマホ撮影が向いています。「撮る猫」と「Cat Snaps」というアプリを利用すると、撮影が簡単になったり、ユニークな写真が撮れるためおすすめです。 アプリ名 撮る猫 Cat…