CATEGORY コラム

コラム

AirPodsケースのおすすめ10選!見た目や機能、あなたは何にこだわる?

AirPodsケースは付ける派?付けない派? AirPodsを持っている方にアンケートを取った所、96%の方がAirPodsケースを使用して利用していることがわかりました。そのまま使うという方も少数いらっしゃいますが、それでも大多数がケースを付けるという選択をしています。実際にケースを付ける派の方の理由を見ていきましょう。 調査を進めたところ、上記のような4つの理由から特にケースを付ける方が多いことがわかりました。やはり、その多くは紛失や落下を防ぐために付けるという方が多いことがわかります。AirPodsのスマートでコンパクトなデザインは好まれていますが、逆に「落としてしまうかも…」と心配する方も多いようです。滑りやすく小さいデザインのAirPodsだからこその悩みとも言えます。また、小ささで言えば、掃除のしにくさからもケースを付けるという選択肢に繋がります。 また、万が一AirPodsを落としてしまった場合に損傷する可能性を危惧している方もいらっしゃいました。それはAirPods本体がプラスチックでできているためだと考えられます。プラスチックは耐久性がそこまで強い素材ではないので、落下による故障の可能性は少なからずあるでしょう。だからこそ、AirPodsを長く大切に使い続けるためにはケースを付けることがおすすめと言えます。 AirPodsにケースが必要な理由 AirPodsにケースが必要になる理由は上記の3つが考えられます。 まずはそのコンパクトゆえの悩みとして、バックの中でどこにあるか分からなくなってしまうことがあります。しかし、AirPodsケースをつけることでバックの中ではもちろん、外でも紛失防止になります。せっかくのイヤホンデバイスなら、使いたい時にぱっと見て使えるほうが便利であると言えます。 次の理由としては落下防止です。口コミから多くの方が落下防止にケースを付けていることがわかるように、AirPodsはプラスチックでツルツルとした表面なため、どうしても滑りやすいフォルムであるというデメリットがあります。さらに小さいため、うっかりして落としてしまうことを防ぐためにもケースが必要であることがわかります。 また、もし落としてしまった場合に、ケースを付けていればAirPods自体の傷を防ぐことはもちろん、ケースが衝撃を逃してくれるので故障する可能性も低くなります。本体自体がある程度の耐久性は持っているとはいえ、精密機械なので長く使うためには大切に扱うことも大事になってきます。 AirPodsケースの選び方 ここからは実際にAirPodsケースの選び方を見ていきましょう。今回はケースの選び方として以下の3つを基準に見ていきます。 選び方 AirPodsの世代で選ぶ ケース素材で選ぶ ケースの機能で選ぶ AirPodsは3世代発売されており、それぞれスペックが多少異なります。まずは購入予定、またはお持ちのAirPodsの機種を調べることをおすすめします。 AirPodsの世代で選ぶ 機種 AirPods 1 AirPods 2 AirPods Pro 形状 縦長(53.5×44.3 ×21.3mm) AirPods 1と同じ 横長(45.2×60.6 ×21.7mm) LEDの位置 ケースの蓋内部 ケース外側の前面 ケース外側の前面 充電 有線充電 有線充電/ワイヤレス充電 有線充電/ワイヤレス充電 AirPodsの機種一覧からわかるように、細かい点で世代ごとにかなり異なることがわかります。しかし、AirPodsの第1世代と第2世代は機種本体は同じ大きさなため、同じケースを使うことができます。ただし、第1世代用ケースを第2世代に使うとLEDが見えない、ワイヤレス充電が使えないという場合もあるため注意が必要です。 また、第3世代のAirPods Proの場合は逆に機種本体の大きさが異なります。そのため第1世代と第2世代のケースとの互換性はなく、AirPods Pro用のケースを使う必要があります。 このようにAirPodsは互換性がありつつもネックがある第1世代と第2世代と異なる機種規格になっている第3世代があります。買い間違えが起きないように選ぶ際はAirPodsケースの基本機種を調べ、使い勝手の差が出ないか各項目を見比べるようにしましょう。 ケース素材で選ぶ 素材 特徴 シリコン デザイン豊富だが埃等がつきやすい レザー 高級感があるが本革でないレザーだと革が剥げやすい アルミ スリムで保護機能は高いが価格帯が高めなものが多い AirPodsケースとしてポピュラーな素材は3つあります。スマホケースなどでもよく使われる素材でもありますが、それぞれがメリットとデメリットがあるため、自分の好みの物を選ぶことがおすすめです。 シリコン…

コラム

ラメ入りのAirPodsケースが可愛い!人気のデザインを紹介

ラメ入りのおしゃれなAirPodsケースが欲しい! コンパクトに持ち歩けるAirPods。純正のケースもシンプルで良いですが、シンプル過ぎてちょっと物足りない…毎日持ち歩く物だからこそ、おしゃれで可愛いケースを使いたい。そんな風に感じている人は多いのではないでしょうか。キラキラのラメが入ったケースなら、使う度に華やかな気分になれそうです。 ラメ入りAirPodsケースの魅力とはどのような部分にあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。                                    ラメ入りAirPodsケースの魅力 ゴージャス感を演出できる ファッションのワンポイントとしても活躍してくれる 華やかなので見ているだけでも気分が上がる キラキラのラメが入ったAirPodsケースは、見た目にも華やかで気分も上がるアイテムに。手のひらに納まるコンパクトサイズとはいえ、その存在感は抜群。ゴージャスなだけではなく女性らしさも感じさせるケースは、それ一つだけでファッションのワンポイントとしても周りの目を惹くこと間違いなしです。 取り外し可能なカラビナが付いているタイプなら気軽にバッグやベルトに取り付ける事が可能。アクセサリーのように楽しむのもおすすめです。 キラキラした物は取り入れる場所が重要 キラキラしたアイテムは「さりげなく取り入れる」のがポイントです。 華やかだからといって、あまりにたくさんキラキラした物を取り入れてしまうのはNG。せっかくのおしゃれで可愛いアイテムも、多く付け過ぎてしまうと一つ一つのアイテムが持つ魅力が色褪せてしまうだけでなく、品がないようにも見えてしまいます。 キラキラしたアイテムは全体のバランスを考えて、その魅力を引き出すよう上手に取り入れましょう。 AirPodsはそれ自体がコンパクトでスマートなもの。ラメ入りのケースを使う事で、さりげなくそのキラキラした華やかさをアピール出来ます。 キラキラのラメが好きな女子の心理                                キラキラのラメが好きな女子の心理 自分を美しく魅せるための女性の本能 お姫様のような思考を持っている 女性は何歳になっても美しく在りたいと思うもの。キラキラしたものを身に着ける事で、より自分自身の魅力を高め、引き出そうとする本能があるのです。 遺伝子的な話では、男性は狩りの際に役立つよう光や陰などの「動き」に反応しやすい細胞を多く持っているのに対して、女性はパートナーや子供を包み込む母性から「見た目の色や形、質感」などに反応しやすい細胞」を多く持っていると言われています。そのため男性は黒やグレーなどの濃い色を選ぶ傾向があり、女性は綺麗で美しいもの、優しい色合いや華やかなものに心惹かれる傾向があるのです。 また、個人差はありますが女性の多くは無意識的にお姫様やお嬢様へ憧れる気持ちを持っているため「大切にされたい」「華やかでありたい」といった思いから、綺麗でキラキラしたものを物を求めやすいというデータもあります。 キラキラのラメが入ったAirPodsケースはそんな女性の思いを満たし、日々の生活に彩りを添えてくれる事でしょう。 おすすめは「キラキラビジューAirPodsケース」 商品名…

コラム

女性が好むかっこいいAirPodsケースを厳選紹介!こだわり派も満足の7選

「可愛い」ではなく「かっこいい」を選ぶ女性の声 とてもメジャーになってきた、Apple社製のワイヤレスイヤホンであるAirPods。iPhoneにケースを付けるように、AirPodsのケースにもこだわりたい人は多いのではないでしょうか。 しかし一口にAirPodsケースと言っても、可愛いものからかっこいいものまで、多種多様なテイストのものがあります。 かっこいいAirPodsケースを選ぶ女性の声としては、「大人っぽく見せたい」「人から見てかっこよく見られたい」「他の人と被りたくない」「かっこいいという言葉に惹かれる」「年齢を考慮しないですむ」というものがあげられています。 可愛いものも魅力的ですが、少し幼さを感じさせてしまう点もあります。自分の印象を大人っぽくさせたいと思っていたり、年齢を考慮せずに長く使いたいと考えている場合には、可愛いものよりも、かっこいいものを選びましょう。それだけでも、幼い印象を薄めることができ、適度な大人っぽさを出すことができます。 また、人とケースが被ってしまうと、どちらが自分のものか分からなくなる危険性もありますし、何となく気まずさを感じることもあるかもしれません。オリジナリティを大事にしたい場合、人とケースが被らないことをは重要なポイントとなるでしょう。 かっこよく見られたかったり、かっこいいという言葉に惹かれてきた人にとっては、かっこいいAirPodsケースを選ぶのは自然なことです。 かっこいいAirPodsケースが持っている特徴には、性別に左右されずに使うことができるという点もあります。昔からある「女性らしさ」に縛られずに、かっこいいAirPodsケースを導入したいと考えている女性は増えてきているのです。 あなたにとって「かっこいいAirPodsケース」とは? 「かっこいいAirPodsケース」の中でも、どんなところを「かっこいい」と感じるかは、人によって様々な意見があります。 一番多くの人が、「かっこいい」と感じているのは、デザインについてで、54%と半数以上を占めています。次いで、機能性の高さが24%と全体の約1/4にあたるポジションを占めています。そのあとに、素材が11%、カラーが10%の順で「かっこいい」と感じる点としてあげられています。また、その他の理由としては、他人が持っていない個性的なケースを「かっこいい」とする回答もありました。 デザイン、素材、カラーという視覚的なポイントについてかっこよさを感じる人がかなり多い反面、機能的なかっこよさを重視する声もあります。このことから、「かっこいいAirPodsケース」が一筋縄では説明できないことが分かりました。 それでは、「かっこいい」と感じるこだわりのポイントをさらに細かく紹介していくとともに、こだわりポイントに合ったAirPodsケースを見ていくことにしましょう。 かっこいいAirPodsケースを紹介【こだわりポイント別】 ここでは、「かっこいい」と思うこだわりとして上げられている、デザイン、機能性、素材、カラーの4つのポイントに分けて、そのポイントを選択した理由とともに、ポイント別のおすすめのAirPodsケースを紹介していきます。 デザインにこだわってかっこいいAirPodsケースを選ぶなら   かっこいいAirPodsケースを選ぶ上で、一番多くの人が重要なポイントとあげていたのがデザインです。 デザインを重要視している人の声としては、「デザインがタイプだとワクワクする」という気持ち的なものから、「自分のファッションと合うデザインを選びたい」、「デザインが一番目に付く」というビジュアル的なものまであります。 かっこよくて見ているだけでワクワクするデザインのものを持つと、愛着も湧きやすく、長く使うきっかけにもなります。つい人に自慢したくなるかもしれません。 うっかり無くしてしまうということも格段に減るでしょうし、特徴的なデザインであれば、仮に紛失しても、見つかる可能性が高くなります。 また、自分がどういうデザインのものを持ちたいか、ということは、自分がどう見られたいかということにも繋がります。ファッションにこだわりのある人にとっては、自分のスタイルと合うデザインのAirPodsケースを見つけることはとても大切です。 AirPodsケースを選ぶ時の第一印象も大切です。一目惚れでケースを選ぶ人もいるかもしれません。それぐらい、デザインの持つ力は大きいのです。 常に持ち歩くものなので、自分好みのかっこいいデザインのAirPodsケースを手元に置きたいですね。 ハードな感じがかっこいい!耐衝撃ケース 商品名 AirPodsケース 保護 耐衝撃 防水 防塵 イメージ 価格 1,480円(税込) 対応機種 AirPods1/2 URL 詳細はこちら がっちりとしたデザインで、厚みのあるシリコン素材でできているAirPodsケースです。うっかり落としてしまっても、衝撃に耐えられるように作られています。また、ケースは指紋がつきにくいデザインで、さらに水洗いもできるため、清潔さを保つことができます。 ケースの底には充電ケーブル用の穴が空いているため、ケースを付けたままAirPodsの充電を行うことができます。5種類のカラーが展開されているほか、カラビナが付いているため、好きなところに取り付けられます。   機能にこだわってかっこいいAirPodsケースを選ぶなら 機能性の高さを重視してAirPodsケースを選んでいる人の理由としては、「長く使うため」、「最新の機能にかっこよさを感じる」、「見た目よりスペック」というものがあります。 かっこよさの一番の理由に上げられていたデザインですが、それ以外の面で不満に思うポイントが出てくるのは避けたいところです。 例えば、使っているあいだにケースがすぐにボロボロになってしまったり、落とした衝撃で大事なAirPodsが壊れてしまったら、どんなにデザインが好みでも、ケースを購入した意味がなくなってしまいます。 より使いやすいもの、より耐久力のあるもの、ということを考えると、”機能性の高さ”をかっこいいポイントとして考えるのは自然なことでしょう。見た目はシンプルでも、機能性が高ければ、満足度は高いはずです。 また、機能性を重視することで、長い年月に渡っての使用を考えるのは、経済的でもあります。 AirPodsの利用シーンに合わせて作られた製品は、特に機能性が高いと言えます。 蓄光機能付きAirPodsカバー 商品名 AirPods カバー 蓄光 イメージ 価格…

コラム

AirPodsの本体やケースの掃除方法を徹底解説!汚れにくくする方法とは?

AirPods本体やケースの汚れやすい場所は? 一度使い始めると、その機能性の高さと快適さから、毎日の移動に手放せないと評判の「AirPods」。 しかしどんな物であっても、使う頻度が高ければ高いほど汚れは蓄積されるもの。もし気づいても、普段使いするアイテムは、休日や時間があるときにやればいいや…と後回しにしてしまいがち。 AirPodsの場合、特にどこが汚れやすいのか皆さんはご存知でしょうか? まず、AirPodsは俗に言うインナーイヤー型です。耳栓型よりは目立ちにくいものの、やはり直接耳に装着する部分となるため、しっかり耳掃除をしている人でも多少の耳アカは付着してしまいますし、構造上、スピーカーを含むメッシュ部分などに汚れが溜まりやすいそうです。 そして意外と見落としがちな収納ケースは、特に蓋の開閉部分(溝の部分)にホコリが溜まり、汚れやすいと言われています。実際にAirPodsを使用している人のコメントからも、汚れる場所を考察していきましょう。 実際にAirPodsを使用している人のコメント Appleの公式サイトでは、製品に関して静電気の記述もあり、こちらも参考になります。実際に使用している人からは、半年~1年くらいは気にせず使えていたものの、それ以降に汚れが目立ってきた・もしくは気づいたというコメントが多く見受けられました。実は収納(充電)ケースの開閉部分、蝶番にはマグネットが使われているため、コメントにある黒いホコリは砂鉄である可能性があります。 極端に乾燥した場所でイヤフォンを使うと静電気が溜まりやすくなり、イヤフォンから放電された微弱な静電気を耳で感じる場合があります。イヤフォンから静電気を感じても、デバイスやイヤフォンに問題があるというわけではありません。この状態は、カーペットの上で足を引きずり、ドアノブに触れたときに静電気が生じるのとよく似ています。ただし、静電気が体に溜まるのではなく、イヤフォンを接続しているデバイスの方に蓄積されます。 引用元:https://support.apple.com/ja-jp/HT203298 静電気に引き寄せられてホコリ汚れが溜まってしまうのは、小さな家電であるイヤホンと収納ケースにおいても同じこと。この記事では、それぞれ適切なお手入れの仕方や、おすすめのケースカバーをご紹介します! 汚れが気になっている人はぜひ、参考にしてみてください。 AirPods本体の掃除方法 AirPodsは小さくても立派な精密家電のひとつであり、まるごとの水洗いは勿論NGです(AirPods Proには耐汗性がありますが、防水仕様ではありません)。小さな汚れやホコリも蓄積すれば取りづらくなったり、故障の原因と為りうることも。特に直接耳に装着する本体は、耳アカも一緒にキレイにしてしまいましょう。 AirPods本体の掃除で用意するもの 用意するもの 糸くずの出ない柔らかい布(2枚) 乾いた綿棒 糸くずの出ない布と言われても、あまりピンと来ないかもしれません。普段よく使うようなシンプルなハンカチでもOKなのですが、もしあればメガネ拭きや時計の手入れに使うセーム革のクロス、マイクロファイバータオルが特にオススメです。 綿棒はブラックタイプであれば取れた汚れも確認しやすく、全て100均で買い揃えることが出来るので、AirPods用のお掃除セットとして纏めておいても良さそうですね! Airpods本体の掃除手順 ※AirPodsにはシリーズを通して防水仕様ではないため、布は軽く湿らす程度にとどめましょう。 マイクやスピーカーのメッシュ部(網部分)については、乾いた綿棒で優しく耳アカや蓄積汚れを取り除きます。ひどい汚れでなければ、いちばん最初にエアダスターで吹き飛ばしてしまうのも手です。 そして、仕上げは乾いた布でしっかりと水気を拭き取りましょう。完全に乾いたことが確認できるまではケースに戻さないようご注意を。しばらく風通しの良いところで休ませておくのも良いかもしれません。 AirPods本体の掃除で注意すること いま現在に出ているAirPodsシリーズは、防水性はないという解釈でも良いと思われます(AirPods Proのイヤーチップ部分を除く)。そのため、水はほんの少しだけ含ませる程度でとどめることが大切です。そのほか、石鹸や溶剤・洗剤や香水などはシミや本体の損傷を招く可能性があり、Appleが使用禁止を促しています。 掃除を徹底的に行いたい考えであっても、鋭利な道具や研磨剤は絶対に使わないでください。例えば手近な爪楊枝やティッシュなどは、力加減によっては本体を細やかな傷などをつけてしまう場合もあるようです。 AirPodsケースの掃除方法 充電を兼ねているAirPodsケースも勿論水洗いはNGなのですが、汚れ具合によっては、イソプロピルアルコール(IPA)を湿らせた布でお手入れをしても良いようです。お掃除手順は本体とほぼ変わりませんが、ケースに使われている金属部分には注意が必要です。以下、用意するものを確認していきましょう。 AirPodsケースの掃除で用意するもの 用意するもの 糸くずの出ない柔らかい布(2枚) イソプロピルアルコール 毛先が柔らかく清潔で乾いたブラシ(2本) ブラシは歯ブラシでも代用が可能です。 新品を使う場合、歯ブラシには硬め~柔らかめの3種類があるので、柔らかめのものを使ってください。使い古しの歯ブラシを使う場合は、もう程よく毛先が柔らかくなっていますので、どの種類でも大丈夫です。 糸くずが出なければ、用意するのは普段使いのハンカチでも構いません。ただメガネ拭きやセーム革のクロス、マイクロファイバータオルは、掃除の際に使い勝手が良いのでオススメです。どれも100均で買い揃えることが出来ますよ。 AirPodsケースの掃除手順 ※アルコールはあくまでほんの少し湿らせるイメージで、あまり含ませすぎないように注意しましょう。 歯ブラシは汚れ具合により他の箇所をこする事もあるので、2本あると安心です。 ケースは特に開閉部分の溝に汚れが溜まっているので、AirPods本体の掃除で使用した綿棒や、歯ブラシで優しくこすってから、再度アルコールを湿らせた布で拭き取ると、だいぶ汚れが取り易くなるはずです。 AirPodsケースの掃除で注意すること ケースの掃除で最も注意したいのは、充電ポート部分の取り扱いです。金属製の接触部は破損の危険性があるため、充電ポートには何も入れないようにしましょう。 さらにイソプロピルアルコールを含め、掃除中に液体が侵入しないようにご注意を。もし万が一侵入してしまった場合は、蓋を開き、長時間上下を逆さまにした状態にして、完全に乾かしてください。 そして本体と同じように、研磨剤は使わないこと。本体と比べるとケースには落ちにくい汚れが蓄積しやすい傾向にあるため、やはり、普段からこまめなお手入れを心がけることが大事なようです。 AirPodsを汚れにくくする方法は? AirPodsを汚れにくくする方法のひとつとして注目したいのが「防塵」と「静電気対策」です。乾燥する季節、誰もが一度は静電気で痛い思いをしたことがあるのではないでしょうか? 静電気は人体のみならず、その時使用している電子デバイスや衣類にも蓄電すると言われており、AirPodsを汚れから守るためにも、収納場所に少し工夫するための提案をさせて頂きたいと思います。 AirPodsケースを入れる場所に注意する 移動の際、ポケットや鞄にケースを入れて移動する人は多いですよね。しかしどうしてもそういった場所には糸くずやホコリが溜まりやすく、それらがケースに付着してしまうことも少なくはありません。 合成繊維の洋服を着る機会が多いと、素材の関係で静電気も溜まりやすいため、より汚れをケースに引き寄せてしまうことに。ケースはしまい込むのではなく、フックやカラビナなどで外に引っ掛けるのもひとつの手段です。 AirPodsケースにカバーをつける AirPodsの普及に応じて、現在では様々なケースカバーが発売されています。ケースカバーをつければ、汚れだけでなく、デバイスが擦れることで生じやすい傷からもケースを守ることが出来ますし、なかには機能性に優れ、よりAirPodsのある生活を便利にしてくれるケースカバーもあります。…

コラム

AirPodsケースの自作方法は?初心者でも簡単にできる作り方を紹介

AirPodsケースを自作してみよう! 日用品はやはり、長らく愛用したいものこそ、お気に入りのデザインを使いたいですよね。現在、韓国を中心に「AirPodsケース」の自作が流行っていること、皆さんはご存知ですか? 日本でもハンクラや、女性でも簡単に出来る自宅DIYなどが流行しましたが、「自作」には独特のあたたかみや、作った人それぞれの特徴が出やすいもの。拡大の一途を辿るマーケットを購買者の視点から知り、「自分でも作ってみたい!」と刺激される人は続々と増え続けています。 ハンドメイドは身につけるものを中心に、スマホケースの自作が最も手近で、自分を表現しやすいとSNSで評判になりました。そして今もなお、自作ケースは進化しているといっても過言ではありません。 AirPodsケースは、スマホケースを自作した経験がある人であれば応用のように作ることができますし、勿論これが初めての自作という人でも、材料を含め手が出しやすいアイテムのひとつなんです。 土台のAirPodsケースを用意しよう 土台となるケースですが、自作初心者の場合、失敗することを念頭に入れるのであれば、安価で諦めが付きやすい100均で、まず用意してみましょう。勿論、これが100均製?と驚いてしまうようなクオリティの物が揃っていますから、失敗なく文句なしの作品が出来ても違和感なく使うことが出来ます。 そして、数ある素材の中でも加工に向いているのはプラスチック製のケースなのですが、AirPodsケースの主流素材はシリコンのため、上記で提案した100均のお店次第では取り扱いが少ないかもしれません。その時は楽天市場などを中心に、安い物であれば500円前後で販売されているようです。 カラーは特にクリアケースや無地(ホワイト)のほうが、自作デザインを活かすことが出来るためオススメに。もし可能であれば、フックやカラビナ付きもあるので、是非その有無もチェックして用意してみてください。 AirPodsの機種別ケースの選び方 機種 AirPods 1 AirPods 2 AirPods Pro 形状 縦長(53.5×44.3 ×21.3mm) AirPods 1と同様 横長(45.2×60.6 ×21.7mm) LEDの位置 ケースの蓋内部 ケース外側の前面 ケース外側の前面 充電方法 有線充電 有線充電/ワイヤレス充電 有線充電/ワイヤレス充電 2020年2月現在、発売されているAirPodsは3種類です。そのうちAirPods1/2は形状が同様でケースとしては使えるものの、LEDの位置が異なったり、ワイヤレス充電ができない可能性がありますので、対応機種に関しては購入前にしっかりと確認しましょう。 初心者にもおすすめ!AirPodsケースの自作方法5つ ここから紹介する自作方法は、スマホケースにも応用が出来る物ばかりです。少し調べてみたことがある人や、日頃からなにかと手作りをすることが多い人には、聞き馴染みのある素材も多いかもしれません。 どれもオリジナリティを出しやすいものばかりなので、各方法ごとの失敗しないコツを参考に、ぜひ気軽に挑戦してみてください! 1.UVレジンでAirPodsケースを自作 素材 UVレジン 必要なもの UVレジン液(ハードタイプ) 薄めの素材(切り紙や押し花など) ピンセット 爪楊枝、または筆 土台のケース 作り方 ケースにレジン液を垂らし、筆で均等に伸ばす (※背景にラメを混ぜる際は、筆で伸ばす前に、先に爪楊枝で混ぜ込む) 好きな素材を並べる UVライトをあてて硬化させる 全体にレジン液が行き渡るよう筆で伸ばし、UVライトをあてて硬化させる (※UVライトがない場合は日光で1時間ほど乾かす) UVレジンとは、主にアクセサリー作りで使われることが多い「紫外線硬化樹脂」のことです。幅広い素材を接着することが出来るため、現在ハンドメイドでは一番多く使われている樹脂ではないでしょうか。需要が大きいので、最近では100均でも取り扱われ、お店によってはコーナーなどで分かりやすく販売されています。 レジン液というと2種類ありますが、UVレジンのメリットは何よりもその簡易さと手軽さです。 液を混ぜる必要がなく、複数個を手早く作りたい人は、UVライトを使用することで更に硬化が早まり、効率が上がるため重宝されています。初心者の場合は、垂れにくいハードタイプのUVレジン液を使用しましょう。…

コラム

スマホケースの便利な使い方10選!ライフスタイルに合うケースを紹介

スマホケースの「使い方」とは? スマホケースの使い方は「傷の防止」だけではありません。例えばICカード付きのケースを購入し定期入れや財布と兼用している、手鏡が付属しているケースを使用しているなど様々です。しかし、「どんな使い方があるのか」を知らない人が多く、実際は選択肢の幅が狭くなっている可能性があります。 そこでこの記事では、多種多様なスマホケースの使い方をしている人にアンケート調査を行い、そのデータを元に傷の防止以外の用途を紹介していきます。自分のライフスタイルに合ったスマホケースの使い方を見つけてみましょう。 みんなのスマホケースの使い方は? グラフでは「ICカード入れ」「動画用スタンドとして」「防水の為に」という使い方が多く、次いで「財布代わりに」「プレゼントとして」などの使い方が続いています。今回のアンケートでは「スマートフォンを単なる傷や衝撃から守る」以外の使い方をしている人が多いという事が分かりました。 上記の一つの使い方に特化したケースもあれば、複数の使い方が可能となる多機能なケースもあります。それぞれの使い方別に詳しく見ていきましょう。 1.ICカード入れに使う アンケートでは「カードケースを持ち歩かなくていいので身軽」「カード類を財布から出す手間が省けた」などの声が多くありました。スマホケースとカードケースを兼用する事で、持ち歩く荷物を最低限に減らして身軽に行動出来るというメリットがあります。 中には「定期をパスケースに入れて使っていた時は紛失しやすかったが、スマホケースに収納して持ち歩くようになってからは失くさなくなった」という意見もありました。 カードケースと兼用のスマホケース 商品名 ICカード収納スマホケース     イメージ         ケースの形 手帳型 価格 1,300円(税込) 対応機種 iPhone 6/iPhoneXS Max URL 詳細はこちら こちらは手帳型ではありますが、クリアなTPU素材の背面にメタリックなバンパーが個性的なスマホケース。中を開くとICカードなどを入れられるポケットが付いています。スタイリッシュなデザインを損なわず、カード類も持ち歩きたいという人におすすめなスマホケースです。 2.動画用スマホスタンドとして使う 画面の大きな端末は動画などを視聴する際に見やすいですが、重さがネックになりがちです。アンケートでは「YouTubeなどの動画を見る時、長時間手に持ったままだと手が疲れてしまう」等の理由からスマホスタンドになるタイプのケースを使っているという意見が多くありました。 中には「両手が空くので楽だし、動画を見ながらメモを取る事も出来て便利」という声や、「安定した角度で動画を見る事が出来るので見やすい、集中出来る」といった声もありました。仕事などでビデオチャットを多く利用する、という人にもおすすめな使い方です。 スマホスタンドとして使えるケース 商品名 iPhoneXS Max 手帳カバー イメージ   ケースの形 手帳型 価格 2,800円(税込) 対応機種 iPhone 6/iPhoneXS Max URL 詳細はこちら 落ち着いた色合いと、手に馴染みやすいレザー調の素材が高級感を感じさせるスマホケース。背面部分を折り曲げると、スマホスタンドとして使う事が可能。長時間の動画視聴やビデオチャットなども、両手を使わずリラックスした状態で楽しめるスマホケースです。 3.防水のために使う 防水機能付きの端末もありますが、そうではない場合、大切なスマートフォンが濡れて故障してしまう危険があります。アンケートでは「入浴時にスマートフォンを気兼ねなく使えるようになった」「家事をしながら(濡れた手でも)使えて良い」といった声が多くありました。 最近はスマートフォン本体にぴったりと嵌め合わせるタイプの防水ケースも多く発売されています。こちらは入浴時だけではなく、普段使用としても違和感無く使えるデザインになっているのも嬉しいポイントです。 4.財布として使う…

コラム

スマホカバーって本当に必要?付ける派と付けない派の意見を紹介!

スマホカバーが必要な理由 現代の必需品であるスマートフォン。そしてそれに装着するスマホカバーはスマホと同時に購入する方が多く、必要不可欠なアイテムとして人気があります。では、多くの人は何故、スマホカバーを必要とするのでしょうか? 理由 傷防止 オリジナリティ 一番は傷防止としてスマホカバーを付ける方が多いです。そもそもスマホの外装は多少は耐久性があります。しかし、長く使っているうちに落としてしまったり、擦れ傷がついてしまう場合もあるからです。特に液晶部分は構造上、落としてしまった場合に割れてしまうこともあります。 また、傷防止の次にスマホカバーを必要とする理由としては、自分の個性を表現するためです。自分のスマホに個性を持たせたい方や持ち物にこだわりたい方は、おしゃれなスマホカバーを求めている傾向があります。特に近年では、おしゃれの一環としてデザインにこだわる人も増えてきました。 今回はそんなスマホカバーに注目して、スマホカバーを付けるメリットやデメリット、さらにおすすめの人気スマホカバーまでご紹介していきます。個性を重視したものから、耐久性を重視したスマホカバーまで、様々なものをご紹介しています。ぜひ、購入や買い替えをご検討中の方はご参考にご覧ください。 あなたはスマホカバーを付ける派?つけない派? スマホを持っている方に実際に「スマホカバーを付ける派?付けない派?」というアンケートを取ったところ、スマホを持つ約99%の方がスマホカバーを付ける派だと回答しました。ほとんどの方がスマホを買ったら、スマホカバーを付けるというのが一般的だということがわかります。では、スマホカバーを付ける方とそうでない方、それぞれはどんな理由から選んだのでしょうか? 付ける派と付けない派の方のそれぞれの意見を集めました。 付ける派の意見 付ける派の多くの方はやはり、傷防止や落下防止など、スマホを保護する役割でスマホカバーを付けるという意見が多くみられました。中にはスマホの買い替えなどで売却する際に傷が付いていないほうが高値で売れるからと考えている方や、スマホを落としたくないから滑り止め防止として使用しているという方もいました。 また、それと同時にケースでファッションとしてを楽しみたいなど、個性の表現としてスマホカバーを付けているという意見もみられました。おしゃれなケースで気分転換したり、毎日の服のようにスマホケースを変えて楽しむという方もいらっしゃるようです。さらにイベントによってスマホケースを変えるという方もおり、ファッションの一つとしてスマホケースが受け入れられていることがわかります。また、スマホ自体が人前で出すことが多いアイテムなので、さりげないおしゃれは目を引きます。 付けない派の意見 付けない派の方の多くの理由としては至ってシンプルで、スマホのそのもののデザインを好んでおり、何も付けずに持ちたいという意見でした。スマホ自体、各メーカーがこだわったフォルムやカラーでデザインされているため、「そのまま使いたい」という方も少なからずいらっしゃるようです。特にスマートなデザインを好きな方には、むき身のシンプルなスマホのほうが好まれています。 また、スマホ自体にはアルミやスチール、強化ガラスなどで様々な素材を組み合わせて耐久力を持たせているため、あくまでも絶対にスマホカバーを付けなければいけないというわけではありません。そのため、スマホ自体のデザインが気に入っている方はカバーを付けないという選択をすることは可能です。 iPhoneはなぜ割れやすい? スマホの中でも人気があるiPhoneですが、「iPhoneの画面は割れやすい」という意見も少なからずあるスマホでもあります。 そこで、iPhoneを修理した理由について実際にアンケートを取ってみました。すると、なんと約66%が液晶割れを原因に修理をしたということがわかりました。修理の原因の半分以上が液晶割れということは、iPhoneは耐久性面で弱点があり、割れやすいということがわかります。一見すると、他のスマホとの違いはわかりませんが、どこに弱点があるのでしょうか。 液晶部分の範囲が大きく薄い まず、一番の理由として考えられるのは液晶画面の大きさです。iPhoneの液晶はより快適に使えるように、需要に合わせて徐々に大きくなってきました。例えばiPhone11の画面は6.5インチもあり、男性の手のひらにのせても大きめのサイズです。そのため、ぶつけたり、落としたりする面は必然的に大きくなってしまいます。面が大きいということは、ぶつけた際にダメージを受ける可能性も高くなり、破損の可能性が高いと言えます。 さらに、iPhoneのガラスの画面は薄めであることも原因として挙げられます。iPhoneの画面のガラスを薄さは重量やスマホ自体の薄さなどを改善した反面、耐久性は低くしてしまっています。これはiPhoneの快適さとデザイン性を追求したゆえの弱点とも言えます。 ガラスが丸みを帯びているため少しのヒビで割れてしまう iPhoneのディスプレイとスクリーンが一体型のスマートなデザインは数多くの方に好まれていますが、そのデザインにも液晶割れの原因が隠れています。iPhoneは一体化するためにガラス自体に丸みが帯びています。しかし、この構造が逆に画面へのダメージの耐久性を下げてしまい、少しのヒビで液晶が割れる場合もあります。iPhone自体もその問題点を改善するため、さらに強い強化ガラスを採用するなど進化はしていますが、それでも液晶割れの可能性は捨てきれません。 スマホカバーのメリットとデメリット ここまで、スマホカバーを付ける人の意見や破損などの可能性についてご紹介してきました。 次にスマホカバーのメリットとデメリットをご紹介していきます。ここまで読むと「スマホカバーを付けるべきかも」と思う方も少なからずいらっしゃるかもしれません。もちろん、スマホカバーを付けることによって得れるメリットも大きくあります。ただし、それと同時にデメリットもあります。具体的にどんなものが挙げられるか見ていきましょう。 メリット スマホカバーを付けることによって得れるメリットはスマホの保護はもちろん、おしゃれを楽しめることも挙げられます。最初にご紹介しましたが、スマホカバーはファッションのように付け替えて楽しめるアイテムです。名画デザインのスマホカバーから、作家物のデザインなど様々なデザインを、その時々の気分で楽しむことができます。 また、おしゃれでさらに機能性が高いスマホカバーであれば、使い勝手も良く便利なアイテムとして活躍します。例えば「手帳型スマホケース」と呼ばれるものはカードを収納することができたり、鏡が付いていたりと機能性が高いスマホカバーです。特に鏡が付いているものは、エチケットや化粧直しなど何かと便利です。また、持ち物を少なくしたい方や、スマホを持って手軽に出歩きたい方など、ミニマリストの方に向いていると言えます。 デメリット デメリットは単純ですが、スマホを分厚くしてしまったり、重量を重くしてしまう点です。表面に装飾がないデザインのみのスマホカバーなら、その多くがなるべく軽く薄く作られてはいますが、多少の重さと厚さは変わってしまいます。たった数g、数mの差とは言え、手に持つものなので持った感触はかなり変化してきてしまいます。 また、次に留意しなければいけないのはスマホの発熱です。スマホは多くのプログラムを動かし、通信しているため、 重いファイルやアプリを開いている 複数のプログラムを同時に開いている 充電しながら動かしている など条件が重なると、スマホの負荷が上がり、発熱してしまうことがあります。スマホ自体は高熱になりすぎないよう、熱を外に逃がすよう設計されています。しかし、この熱がスマホカバーを付けていることによって、逃げにくくなる場合もあるのです。スマホが高温になるということは、最悪の場合、オーバーヒートでスマホを痛めてしまう可能性や、電池の破損の可能性もあります。 カバーを付ける方はもちろんのこと、そうでない方もスマホの発熱には十分注意しておきましょう。 用途別!おすすめのiPhoneケース スマホカバーのメリットやデメリットをご理解頂いたところで、ここからはおすすめ人気のiPhoneケースについてご紹介していきます。スマホカバーは形によって、用途や印象が異なるため、それぞれにメリットがあります。表と解説で詳しく解説しているので、ぜひ参考にご活用ください ご自身のライフスタイルに合うタイプのスマホカバーを選んでみましょう。 オリジナリティを出したいならオリジナルスマホケース 商品名 オリジナルスマホケース イメージ 価格 1,080円(税込) URL 詳細はこちら こちらの「オリジナルスマホケース」は、オーダーメイドタイプのiPhoneケースです。自身の好きな写真を加工して、オリジナルのスマホカバーを作ることができます。記念写真や愛犬・愛猫の写真など、スマホでもカメラでも撮影した写真なら、好きなものを高発色なフルカラープリントでスマホカバーに印刷します。 大きな特徴は、写真と入れたい枠や入れたい文字を選択すれば、合成をメーカーが行ってくれることです。カスタムの種類は多く、約30種類以上の枠から選択して、お好きな写真に文字と共に合成します。さらに納品前に完成イメージも提示してくれるため、失敗もなく安心して作ることできます。 また、美しく印刷した写真の保護のために仕上げにコーティング加工も施しています。コーティングも5種類用意しており、耐久性を高めながら、さりげないおしゃれを演出してくれます。 特別な写真を形に残したい方や自分のオリジナリティをスマホカバーで出したい方におすすめです。 傷防止に強いiPhoneケース…

コラム

使いやすいスマホケース10選!自分のスタイルに合うスマホケースの選び方

あなたにとっての「使いやすいスマホケース」とは? スマートフォンの性能の進化に応じて、近年スマホケースに求める実用性や汎用性の種類も急速に変化してきているのを皆さんはご存知でしょうか? 当記事では、使いやすさのポイントは人それぞれ異なるものの、どういった点がより重視されて「使いやすいスマホケース」となったのか、編集部の独自調査によるアンケート結果を踏まえて詳しく検証していきます。 1.傷を防止できる 日常生活で使用するなかで、どれだけ本体から「傷を防止できる」か否か。ケース本来の生まれ持った意味を考えれば、約半数が回答をした当項目が1位であるのは、まさに妥当な理由であると言えます。 ASUSなど格安スマホの選択肢もあるなかで、今も多くのシェアをiPhoneなどの大手メーカーが占めており(参考:NTTドコモ モバイル社会白書2019)大手メーカー製の場合、本体代金が10万~の物がほとんどで、長く使うとはいえスマホが高額な買物であることに変わりはなく、購入に際して「使用中でもなるべく傷をつけたくない」という心理が働くのではないでしょうか。 ほかにも「落として液晶が割れた経験がある」「修理代が高いから液晶を割りたくない」「小さい子どもがいて割らないか心配だから」という詳しい回答もあり、体験に基づいた選択であることも分かります。 2.スタイリッシュでかさばらない スマホと合わせてもかさばらないものが良いという項目は、2位となる33%の人から回答頂きました。 こちらも「ポケットに入れられる厚さだと使いやすい」「できるだけ軽くしたい」といった体験に基づいた声が挙がっており、携帯運用をするうえで、やはり重量や厚みは性能の次に大切なポイントに。 女性の場合、重すぎると持って操作している時に疲れてしまうでしょうし、男性ならズボンや上着のポケットに入らない分厚さは困りますよね。最近はスマホ自体が大きな機種もあるため、ケース装着後もスタイリッシュであるかどうかが重視されているようです。 3.スマホ以外の小物を収納できる スマホケースが登場した当時は、シンプルなケース型と手帳型で迷った方も多いのではないでしょうか。 電子マネーを筆頭に、キャッシュレスが国内でも意欲的に勧められている昨今は特に、収納力も重視したケース選びが行われているようです。「財布を持っていないからカード類を入れたい」「持ち物を減らしたい」といった希望を叶えてくれる手帳型はもちろん、縦型や背面収納型もジワジワと種類を増やしています。 もちろんICカードやキャッシュカードを入れる以外に、万が一スマホが壊れて使えない時でも連絡先が分かるようにメモや、掛かり付けの医師や常備薬が判る意思表示カードを入れたりと、エマージェンシー的な使い方も出来ます。 4.ファッションアイテムとして使えるデザイン 意外にもアンケートでは優先度2%と低い結果となったデザイン性ではありますが、「毎日使用するものだからオシャレじゃないと持ちたくない」「コーデのポイントになるようなデザインがいい」などの声が上がっており、ハッと目を引くような色や美しいイラスト、個性的なデザインなど多く出ています。 中にはお気に入りが見つからないなら自作してしまおうと、女性を中心にパーツを購入して凝ったデザインを完成させ、SNSなどで自慢している人も!「使いやすさ」という点ではその優先度が低くても、やはり自分が気に入ったもののが愛着がわくし、大切にしようと思えますよね。 5.その他 その他の項目では、「よく落とすので衝撃耐性が強いケースがいい」「手帳型がいい」といった回答が。自分の中ですでに使いやすさの基準が決まっていると、細やかな点は重視しない人もいるようです。ちなみに「衝撃耐性に強いケース」という回答ですが、具体的にはどのような素材が衝撃に強いのでしょうか? スマホケース市場を見ていると、よくPU(ポリウレタン)、TPU(熱可塑性ウレタン)やPC(ポリカーボネート)、シリコンという文字を目にする事が多いと思います。素材が安価なそれらは、比較的安めのケースに使われていることが多い素材ですが、値段にかかわらずそれなりの耐久性を持っています。 しかしスマホは熱を持ちやすいので、衝撃に強くとも耐熱性に弱かったり、静電気を集めやすくホコリがつきやすいといった難点をそれぞれ抱えています。ケース選びの際には、素材が持ち合わせているデメリットもしっかり押さえておきたいところです。 スマホケースの種類を紹介! ケース型 手帳型 縦開き型 (フラップ型) スマホリング (バンカーリング) 現在発売されているスマホケースは、大きく分けて4種類。それぞれにどんな特徴(メリット・デメリット)があり、どんな人におすすめなのかを分かりやすくご紹介していきたいと思います。スマホケース選びに悩んでいる人は是非参考にしてみてくださいね! ケース型 種類 ケース型 イメージ   保護機能 ★★☆☆☆ デザイン ★★★★☆ 収納力 ★☆☆☆☆ スタイリッシュ ★★★★★ スマホケースの中でポピュラーなケース型。デザインやカラーは4種類のなかで最も豊富といえますし、特にスタイリッシュさには満点の★5つ評価をつけさせて頂きました。いまは背面収納を備えたケース型も出ていますが、収納力はいちばん低いケースとなります。 ケース型スマホケースのメリット・デメリット ケース型のメリットは、1,000円程度の安価なものが多いこと。美しいプリントのデザインやカラーも選びやすいほか、クリアタイプのものを選べばスマホ本体のカラーを活かすことも出来、見た目も使い勝手も良いため、一番無難なスマホケースといえます。 ケース型のデメリットは、背面や側面は良いものの、画面はむき出しのため衝撃からの保護ができないこと。むき出しの画面ゆえカバンの中で誤作動が起きたり、ケースの変形や変色も起こる可能性があります。 手帳型 種類 手帳型 イメージ   保護機能 ★★★★★…

コラム

iPhoneケースの材質を解説|自分に合ったケースを選ぼう

iPhoneケースの材質の重要性とは? iPhoneケースは色々な材質で作られています。例えば、市販されているiPhoneケースの多くは、ポリカーボネートというプラスチックでできています。また、人気の手帳型に多いのは本革や合皮です。そして、強度の高い金属でできているものも売られています。 材質が変わると、加工のしやすさが変わり、iPhoneケースの厚みが変わり重さに影響します。また、材質そのものの手触りも異なります。そして、材質によって強度も違います。そのため、iPhoneケースを選ぶときに機能を重視して選ぶなら、材質にこだわるとより衝撃に強いものや長持ちするiPhoneケースが選べます。 また、iPhoneケースは毎日手に取るものなので、触り心地がよいと愛着もわき、長く使い続けられるでしょう。このように、iPhoneケースには材質によってさまざまな特徴があります。iPhoneケースは多くの種類が販売されているので、材質を知れば、iPhoneケースを選ぶときの基準としても役立てられます。 材質を重視したことがある人は100人中73人 iPhoneケースは、材質によって変色がしやすかったり、破損しやすかったり、汚れやすかったりというデメリットがあります。ここでは、iPhoneケースを選ぶときに材質を重視するかどうかのアンケートの結果を見てみましょう。 「はい」と回答した人の意見 73%もの人がiPhoneケースを選ぶときに材質を重視しています。材質を重視してiPhoneケースを選ぶ人の中には、汚れがついたときに洗えるかを考えているため材質を気にしているようです。 iPhoneケースは水洗いできるものもありますが、材質によっては水洗や洗剤を避けるべき材質もあります。iPhoneが汚れたときに洗いたい人は、材質に注意すべきでしょう。 また、シリコン製のiPhoneケースは、その性質上、埃を吸着しやすいため避けているという人もいるようです。それに対して、シリコンのようなゴム製のiPhoneケースだと、しっかりとグリップできるため、落下での破損防止のために選ぶ人もいるようです。 そして、毎日使う物だから愛着を持って長く使い続けたいという人は、耐久性がある素材や手触りがよい素材を選んでいるようです。 「いいえ」と回答した人の意見 iPhoneケースは安価で売られているものもあり、その日の気分に合わせてつけ替える人もいます。いろいろな種類を持ってファッションの一部として楽しみたい人は、材質よりもデザインを重視しています。 少数いる材質を重視しない人の背景 iPhoneケースは百均でも売られており、簡単に手に入れられます。そのため、耐久性などは考えず、ケースが壊れたら、新しいデザインのものに買い替えるという人も少なくないでしょう。 また、価格重視で選ぶ人の中には、素材にこだわらない人もいるようです。 そして、少しでも気に入ったデザインのiPhoneケースを持ちたい人は、材質よりもデザインにこだわって選んでいるようです。 このように、材質を重視しない人は、材質よりもデザインや使用感、価格などを優先して選んでいます。 そもそも、材質を重視しない人は、iPhoneケースの材質にどのようなものがあるかを気にとめておらず、材質が変わったからといってどんなメリットやデメリットがあるのかを理解していない人が多いようです。 もちろん、デザインや機能性、価格などを考慮することも大事ですが、それに加えて材質の特性を知って選べると、より自分に合ったiPhoneケースを選ぶことができます。 材質ごとの特徴が分かれば考慮する? 材質を考慮せずにiPhoneケースを選ぶ人が一定数いる中、材質ごとの特徴が分かれば考慮するかとのアンケートを取ると、100人中99人が「はい」と答えています。 このアンケートを見る限り、ただ材質の特性を知らなかったからデザインなどを優先して選んでいただけで、材質の特性がわかれば、材質も考慮してiPhoneケースを選びたいと考えているようです。 そこで、次章からは、より自分に合ったiPhoneケースが選べるように、iPhoneケースに使用されている主な材質とその特性を紹介していきます。 iPhoneケースの材質は大きく分けて3種類 ハード ソフト レザー ポリカーボネート メタル 木製 シリコン TPU 合皮 本革 iPhoneケースの素材には、さまざまな種類があります。それぞれの種類にどのような特徴があるかを知ると、iPhoneケースを選ぶときに役立ちます。 1.ハードケース ポリカーボネート(PC) 特徴 軽い デザインが豊富 高い強度 店頭にはこのポリカーボネートでできたiPhoneケースが多く売られています。細かな文字や絵柄もくっきりと鮮やかに印刷ができるので、カラフルでデザインもさまざまなものが販売されています。 ガラスの約250倍もの強度を持つポリカーボネートは、iPhoneを衝撃から守ることができます。また、この材質には、加工しやすいという特徴があるので、薄くiPhoneにピッタリな軽いケースが作成できます。 ただし、日光に長くあてると黄ばみがでてくるので注意が必要です。また、薬剤にも弱くアルカリ剤や有機溶剤の使用はNGです。洗剤で洗ったり、接着剤を使用してデコるときには注意が必要です。 汚れたときは軽く水洗いするか、拭き取る程度が無難です。また、デコレーションするなら、接着剤はエポキシ系やウレタン系、シリコン系のものを使用するとよいでしょう。 軽量で操作がしやすいので、気に入ったデザインのものが見つかれば長く使い続けられそうです。また、硬い素材なので、自分でデコレーションを施すこともできます。 黄ばみが心配な人は日の下に放置せず、クリアな透明や薄い色を避けた方がよいでしょう。 メタル 特徴 強度が高く、衝撃に強い 高級感がある 重い スタイリッシュでクールな外観のメタル素材のiPhoneケースは、強度がほかの素材のiPhoneケースよりも高く、耐衝撃性に最も優れています。 金属の中でもアルミ素材のものが多く、強度が高いため耐久性にも優れています。ただし、ほかの素材よりも重さがあるのがデメリットです。長時間iPhoneを使う人は、手に負担を感じるかもしれません。…

コラム

スマホケースの選び方を徹底解説!手帳型やバンパー型など型別のポイントも紹介

長く愛用できるスマホケースを選ぶには スマホケースは普段から持ち歩くことが多いため、長く愛用できるお気に入りのものを選びたいものです。しかし、いざ購入しようと思うと、種類が多くて一体どれを選べばよいのか分からないという経験がある人も多いのではないでしょうか?今回は、スマホケースを選ぶときに何を基準として選んでいるのかを知るため、100名の人にアンケート調査をおこないました。 アンケートの結果、全体の4割近くの人が「デザインで悩む」と回答しています。スマホケースは人目につくことも多く、ファッションの一部として考えている人もいるため、納得のいくデザインのものを探すのは一苦労のようです。 「デザイン」の他にも、「機能性」「サイズ」「ケースの形」「素材」と様々な回答がありました。スマホケースを選ぶ上で重視するポイントは、人によってそれぞれ異なるようです。 スマホケースの選び方 スマホケースはたくさんの種類があるため、自分の中で「ここだけは譲れない」というポイントをいくつかまとめておくと、スムーズにお気に入りのものを見つけることができるでしょう。アンケート結果をもとに、「サイズ」「素材」「デザイン」「機能性」「ケースの形」の5つにポイントを絞って、スマホケースの選び方を解説していきます。ぜひスマホケース選びの参考にしてみてください。 1.スマホケースのサイズで選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースのサイズ選びで悩む」と答えた方は15%おり、「間違えて買ってしまった苦い経験があるから」「サイズを間違うと微妙にカメラ位置に被ったり、USBコネクタに被ったりすることがある」といった口コミが目立ちました。 自分の持っているスマホの専用ケースを購入すれば、問題なく使用することができます。しかし、「古い機種のためケースが販売されていない」「専用ケースの種類が少なく欲しいケースがない」という場合は、専用ケース以外のものを購入しなくてはなりません。 専用ケース以外を購入する際は、スマホが何インチかを確認してそれに合うケースを購入しましょう。ただし、同じサイズであってもiPhone6sとiphone7のように、カメラの位置や形、イヤホンジャックの有無が異なると同じケースを使用することができません。自分の持っているスマホはどのスマホケースなら使用できるのか、購入前にきちんと確認しておきましょう。 2.素材から選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースの素材選びで悩む」と答えた方は11%おり、「素材によっては、すぐに端がボロボロになるケースがある」「長く使いたいので、しっかりした素材を選びたい」といった口コミが目立ちました。 素材 特徴 シリコン 弾力性がありフィット感が良い。クッション性も高いため落下時の衝撃を吸収してくれる。 劣化しやすく、汚れが付着しやすい。 プラスチック (ポリカーボネート) 衝撃に強く、耐熱性が高い。価格がリーズナブルのものが多い。 素材が固めであるため、落とした際にスマホは無事でもケースが割れてしまう可能性が高い TPU シリコン素材とプラスチック素材の特徴を合わせ持つ素材。弾力性があり衝撃に強く、ケース自体も割れにくい。 耐熱性が低いため、高温の場所に置いておくと変形する可能性がある。 レザー (本革) 手触りが良く高級感があり、劣化しにくく長く使用するほど味わいがでる。 価格が高め。水に弱く、定期的に革の手入れが必要。 PU (合成皮革) 本革と比べると安価で、水に強く汚れても手入れがしやすい。 劣化しやすく、長く使用すると革がボロボロになってしまうものが多い。 アルミ スタイリッシュな印象。高い強度を誇り、耐衝撃性や耐久性にも優れている。 高価なものが多い。金属加工が必要で重くなりやすく装着が面倒な場合もある。 素材によってメリット・デメリットが異なります。「どんな手触りのものが好みか」「長く使い続けたいか」など、自分が欲しいスマホケースに合わせて素材にまでこだわると、お気に入りのスマホケースを見つけることができるでしょう。 3.デザイン重視で選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースのデザインで悩む」と答えた方は38%おり、「毎日使うものだし、自分の気に入ったデザインを選びたい」「目移りしてどのデザインにしようか悩む」「オシャレに見られたい」といった口コミが目立ちました。 毎日持ち歩き人目に触れる機会も多いスマホケースは、持っている人の印象を左右するといっても良いでしょう。そのため、職場で使用する際はシンプルなデザインのもの、プライベートではポップなデザインにものといったように、スマホケースを複数用意しておくのもおすすめです。 4.機能や使いやすさで選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースの機能性で悩む」と答えた方は19%おり、「カードの入る枚数など、機能が充実しているものを選びたい」「よくスマホを落下させてしまうため、どれ程の衝撃に耐えられるかが気になる」といった口コミが目立ちました。 機能 特徴 落下防止 落下を防ぐ機能。スマホを操作中に指をかけられるスマホリングや、手首に通して落下を防ぐストラップやバンドなどがある。 カード収納 手帳型に多い機能で、ICカードなどを収納できる。磁気エラーでカードが使えなくなってしまうことがあるため、干渉エラー保護シート付きのものを選ぶと良い。 画面割れ防止 衝撃吸収性に優れており、落としても画面が割れにくい。ケースの縁が高く画面が地面に触れにくいものや、360度全面保護できる両面ケースのものなどがある。 防水・防塵 水滴や塵・埃がスマホに入らないよう防ぐ。防水や防塵のレベルは、ある程度防げるものから完全に防ぐいでくれるものまで様々なため、保護等級を示すIPコードを確認すると良い。 スマホケースを選ぶ際は、自分のライフスタイルに合う機能を搭載しているものを選ぶというのも大切です。例えば、スマホを落としてしまうことが多い人は「落下防止機能や画面割れ防止機能の付いたケース」、登山やキャンプなどアウトドアな趣味が多い人は「防水・防塵機能の付いたケース」などを選ぶと良いでしょう。 防水・防塵機能のレベルは、「IPコード」によって保護等級が表示されています。防塵等級は6段階、防水等級は8段階に分かれており、どちらも数字が大きいほど保護力も高いです。完全防水・防塵機能のものはそれなりに高価なため、自分の生活に必要な保護等級を事前にチェックしておくと良いでしょう。 5.ケースの型で選ぶ アンケート結果によると、「スマホケースの形で悩む」と答えた方は11%おり、「普段スマホを使う際に、邪魔や手間にならないものを選びたい」「どの型も一長一短あり、どれが自分に合うか分からない」といった口コミが目立ちました。…